「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

<   2007年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

第79回 アカデミー賞

アカデミー賞、決まりましたね。
a0037414_17102014.jpg
今年の司会は、日本ではほぼ無名のエレン・デジュネレス。ウーピー・ゴールドバーグ以来、史上2人目の女性司会者なのだとか。
米国では自分の名を冠したトークショーが人気で、エミー賞などの司会も務めたことがあるらしい。しかも同性愛者だとカミングアウトして世間を驚かせた人でもあるそうな(オープニングでネタにして笑いをとってましたね^^;)。

a0037414_9475918.jpg
各部門、大方の予想通りに決定しちゃったので、それほどの驚きも感慨もなかった(パフォーマンス集団による影絵は、映画の原点を見るようで楽しかった)けれど、助演男優賞をアラン・アーキン(72)が受賞したのは嬉しかったな。

子どもの頃からの馴染みの俳優さんで、若い頃は脱力系のコミカルな役が持ち味だったけど、ヘップバーン主演の『暗くなるまで待って』(1967)じゃクールな殺し屋を演じたり、アカデミー賞にもノミネートされた『愛すれど心さびしく』(1968)では泣かせる演技も披露してくれた芸達者な人。『シザーハンズ』(1990)のとぼけたお父さん役も味があったし。

a0037414_1040844.jpg
あ、それから珍品の部類に入るんだろうけど、豪米合作映画『キャプテン・ザ・ヒーロー』(1983)のアーキンもよかったな。これが、ピクサーのアニメ『Mr.インクレディブル』の原型みたいなお話なの。

主人公は、かつてはキャプテン・インビンシブルという名で活躍してたスーパーヒーローでね。そんな彼も今やオーストラリアの片田舎で飲んだくれるだけの情けない中年男になり果てているんだけど、世界の平和を脅かす大悪党(クリストファー・リー)をやっつけるために一念発起して復活するというストーリー。
ちょっぴりミュージカル仕立てになっていて、あの怪優クリストファー・リーが歌って踊るシーンまである♪
a0037414_1057865.jpg
アーキンは多才な人で、知的な香りのする童話も書いています。
うちにあるのは『レミング物語』という本。
あるレミングの子が「集団自殺」という「掟」に盲従する大人たちに疑問を抱き、自分らしさに目覚める物語。子ども向けというより大人向けかもしれません。
もう一冊『カウンセリング熊』という作品も本屋で見かけたことがあるな。

そんなアラン・アーキンの受賞作『リトル・ミス・サンシャイン』、
ぜひ観てみたいなぁ。
[PR]
by kiyotayoki | 2007-02-27 11:07 | 閑話休題

55th 東京芸大 卒展

a0037414_16291465.jpg
土曜日、第55回東京藝術大学卒業・修了作品展へ。

友人から「娘の夕奈が藝大の修士課程を卒業するから、その卒展を見に行かない?」と誘われたのです。
東京芸大のキャンパス(上野)なんて一生縁のないところだと思っていたので、貴重な体験をさせてもらったな。

特設ギャラリーは、普段は院生たちが使っているという校舎の教室。
1人の卒業生につき1つの教室があてがわれているので、個展のはしごをしていく感じ。それぞれに個性的でございました。果たしてあの中から未来の巨匠が生まれるのか。
油画科らしく床は色とりどりの絵の具の飛沫が飛び散っていて、
まるでジャクソン・ポロックの絵みたいな状態。
こういう場所に来ると、そんな床までアートに見えるのね(^^;。

a0037414_9231428.jpg
個展のはしごをしながら、ふと目についたのは各階のエレベーターホールに設置されてたゴミ箱。燃えるゴミ・燃えないゴミの他に、使い切った画材を分別して捨てるようになっておりました。芸大生は地球にやさしい?


さんざん見た後、同行した6人と陽光まぶしい学食でお茶。
コーヒー代は160円也(^^。

あ、そうだ、友人の娘・夕奈さんの絵、見てみたい、でしょ。
あいにくちゃんとしたデジカメを持って行かなかったので、過去の彼女の作品の画像を検索して取り出してみました。

夕奈さんの絵
[PR]
by kiyotayoki | 2007-02-26 09:34 | 閑話休題

『桃色(ピンク)の店』(1940 米)

a0037414_222141.jpg
原題:『THE SHOP AROUND THE CORNER』
   (97分) 
監督:エルンスト・ルビッチ
原作:ニコラス・ラズロ
脚本:サムソン・ラファエルソン
音楽:ウェルナー・リヒャルト・ハイマン
出演:ジェームズ・スチュワート
    マーガレット・サラヴァン
    フランク・モーガン

トム・ハンクス&メグ・ライアンのラブ・コメディ
ユーガットメール』の元になった映画です。
DVDのタイトルは『街角/桃色(ピンク)の店』となっていました。

これはクリスマス映画だったんですね♪
地球温暖化の影響か、うちの近所(新宿区)はまだ雪はひとかけらも降っていませんが、クリスマスにはやっぱり雪が似合いますよね。その点、この映画の雪のシーンは見事の一語に尽きます。
わた雪というのかな、肩についてもしばらくは溶けないくらいの大きさのやつが巨大スタジオに造られた街のセットいっぱいにふわふわ、ふわふわ、深々と降り続ける。
こんなこと言ったら身も蓋もないけど、撮影が終わったあと、スタジオ内の掃除は大変だったと思います(撮影中もワタを吸い込んで咳き込む人が続出したんじゃないかな^^;)。
でも、そんな努力のおかげで、素敵なホワイトクリスマスのシーンをボクらは拝めるわけです。

原作はチェコの戯曲。なので、プラハの街角にある高級雑貨店がお話の舞台(本屋じゃなかったのね・o・)。そこで販売主任をしているのが主人公のクラリック(J・スチュワート)。そこに、押しかけるようにしてクララ(M・サラヴァン)が店員として入ってくるんだけど、この2人がどうも気が合わない。
a0037414_10305070.jpg
この店に使い走りとして就職して9年目のクラリックとしては、販売で新人店員に劣るわけにはいかないというプライドがあったのかな。クララにしても負けず嫌いだから、上からものを言うクラリックにカチン!(『初頭効果』といって、第一印象が悪いと引きずるんですよね)
   ※上の画像の真ん中にいるオジサンは、
       主演の2人に演技指導しているルビッチ監督デス☆

それに2人にはそれぞれに想いを寄せる人がいた。
それが文通相手(『ユーガットメール』ではメール相手でしたね)。まだ一度も会ったことはないけれど、それだけに相手を理想化していて、その相手と比較しては「主任ときたらもう!」「彼女と比べたらクララは・・・」と互いにこき下ろしていたのでした。
a0037414_1138386.jpg
そんな2人が文通相手と初めて会う日がやってきます。まさか文通の相手が※※※とも知らずに。
待ち合わせの場所は、街のカフェレストラン。
ここんところのエピソードはリメイク作とそっくり♪
っていうか、『ユーガット~』のほうがマネっこしたんでしょうけどね(^^。
ただひとつ違うのは、クラリックがクリスマスを前にして失業の憂き目にあっていて、失意の中にあったということ。それだけにクララのキツ~い一言がグサっとくるんですね(このくだりはリメイクより説得力があったかも)。

互いの住所もわからないという設定なので文通は郵便局の私書箱を使っているなど、現代から見るとちょっと違和感を覚える箇所もありましたが、愛すべき小品という感じの映画ではありましたよ♪
そうそう、当時はO脚の男は女性にモテなかったそうな。
O脚の男性のみなさん、現代に生まれてよかったですね(^ム^ヾ。
[PR]
by kiyotayoki | 2007-02-25 11:51 | 映画(ま行)

『MEETS THE BEATLES』

a0037414_916448.jpg
今日のBGM。
サントラ盤はちょっと飽きたので・・・
ジョン・ピザレリの『MEET THE BEATLES』。

ジャズ・ギタリストにしてヴォーカリストでもあるピザレリがビートルズナンバーを、軽快に、ジャジーに歌い、演奏している楽しいアルバム。
ピザレリの小粋なヴォーカル、そして7弦ギターの響きもいいけど、ピアノも軽やかでいい感じ。

ビートルズのカヴァーでジャズにアレンジしたものってよくあるけど、これは聴いていてすごく心地いい。
ウォーミーでスウィンギーなピザレリの歌声は力みがないから、仕事の邪魔にもならない。BGMにもぴったりです♪

試聴はこちらでできますよ♪
[PR]
by kiyotayoki | 2007-02-24 09:24 | 閑話休題

『シャイン』(1995 豪)

a0037414_9594381.jpg

今日のBGM。
映画『シャイン』のサントラ盤。

原題:『SHINE』(105分)
監督:スコット・ヒックス
脚本:ジャン・サーディ
音楽:デヴィッド・ハーシュフェルダー
出演:ジェフリー・ラッシュ
    ノア・テイラー

実在のピアニスト、
デヴィッド・ヘルフゴットの
数奇な半生を描いたお話。

ジェフリー・ラッシュという俳優さんの存在を初めて知った作品。
それもそのはず、キャリアを調べたら、
これが映画初出演だったんですね。
舞台出身らしく、時代劇・歴史活劇が似合う人ですね。


ボクもこんな青い空に向かって
ぴょんぴょん飛び跳ねたい☆
[PR]
by kiyotayoki | 2007-02-23 10:18 | 映画(さ行)

『ピアノ・レッスン』(1993 豪)

仕事中のBGMとして、最近はピアノの曲をよく聴いているんですが、映画のサントラ盤の中にも印象的なものがいくつもあります。

たとえば、この『ピアノ・レッスン』。
ジェーン・カンピオン監督の出世作です。

a0037414_1659496.jpg
原題:『THE PIANO』(121分)
監督・脚本:ジェーン・カンピオン
音楽:マイケル・ナイマン
出演:ホリー・ハンター
    ハーヴェイ・カイテル
    サム・ニール
    アンナ・パキン

19世紀の半ば、スコットランドから未開のニュージーランドへ写真結婚で嫁いだエイダ(H・ハンター)という女性の物語。
エイダは6歳の時から口がきけず、ピアノが彼女の言葉でした。だから、輿入れに持ってきたのは愛用のピアノ。その大切なピアノを、夫のスチュアート(S・ニール)は重すぎるという理由で浜辺に置き去りにしてしまったのです。
ピアノはその後、原住民に同化している男ベインズ(H・カイテル)の手に。
ピアノは、エイダにとっては“自分の声の代わり”であり“自分の分身”。
エイダはなんとかそを取り戻そうとしますが、ベインズが出した条件は“自分にピアノを教えてくれれば、レッスン1回ごとに鍵盤を一つずつ返す”というものでした。
しぶしぶそれに応じたエイダでしたが・・・。

ベインズとピアノを通して交わっていくうちに、エイダの心の垣根が一枚一枚剥がれていくさまが作曲家マイケル・ナイマンが紡ぎ出したピアノの調べとともに表現されていくところが、この映画の見どころ聴きどころ。
映画ではホリー・ハンター自身がピアノを弾いていたそうですが、サントラ盤のほうの奏者はナイマンその人。
どちらがいいかは、難しいところ。
ぜひあなたにも映画とサントラを聴き比べていただきたいな。

a0037414_1231236.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2007-02-22 12:34 | 映画(は行)

ピアノマン

ピアノマンって、なんか孤高の人っぽくてカッコいい。

以前、アルプスの氷河の中から見つかったミイラはアイスマンと呼ばれていましたね。あれは孤高というより孤独って感じだったけど。

ポップス界で、いまピアノマンっていうとダニエル・パウターかな?
ボクの若い頃はピアノマンといえば、エルトン・ジョンかビリー・ジョエルあたりだったような。
ビリー・ジョエルは『ピアノマン』って曲を出していたので、特に印象に残っています。
a0037414_12202742.jpg
で、久しぶりに聴いてみたら、出だしのピアノの旋律が軽やかでいいの。
いかにもピアノバーで肩慣らししてるって感じ。
そこにビリー自身の吹くハモニカが入ってきて、ヴォーカルへと続いてく。

こんなに自在にピアノが弾けて歌えたら気持ちいいだろうな。

歌詞には、ビリー自身の下積み時代の思い出が織り込まれているそうな。

And the piano, it sounds like a carnival
And the microphone smells like a beer
And they sit at the bar and put bread in my jar
And say, "Man, what are you doin' here."

そしてピアノは カーニバルのような音を奏でる
マイクロフォンが やけにビール臭い
酔客がカウンターに座り 俺の広口瓶にチップを入れて
言う 「おい お前 ここで何してんの」

Oh, la la la, de de da
La la, de de da da dum

Sing us a song, you're the piano man
Sing us a song tonight
Well, we're all in the mood for a melody
And you've got us feelin' alright

俺たちに歌ってくれよ 君はピアノ弾きなんだろ
俺たちに歌ってくれよ 今夜
俺たちみんな心地いい曲を 聞きたい気分なんだ
君なら俺たちを気持ち良く酔わせてくれる
[PR]
by kiyotayoki | 2007-02-21 17:12 | 閑話休題

国立新美術館

ちょっと気晴らしに、東京・六本木にできた国立新美術館
『ポンピドー・センター所蔵作品展《異邦人たちのパリ1900-2005》』
を見に行ってまいりました。

a0037414_948455.jpg
最寄りの駅は千代田線の乃木坂駅。
6番出口が直接美術館につながってるのは便利だったけど、天気が良かったので帰りは青山墓地でも散歩しながら・・・と思ったら、外へ出るには一旦地下の通路に降りて別の5番出口から出るしか方法がないと知ってガックリ。

a0037414_9552367.jpg
お昼近くだったので、まずは噂のブラッスリー・ポール・ボキューズ・ミュゼへ。
最近この美術館へ行かれたというephaさんから情報を仕入れていたので覚悟はできていましたが、店の前は噂に違わぬ大行列!
このレストラン、夜7時半までは予約を受けないのです。だから、ランチ時は連日この状態らしい。見てすぐ諦めましたが、最後尾の人は果たして何時間待つことになるのやら・・・(こういう事には日本人はホントに従順で忍耐強いデス)。

a0037414_13271956.jpg
『異邦人たちのパリ展』は、芸術の街パリに集い、そこで持てる才能を開花させた異邦人アーチストの作品を集めたもの。ピカソ(スペイン人)あり、モジリアーニ(イタリア人)あり、藤田嗣治(日本人)あり・・・中でその日の自分の気持ちとシンクロしたのはジュール・パスキン(ブルガリア人)の絵だったかな。繊細で柔らかな筆致が心地よかったっていうか。
音楽もそうだけど、その日の気分で変わりますね、好みが。

いただけなかったのは、入り口のコーナーが暗かったこと。照明で展示の写真が傷むのを防ぐためだったようなんだけど、ただでさえ暗いモノクロ写真なので見づらいのなんの(こちらの視力の問題もあるんだけどね^^;)。照明の工夫ができないのなら、せめて入り口ではなく別の場所に展示してほしかったな。映画もそうだけど、イントロが暗いと、その印象をずっと引きずっちゃうから。

帰りは、前述したように一旦地下に潜ってから地上へ。
外苑東通りから青山通りへ出て表参道までテクテク、テクテク。
ちょっと歩き過ぎたかな(^ふ^;。

a0037414_222141.jpg

そうそう、帰りにビックカメラで
『ユーガットメール』のオリジナル作『桃色(ピンク)の店』をゲットしてきました♪
観るのが楽しみ♪
[PR]
by kiyotayoki | 2007-02-19 22:24 | 閑話休題

東京マラソン2007

a0037414_1231441.jpg
あいにくの雨になってしまった『東京マラソン2007』。
スタート時の気温は5度位だったといいますから、凍えたでしょうね、ランナー達。
日本では初の試みの大規模シティマラソン。
参加した市民ランナーは約3万人。
トップランナーたちはもうとっくにゴールしてしまいましたが、市民ランナーはまだ走ったり歩いたりしてるんでしょうね。
a0037414_137747.jpg
いつもの東京マラソンと違って、東京の名所を巡るコースなので、観光気分で見られて楽しかったな。この日、都内で仕事や用事のある人にとっては大迷惑だったかもしれませんけどね。

こういうのを見ると、6年前に走ったNYシティマラソンを思い出してしまいます。一生に一度、最初で最後のフルマラソンだっただけに、6年経っても昨日のことのように思い出しちゃう。
なのでブログにもつい書いてしまうんだけど、裏を返せば、それくらいあまり特筆することのない人生を歩んできたということかしらん(^^;。
それまでスポーツとは無縁だったボクがフルマラソンなんぞに参加したのは、友人カップルに誘われたから。2人はマラソンが趣味だったのです。おかげで“夏合宿”なるものにも無理矢理参加させられ、へばりながらもなんとか5キロ完走(彼らは平気で20キロ位走っておりました)。

でも、思い切って参加して良かったですよ。
いろんな経験できたから。
中でも、一番の思い出は・・・、
a0037414_14301114.jpg
そうそうクイーンズボロ橋からの立ちションかな(^^;。
クイーンズボロ橋というのは、クイーンズ地区からマンハッタン島に渡る橋のこと。
ロケーションがいいので映画にもよく登場します(たとえば『陰謀のセオリー』でメル・ギブソン扮する主人公が追っ手を振りきるために車を乗り換えたがこの橋)。造られてから100年ぐらい経つ古くて重厚な鉄の橋です。
すでに25㎞以上走ったり歩いたりしていたので、シューズを脱いだら右の親指の爪がもう赤黒く変色しておりました。練習はもっぱらスポーツクラブのランニングマシーンだったので、屋外の固い道に慣れてなかったんですね。
なので、鉄橋にもたれてひと休みしたんですが、ふと見ると、ランナーが何人も欄干から立ちションしてるじゃありませんか(中にはしゃがんだ女性ランナーの姿も!)。それを見てたら自分でももよおしてきちゃって。

遠くに国連ビルを眺めながらの立ちションは気分良かったですよ~♪

今やってる東京マラソンでも、外国からの参加者はたぶんやってると思います、立ちション、あちこちで(一番の立ちションポイントはどこだろ)。だって仮設トイルは並ぶので面倒だし時間くっちゃうから。

ラスト近くのセントラルパークで、沿道から白人女性が大声で、
「勝者はトップになった選手だけじゃない。あなた達みんなが勝利者なのよ!」って叫んでいたのにも感動したものです(あとで聞いたら、その人は毎年そこで同じ台詞を叫んでる名物おばさんだったらしいけど)。
フィニッシュタイムは5時間52分(映画3本分だぁ^^;)。
a0037414_14452692.jpg

コースを見比べると、東京のほうがシーニックポイントがたくさんあって充実してますね。NYは30㎞近くまではマンハッタン島の外だし中心街は走れないし。
さて、東京マラソンもスタートからすでに5時間以上。
だけどまだ走ったり歩いたりしてる人が5千人位はいるんじゃないかな。
ゴールまであともうひと踏ん張りですよ~♪

ちなみに・・・
[PR]
by kiyotayoki | 2007-02-18 14:34 | 閑話休題

『ユーガットメール』(1998 米)

本屋さんをぶらついていたら、『スターバックス大解剖
というムック本が目に止まりました。
パラパラとめくってみたところ・・・
スターバックスが初めて日本に進出したのは10年と半年前の1996年夏だったんですね(ってことは年に1回行くか行かないかぐらいだな^^;)。
もうひとつお勉強になったのは、スタバの店員さんの呼称である“バリスタ”は伊語で、「バール(bar)」で「サービスする人(ista)」。これには“エスプレッソをいれる人”という意味もあるんだって。世の中知らないことだらけだなぁ。

と、そんな記事を読んでいたら、ある映画を思い出しました。
それが『ユーガットメール』(1998)。
映画の中にスタバが登場するんです。わざわざ出てくるってことは、当時はNYでもまだ目新しかったってことかな?
で、帰ってきてTVをつけたら、なんと『ユーガットメール』をやってるじゃありませんか♪
「これはセレンディピティ(幸せな偶然)に違いない!」
と、仕事もせずについつい最後まで観てしまいました(吹き替え版)。
a0037414_23243348.jpg
原題:『YOU’VE GOT MAIL』(119分)
監督:ノーラ・エフロン
脚本:ノーラ・エフロン
    デリア・エフロン
音楽:ジョージ・フェントン
出演:トム・ハンクス
    メグ・ライアン
    グレッグ・キニア

映画館で観た当時は、「2人共フケたなぁ」と思ったもんですが、久しぶりに観てみたら「あれ、2人ともまだ若いじゃん」。
当然ですね、あれから8年も経ってるんですから。
NYのアッパーウエストサイドで小さな絵本屋さんを営むキャスリーン(M・ライアン)が、このところ楽しみにしてること、それがインターネットで知り合ったメル友とのチャット。
一応、一緒に暮らしている恋人(G・キニア)がいるんだけど、会話はかみ合わないし、なんだか惰性で暮らしている感じ。それより、親身になっていろんな悩みに応えてくれるメル友(ハンドルネーム:NY152)のほうにシンパシーを感じるキャスリーンなのでした。
そんな彼女の目下の悩みは、店の近所に本の大型ディスカウントショップ『FOX』がオープンすること。この大型書店の出店で廃業に追いやられた店が何軒もあったからです。
でも、まさかその『FOX』の代表者が、密かに想いを寄せているNY152だとは知る由もありません。それはNY152と名乗っていたジョー(T・ハンクス)とて同じこと。
そんな2人が出会っちゃったことから、このちぐはぐな恋はスタートすることになるんですね。

この映画、実はリメイクなんですよね。
オリジナルは、『桃色(ピンク)の店』(1940)。
コメディ映画の名匠エルンスト・ルビッチ監督作品で、主演はジェームズ・スチュワートとマーガレット・サラヴァン。すごく評判のいい映画なのに残念ながら未見。500円DVDのラインナップにあるので探しているんですが、まだ入手できていません。早く観たいなぁ。
この映画の原題が『THE SHOP AROUND THE CORNER』。で、これがメグのやってる絵本屋の店名になってる(オリジナルもそうなのかしらん)。

a0037414_13411100.jpg

《印象に残った台詞》
「人は、ストレスや心配事があると、あとで後悔することを口走る」(byジョー)


オープニングの「puppy song」と恋の結末にかかる「over the rainbow」を歌っているのは、「without you」でお馴染みのニルソン。
そして、エンディングテーマ「anyone at all」を歌っていたのはお久しぶりのキャロル・キングでした。
[PR]
by kiyotayoki | 2007-02-17 13:07 | 映画(や行)