「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

<   2007年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

時の経つのが年々速くなるわけ

a0037414_19175739.jpg
子どもの頃と比べると、時間が矢のように速く過ぎ去る・・・
これ、大多数の人の実感だと思います。
1日なんてあっという間、1年だってあれよあれよという間に過ぎてしまう。
子どもの頃は、あんなに1日って長かったのに・・・。

けれど、冷静に考えてみると、子どもの頃も今も時の刻みは一定です。
地球の自転が速くなったわけでもない。
ということは、「年をとればとるほど時の経つのが速く感じる」のは、大いなる思い込みということになります。
でも、なぜ、そう感じてしまうのか・・・

心理学的に考えると、どうやら僕たちの中に出来上がるスキーマがクセ者のようです。
スキーマというのは、人が生きていくうえで得た知識や経験などの集合体のこと。
僕たちは、物事をスキーマを通して見たり判断してる。
たとえば、新しい携帯電話に替えてもなんとか使いこなせるのは、過去の経験から「携帯とはこういうもの」ってスキーマが出来上がっているから。
物事を一から考え直す必要がない、とても便利な機能です。
経験を積めば積むほど、年をとればとるほど、僕たちはスキーマで物事を解釈し行動するようになる。それほど考えることなく無意識にこなしてしまう。いつの間にかやっちゃってる。だから、その間の時間を短く感じてしまう。

初めて行く場所って、行きは地図を確かめたり、人に聞いたりしながらたどり着くので、とても時間がかかった気がするけど、帰りは“行き”ほど時間がかからない気がするでしょ。
それは、“行き”で、あなたの中にルートのスキーマが出来上がったから。 
だから、実際にかかる時間はそれほど変わらないのに、帰りは時間を短く感じちゃう。
つまり、経験すればするほど、年をとればとるほど、人はスキーマで行動するようになるので、時間を短く感じるようになるというわけ。
すべからく経験済みの、同じことの繰り返しの毎日じゃ、一日を短く感じて当然ってこと。

大人からすれば、子どもたちの経験は知れたもの。やることなすこと経験していないことばかり。スキーマができていないから、どんなことをするにも時間がその時間どおりにかかる。だから、1日がたっぷりあるように感じるんでしょうね。

ってことは、大人になったボクたちが子どもの頃に味わった“たっぷりな1日”を取り戻すためには、「自分のスキーマにない新しい経験をする」必要があるってこと。
好奇心を忘れず、今までにない方法で新しいことをする。
たとえば、行ったことのない土地へ、試したことのない方法で旅をする。
そうすれば、子どもの頃に味わった濃密な時間がそのときだけは取り戻せるってことかな。

これがなかなか難しいんだけど・・・(^~^;

a0037414_9193925.jpg


ヒットシリーズ『24』の1日がと~っても長く感じる(^^;のは、
スキーマにないことだらけの事件にジャック・バウアーが遭遇しちゃうせい
・・・ってことかな(^~^。
[PR]
by kiyotayoki | 2007-06-29 09:19 | 閑話休題

笑えるtattoo ・・・だけど


a0037414_9424484.jpg

生え際がもっと後退したら
笑うに笑えなくなっちゃうけど
どうすんだろ

柱のキズみたいに
昔はここまであったんだゾって
負け惜しみを言って笑いにもってくのかな、強引に(^~^;
[PR]
by kiyotayoki | 2007-06-27 09:57 | 閑話休題

TVドラマ『エリザベス1世 前編』(2005 英)

a0037414_953854.jpg
昨夜、BS-2でやっていた海外TVドラマ。

愛と陰謀に揺れたエリザベス1世の半生を、王宮を舞台に重厚に描いた作品で、主演は映画『クィーン』(2006)でエリザベス女王を演じたヘレン・ミレン
ご贔屓の女優さんですが、新旧ふたりのエリザベスを演じていたとは知りませんでした。

いきなり女王が処女であることを御殿医が確かめるシーンから始まるところなんか、視聴者の興味をそそるには満点の演出(^~^。

16世紀後半というと日本は戦国時代だけど、当時のヨーロッパも似たような状況だったんですね。スペインが最大強国で、エリザベス1世が統治するイングランドはその脅威に怯えてた。
で、女王の取り巻きは国の安泰をはかるため、フランスの次期国王と目されている王子との結婚を猛プッシュ。
a0037414_184929.jpg
それにひとり反対するのが、ジェレミー・アイアンズ扮するレスター伯。エリザベスが唯一心を許す友人であり愛人。少々お年をめしたとはいえ、ノーブルでスマートな役をやらせたらこの人の右に出る人はいないかも。
物語(前編)はこの2人を中心に進んでいきますが、後編はレスター伯の息子との愛が描かれていくようです。
歴史劇としても、大人の恋愛劇としても楽しめる作品に仕上がっているので、今夜の後編が楽しみ♪


a0037414_11593847.jpg

今週は、その後、これまたご贔屓のTVシリーズ『第一容疑者』(前・後編)のスペシャル版(6作目)もあるようなので、BS-2はまさにヘレン・ミレンウィーク。
見逃さないようにしなくっちゃ。
[PR]
by kiyotayoki | 2007-06-26 10:27 | 映画(あ行)

ニュートンの予言


「早ければ2060年に世界の終末が来る」とニュートンが予言

これ、2、3日前の新聞に載っていた記事の見出し。
記事の内容は以下の通り。

a0037414_10205920.jpg
AP通信によると、英国の数学・物理学者のアイザック・ニュートン(1642~1727年)が旧約聖書を解読した上でこう予言、文書に記していたことが分かった。
文書は1700年代初頭に書かれ、1936年にロンドンのオークションでユダヤ人学者が落札。69年以降はエルサレムにあるヘブライ大図書館が保管し、18日から公開されている。
ニュートンは、旧約聖書のダニエル書の暗号めいた表現から「2060年」を割り出し「その後に世界の終わりが来るかもしれないが、それ以前に終わる理由は見いだせない」などとしている。


a0037414_10444060.jpg
まあ、予言のたぐいはハズれるためになされるようなところがあるから、「へぇ、また新手のヤツが出てきたのね」って感じではあったけど、予言者の名前が意外でしたね。
だって、リンゴが木から落ちるのを見て万有引力の法則を発見したっていうアイザック・ニュートンですもん(肖像画はちょっとルトガー・ハウアー似)。

というわけで、ニュートンについて改めて調べてみたら、これまた意外なことがいっぱい!
まず、天才イコール短命っていうイメージがあったけど、84歳という当時としちゃかなりの長生きさんだったんだね(葬儀は国葬!)。
早熟の天才で、23歳ぐらいの時に「万有引力」も「微分積分」も「光と色の研究」ももう考え出していたってことぐらいは知ってたけど、56歳で造幣局の長官になってたなんて恥ずかしながら初耳でした。

予言を文書にしたためたのは、どうやらこの造幣局の長官時代だった模様。
生活が安定したのをいいことに、聖書と錬金術の研究に没頭していたらしい(^^;。
ニュートンはもちろんキリスト教の信者だったけど、さすが科学者でイエスと神を同一視することには疑問を感じていたらしくて、イエスを普通の人間とするユニテリアンや古代キリスト教の異端アリウス派の信仰者だったんだとか。
そんなニュートンだから、予言の書を科学的に読み取って、終末年を特定してみようと試みたんでしょうね。
2060年かぁ・・・、自分の目じゃ世界の終末は確かめられそうにないなぁ。

さてさて意外な展開を見せるニュートンさんの人生だけど、58歳の時には国会議員にまでなってる(!)。
だけど、政治には無頓着で、議会での唯一の発言は、
「議長、窓を閉めてください」だったとさ(^~^;。
ドクター中松さん、万が一参議院議員になったら、科学者の先輩の轍は踏まないようになさってくださいましね。

そして62歳にして、めでたくナイトの称号を授与されたニュートンさんでしたが、幼少期は身体が小さくて祖母に育てられていた(父死別、母再婚)こともあって、いじめられっ子だったそうな。
そんなアイザック少年の才能が開花したのは、一念発起していじめっ子をやっつけてから。それが自信になって天賦の才が一気に花開いたみたいですね。
やっぱり自信を持つ、持たせることって大切なことなんだな(^~^。

a0037414_14494146.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2007-06-24 14:13 | 閑話休題

『フラガール』(2006 日)

a0037414_873357.jpg
(120分)
監督:李相日
脚本:李相日、羽原大介
音楽:ジェイク・シマブクロ
出演:松雪泰子
    豊川悦司
    蒼井 優
    山崎静代
    富司純子

先日夕張に行ってきたばかりなので、興味深く観ました。
映画の舞台となっているのは1965(昭和40)年の福島・常磐炭坑。
もうこの頃には、炭坑は斜陽産業だったんだなぁ。
映画の中にも人員削減のあおりを食った家族が、働き口を求めて北海道の夕張炭坑へ引っ越していくというエピソードが出てきます。
常磐炭坑が閉山したのは、11年後の1976年。そして、夕張炭坑の閉山はそのまた14年後の1990年だったそうな。
炭坑から炭坑へ、流浪の人生を送った人々が大勢いたということですね。。。

炭坑だけに頼っていたら未来は真っ暗。なんとかしなきゃ。
というので出てきたアイディアが炭坑掘削で出る温泉を使った温泉レジャー施設『常磐ハワイアンセンター』開発構想。
なんでも石炭1トン掘るためには40トンの温泉をくみ出さなきゃいけなかったんだとか。出てくる温泉は悩みのタネだったんですね。そのマイナスをプラスに変えようというのがこの構想。しかし、ただの温泉レジャー施設じゃなく、寒村にハワイを出現させちゃうという発想は、当時としちゃあ、かなり大胆だったんじゃないかな(炭坑を運営する企業にもそれを造る余裕がまだあったってことなのかしらん)。
a0037414_11233977.jpg
センターの目玉は巨大温室の中に造られるハワイもどきの風景とフラダンスショー。そのために集められたのが炭坑労働者の娘たちでした。
だけど、裸に小さな布や腰蓑を巻いた格好で腰を振り振り踊る映像を見せられた娘たちは、恐れをなして逃げ出してしまう。残ったのは2人の女子高生と子持ちの主婦と、遅れて父親に連れられてやってきた大柄な娘の4人だけ。その大柄で鈍くさい娘が、ウワサのシズちゃんだったんですね。評判が良すぎて心配だったけど、案外出番が少なかった分、アラが目立たなくてホッ。

それより心配だったのが、豊川悦司と富司純子のお二人。
豊川悦司は、途中で観るのをやめた『日本沈没』の演技がやたら臭かったし、映画やTVに出過ぎていて食傷気味だったから。しかも、炭坑夫役が似合うかなぁと心配だったし。
富司純子も炭坑で働く主婦には見えそうにないし。
でも、それは杞憂でした。案外、豊悦、よかった。
富司純子も、思ったより控えめだったこともあって、抑えた演技で彼女なりに頑張っていました(足が年寄りっぽくO脚になっていたのもリアリティがあったし^^)。
それはそうと、二人は親子の役だったのね。蒼井優の演じる女子高生・紀美子のお母さん役が富司純子だから、豊悦は母親の年下の再婚相手あたりかなと思ってた(^^;。豊悦と蒼井優は年のものすごく離れた兄妹だったのでした(^^;
それに、ダンスの先生役の松雪泰子も思いのほかイイ感じでした。ブリっ子声じゃなく野太い声だったのが良かった。

・・・と、案外というか、総じて個人的な評価が良かったのは、「昭和40年」の「炭坑」を舞台にした「汗と涙の特訓モノ」というので、もっと湿っぽくて重た~い、ひと昔前の松竹映画みたいな作品かと思っていたから(その手の日本映画は苦手なので^^;)。
観てみたら、わりと軽い作りで、日本映画ならではの長ったらしいお涙頂戴シーンもない。あっさりしてる。この軽みは、この監督の持ち味なんだろうな。

映画の華は、やっぱり蒼井優ちゃんが披露してくれた見事なフラダンス。
ひとりで練習してるシーンなんて、バレエの要素も入っていた感じ。

団子っ鼻が愛らしく見えるのはこの子ぐらいかも♪

a0037414_21202551.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2007-06-22 18:53 | 映画(は行)

脳内メーカー

けいこさんちで紹介されていた
脳内メーカー、やってみました。


HNのkiyotayokiを入力してみたら・・・
a0037414_92268.gif


「友」の字だらけ(^^;

よっぽど友達に飢えてるのかな。

孤独なのかなぁ。
だからブログなんかやってるのかしらん(^~^;。

試しに漢字でやってみたら・・・
[PR]
by kiyotayoki | 2007-06-20 09:37 | 閑話休題

『スティング』(1973 米)

a0037414_22113855.jpg
原題:『THE STING』(129分)
監督:ジョージ・ロイ・ヒル
脚本:デヴィッド・S・ウォード
音楽:マーヴィン・ハムリッシュ
出演:ロバート・レッドフォード
    ポール・ニューマン
    ロバート・ショウ

夕方のニュースを見ていて、苦笑してしまいました。

その時のニュースの主役は、元公安調査庁長官だった緒方重威(しげたけ)氏。
一連の朝鮮総連事件の弁明をしている時のこと。
氏のカバンの中から携帯電話の着信音が・・・。
その着メロが、な、なんとこの映画のテーマ曲だったのです。
a0037414_23375042.jpg
『スティング』といえば、ニューマンとレッドフォード扮するサギ師たちがニューヨークの大物ギャング(R・ショウ)を奇想天外なペテンにかける痛快なお話。

そんな映画のテーマ曲を着メロにしてるとは緒方さんったら、映画通にしてかなりの皮肉屋さん?自分のことを大義に生きる大ペテン師とでも任じているんでしょうか。

・・・と思ったら、記者に映画の内容を聞いた緒方さん、
「えっ、そうなの?じゃ、替えなきゃね(汗)」だって。

とんだ大ボケ野郎さんだったのでした(^~^;。

意味不明の弁明といい、このエピソードといい、
緒方さんもペテンにかけられた側なんでしょうかね。

とすると、虚々実々のペテンにかけて、いろんな人を国を翻弄したのは・・・・
でもって、陰でほくそ笑んでいるのは・・・・

a0037414_23425833.jpg

            「やっぱり・・・」          「・・・かねぇ」
[PR]
by kiyotayoki | 2007-06-18 23:45 | 映画(さ行)

1年分の日光浴

いやぁ、たっぷり日光浴をしてまいりました。
こんなに陽を浴びたのは4年ぶりじゃないだろ~か。

しかも、3時間半ほどずっと左から陽を浴び続けていたので、帰ってから鏡を見てみて「うわっ」。
おでこと、頬と、鼻の左半分真っ赤
袖から出ていた両腕も真っ赤
左の手首なんて腕時計の跡がくっきり(^^;
a0037414_179473.jpg
そんなになっちゃったのは、今日、友人に誘われて大学野球選手権の決勝戦を見に行ったから。
「始発で神宮球場へ行ってkiyotaの分もバックネット裏の席をとるから」と言われちゃ、NOとは言えません。

決勝戦は早大対東海大。
友人の予想が当たって、早大の先発はハンカチ王子こと斉藤投手。
もちろん場内は大盛り上がり。

a0037414_1719056.jpg

さすがバックネット裏。
こんな写真が撮れちゃう♪
審判のオレンジ色の上っ張り、目立ちすぎだよ~♪
・・・な~んて喜んでたのは最初のうちだけでございました。

連投の斉藤投手は、時々打たれながらも要所要所は締めて相手に点をやらない。その間に、味方は早実の先輩がホームランを打ったりして、着実に加点。
結局、6回2アウトまで投げて自責点は1。
後を引き継いだ松下投手が東海打線を抑えて、4対1で早大が33年ぶりに優勝杯を手にしました。
めでたしめでたし・・・と言いたいところだけど、楽しく観戦できたのは5回ぐらいまでだったかな。
6回ぐらいになると、じりじりと照りつける太陽に焼かれた肌がいよいよ悲鳴をあげ始め、「斉藤をベンチに引っ込めるんなら、僕も引っ込めてくれないかなぁ、監督ぅ」って哀願したくなるほどでございました(^^;。
普段、穴蔵生活をしていて太陽とは縁のない生活をしているので、やっぱり肌がひ弱になってるんでしょうね。
a0037414_18221330.jpg
そんなひ弱なわたくしめとは対照的に陽を浴びて活き活きと仕事をしてる方がそばにいらっしゃった。
顔は見事に日焼けして真っ黒っていうか、赤銅色に輝いてる。
その正体は、中継していたNHKのカメラマン。
太陽の熱から守るためにカメラには「よしず」みたいなものを巻き付けているけど、本人は無防備。陽は浴び放題。さすがプロだなと感心いたしました。
a0037414_18422980.jpg


こちらは、たくさんのカメラマンに囲まれて、勝利インタビューを受ける斉藤投手。


a0037414_1844162.jpg


でもってこちらは斉藤投手がいなくなってからの、勝利を決定づけるホームランを打った4年生打者へのインタビュー風景。
斉藤投手と共にカメラマンたちもサーッと移動しちゃったので、周りは閑散・・・。

スター選手とはいえ、扱いが露骨すぎないかなぁ。
しかも、斉藤投手は大会の最優秀選手賞までもらっちゃった。
大学に入って2ヶ月の男の子が、こんなにまとめて栄光を手にしちゃって、このあと大丈夫なんだろうかって心配になったのはボクだけじゃないはずです(^~^;。

a0037414_1943593.jpg

                 梅雨入り・・・したんじゃなかったっけか?
[PR]
by kiyotayoki | 2007-06-17 19:07 | 閑話休題

ロングシュート!

a0037414_9354161.jpg


NBA決勝、今年はスパーズが4連勝で
あっさり優勝しちゃいましたね。

この季節になると、バスケ好きだった友人を思い出します。
とっても友達思いの人でした。

いい人はなぜか早く天に召されちゃうんだよな・・・。
[PR]
by kiyotayoki | 2007-06-16 09:50 | 閑話休題

『月の輝く夜に』(1987 米)

a0037414_3405938.jpg
原題:『MOONSTRUCK』(102分)
監督:ノーマン・ジュイソン
脚本:ジョン・パトリック・シャンレー
音楽:ディック・ハイマン
出演:シェール
    ニコラス・ケイジ
    オリンピア・デュカキス
    ヴィンセント・ガーディニア
    ダニー・アイエロ

久しぶりに観ましたが、オープニングとエンディングにかかる曲『That's Amore』の甘くてちょっと気だるい歌声・・・、ああ懐かしや、ディーン・マーティンではないですか♪

ディーン・マーティンというと思い出すのは、子どもの頃、NHKでやっていた『ディーン・マーティン・ショー』。
ウィスキーのオンザロックを片手に「エブリバティ、ラヴ、サムバティ、サムタ~ィム♪」って歌い出すタキシード姿のディーン・マーティン。いかにも「オトナ」って感じでかっこよかったなぁ。ショーも、彼の人柄が表れていて、陽気で笑いがあふれていて子どもが見ても楽しかったし。
a0037414_4425949.jpg
ディーン・マーテイン(写真、左)というと、シナトラ一家の一員としても有名ですね。御大のシナトラを別格とすれば、歌のうまさは断然サミー・ディヴィスだったけど、ルックスや雰囲気は彼が一番好みだったかも。
ほんとに、陽気なイタリアンって感じの人でした。
今もし40代で、日本でタレント活動していたら、ジローラモさんみたいにあちこちで引っぱりだこになってるんじゃないかな(^~^。

・・・なんて話はさておき、この映画に登場するのもディーン・マーティンに負けず劣らず、人生を楽しむことにかけてはどん欲な、N.Y.はブルックリン在住のイタリアンたち。
a0037414_6564032.jpg
主人公は、30歳で夫と死別した後、葬儀社の経理をしながら両親と実家で暮らしている37歳のロレッタ。演じるのは、思わず“姐さん”と呼びたくなるよな風格のあるシェール。
ある夜、ロレッタは死んだ夫の友人だった中年男のジョニー(D・アイエロ)からイタリアンレストランで求婚されます。
このレストラン、GRAND TICINOという店で、ワシントンスクエアのそばに実際にあるみたいですね。

「ひざまづいて求婚してくれたら」という条件付きでそれをOKしたロレッタ、式の手配から何から何まで私がやっておくから心配しないでと、慌ただしくジョニーを空港からシシリー島へ送り出します。実はジョニー、かなりのマザコンで、危篤の母を心配して緊急帰国することになっていたのです。
ロレッタにしたって、プロポーズの直後からもうジョニーの手綱をしっかり握ってて母親然としちゃってる。イタリアの男ってマザコンが多いという話は聞いていたけど、男がマザコンになるのはイタリア女性の母性が強いからでもあるんだな、きっと(^~^;。

自宅に戻ってからの母親(O・デュカキス)との会話もふるってる。
「あんた、ジョニーを愛してるの?」
いいえ。・・・優しいところは好きだけど」
ならいい。愛していたら振り回されるだけだから」
お、お母さんったら、これを真顔で言うの。
娘もそれを真顔で聞き、納得してる(^^;。
だけど、この言葉は母親の実体験から生まれた言葉だってことが、後でわかります。彼女は愛して結婚したばかりに夫の浮気に心を痛めていたから・・・。

お話は、そのまますんなり結婚へ・・・・と行くはずはない。
ここでロレッタは思わぬ出逢いをする。それがジョニーの弟のロニーでした。
「5年間、絶交状態になってるロニーに式に出るよう伝えてくれ」とジョニーに頼まれていたのです。ここでもロレッタは母性を発揮、何くれとなくロニーの世話を焼くうちに・・・
あららぁッッッ、2人は激情にかられて、速攻でベッドインしちゃった(〃^∇^〃。
さすがイタリアン♪ ロレッタは本気で愛しちゃったのです、婚約者の弟を。
その弟ロニーを演じるのは、ニコラス・ケイジ。まだ27、8だから青二才風で、ひょろっとしてるし、白目の部分に透明感があって、いかにも若い感じ(歳をとると、白目の部分がにごってくるんだな、これが^^;)。
a0037414_1340034.jpg
これは、リンカーンセンターにオペラを観劇に行った時のツーショット。
2人とも初対面の時とは180度違うパリッとした身なりだったので、きっと二度惚れしたと思います、お互いに。
人って、初対面の時とまるで違う相手の一面、しかもいい一面を見ると「新近効果」が働いて、相手により好感を持つからです。

確かに、タキシードを着たニコジーはかっこいいし、見違えるように変身したシェールもきれい。だけど、もし現実に恋人がこんな格好で現れたら、たじろぐだろうなぁ。日本人にはスゴすぎるもの、このヘアーやメイク(^~^;。

それはそれ、改めて見てみて、またこの映画が好きになりました♪
[PR]
by kiyotayoki | 2007-06-15 13:53 | 映画(た行)