映画の心理プロファイル

<   2008年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

『カーズ』(2006 米)

a0037414_1784451.jpg
原題:『CARS』(122分)
監督:ジョン・ラセター
脚本:ジョン・ラセター、ドン・レイク
音楽:ランディ・ニューマン
声の出演:オーウェン・ウィルソン
       ポール・ニューマン
       ボニー・ハント 他

ポール・ニューマンが声で出演した『カーズ』をやっと観た。
録画したまま、なんとなく見そびれていた作品。
ポールさんが思い出させてくれた。
(実は数日前、近いうちに観ようと思ってTVのそばに置いていたのです。これって「シンクロニシティ=意味のある偶然」ってやつかしらん^^;)

いやあ、ピクサーのアニメにハズレなしだなぁと、また実感させられました。
子供はもちろん喜ぶけど、大人がもっと喜ぶようなつくりになってるんだな、ピクサーのアニメって。
今回もクルマ好きで「ルート66」を知ってる世代には嬉しい内容になってる。
とにかく、どんなところも手抜きをしないし、隅々にまでユーモアを忘れない。
泣かせどころもちゃんと心得てる。
だから、見る側だけでなく、声をあてる側も役を思い切り楽しんでいる感じがする。

a0037414_2231380.jpg
特に、ポール・ニューマン。
citydeさんも書いてくださったけれど、
まるで、氏のためにあつらえたような役だから、
声をあてている時は、歳を忘れられたんじゃないだろうか。
実は、これを観るまでは、最後の作品がアニメというのはどうもなぁ・・・と思っていたんだけれど、この作品が最後で幸せだったかもと思い直したくらいだった。
アニメらしくステレオタイプなキャラが多い中、ニューマン演じるドク・ハドソンはわりと陰のある複雑なキャラクターだったし。ニューマンみたいに、いくつになってもいい意味の“悪ガキ”の部分を残した役だったから。

左の画像は、今年の3月、インディ・カーレースでのスナップらしい。
自分もオーナーの1人であるレースカーをピットから観戦中のポールさん。
最後まで、クルマへの情熱は衰えることがなかったんだね。


造形で面白いのは、擬人化されている車たちの目の位置かな。
普通は、なんとなくそれらしく見えるライトを目にしてしまいそうなところだけれど、
このアニメでは目がフロントガラスにある。
考えてみると、車にとって目の役割を果たしているのは運転してるドライバーだから、
フロントガラスに目があるのは当然なんだろうね。

舞台は、高速道路のせいで置き去りにされた田舎町ラジエーター・スプリングス。
ボクの田舎(熊本)も今、新幹線の工事が急ピッチで進められているせいか他人事じゃなかった(^^;
主人公のライトニング・マックィーンはこの町に迷い込んだおかげで、自己チュウそのものだったクルマとしての生き方を劇的に変える体験をすることになる。


劇中、車の形をした小さな虫がブンブン飛んでるから、何だろうと思っていたら、
あ、そういうことだったんだ(^~^

a0037414_1003514.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2008-09-30 10:01 | 映画(か行)

ポール・ニューマン 逝く。。。


8月初め頃だったか、
癌で余命いくばくもないポール・ニューマンが
残りの人生を奥さんのジョアン・ウッドワードと共に自宅で過ごしたいと、
病院を退院したというニュースをネットで読んで、
痛々しい、というより、最後まで自分の意志を貫こうとするニューマンさんの行動に
ちょっと感動したのを覚えてる。

そして、羨ましくも思った。
彼は、自分なりの生き様を最後まで押し通し、
曲がりなりにも自分なりの死に方を選べたんだもの。
そして、彼にはそれを優しく受けとめてくれる伴侶や家族もいた。



今朝、「ポール・ニューマン氏、死去」の記事が目に飛び込んできた。
83歳だったそうだ。


今夜は、出演作の中で一番好きな『暴力脱獄』でも観て、氏を偲ぼうか。。。

a0037414_10102079.jpg


『暴力脱獄 Cool Hand Luke』(1967)
[PR]
by kiyotayoki | 2008-09-28 10:11 | 備忘録

続・俳優そっくり犬 その3

俳優そっくり犬のシリーズには、

a0037414_10383833.jpg
a0037414_17431576.jpg
「人と犬の顔がそっくり」というスタンダードなやつの他に、

こんな感じの、
ポーズ似犬部門というのがありまして(^^ゞ。

今回のは、そのポーズ似犬のほうです。



a0037414_17534290.jpg

今回、ご登場願ったのは、
若手女優の中では今一番の注目株かな?
ガッキーこと新垣結衣さん
まだ20歳になったばかりなんだね。

そんな彼女の初々しいキス顔♪
ファンには貴重なワンショットかも。

ガッキーのポーズ似犬
[PR]
by kiyotayoki | 2008-09-26 20:57 | 続・俳優そっくり犬

『ヒッチャー』(2007 米)

a0037414_16272436.jpg
原題:『THE HITCHER』(84分)
監督:デイヴ・マイカーズ
脚本:エリック・レッド他
音楽:スティーヴ・ジャブロンスキー
出演:ショーン・ビーン
    ソフィア・ブッシュ
    ザカリー・ナイトン

『ヒッチャー』といえば、真っ先に思い出すのは、
冷酷無比の男を演じたルトガー・ハウアーだ。
ハウアーが演じたのは、人生に絶望しながらも、単純に死は選ばず、他人にもその絶望感を味わわせるべく殺人・破壊を繰り返し、そうすることで自らを死の淵へと追い込んでいく傍迷惑な男の役だった(最近、この手のヤカラが増えているけれど・・・)。

a0037414_843711.jpg
だいぶ前(1985年)に観たので、内容(特に後半)
はあまり覚えていないんだけど、
ハウアーの狂気ぶりだけは記憶に刻み込まれてる。
『ブレード・ランナー』で大注目しちゃった後だっただけに、
「おおっ、またやってくれたよ、この人」
って感じだった。

映画も小品ではあったけれど、内容が衝撃的で意外性のあるものだっただけに、
チャンスがあったらもう一度観たいなぁといつも思っていた。
それまで、ヒッチハイカーが出てくるスリラーといえば、被害者はヒッチハイカーと決まってた。
その先入観を見事にひっくり返してくれた映画だったから。

a0037414_844031.jpg
知らなかったけど、そのリメイク作が作られていたんだね。
今回、ハウアーの役を演じたのは、英国人俳優のショーン・ビーン。
面構えはハウアーに負けていない。
人間の狂気を演じる力も十分持ってる。
だからプログラムにあるのを知ったときから、観るのが楽しみだった。

ただ、心配だったのは、2人の認知度の違い。
ハウアーの場合は、まだその存在を知って間がなかったので、
狂気ぶりを素直に受け止めることができた。

だけど、ショーン・ビーンは、『パトリオット・ゲーム』(1992)でその存在を知って以来、硬・軟・善・悪、様々な役を演じる彼を見てきただけに、素直に見ることができないんじゃないか・・・・そんな不安があったのだ。キャリアが演る側も観る側も互いに邪魔しないかなぁ・・・って。

その不安が、残念ながら的中しちゃったかなぁ。
リメイクなので、意外性がなくなったせいもある。
オリジナルの衝撃的だった部分も、この手の映画に慣れっこになっていて、半分マヒしちゃってるせいか(^^;)、それほどガツンとこないって、こっちの哀しい事情もある。

a0037414_17282816.jpg

それを差し引いても、ショーン・ビーン演じる男(通称ジョン・ライダー)の狂気が
あんまり伝わってこないんだな。

なんか中途半端というか。どこかで狂気にブレーキをかけてる感じがしちゃう。

今、オリジナルを観たら、どんな印象を受けるんだろ・・・。

この映画に失礼だけど、見終わった途端、オリジナルのほうを無性に観たくなってしまったのでした。





a0037414_9474476.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2008-09-25 09:40 | 映画(は行)

メニューが1つだけの喫茶店

a0037414_1457613.jpg
この週末3日間は、久しぶりに故郷で過ごした。
台風一過の熊本市内は、真夏のように蒸し暑かった(^^;。

いろいろあった3日間だったけれど、
やはりふるさとはいいものです。

ただ、故郷を離れてもう長いので、たまに帰っても
浦島太郎気分を味わってばかり。

そんな3日間で、最終日の昨日、
ひと味違う体験をしてしまった。

a0037414_22575710.jpg
これ、コーヒーなんだけど、
なんだか色が薄いと思いませんか?
底が透けて見える。

味も、日本茶のようなやわらか~い風味で、
コーヒーの概念からは大きく離れてる。

しかも、店のメニューはこれだけ!
だからカウンターに座ると、
何も注文しなくてもコレが出てくる。
(なんか即席で常連客になった気分だった^^)

このコーヒーを出すお店『珈琲アロー』は、熊本市の繁華街の裏通りにある。
そこへ、「珍しい喫茶店があるから」と、連れてってくれたのは母だった。かつてはちょくちょく通っていたらしい。

シックな店内には初老のマスターがひとり。席もカウンターのみだ。
まだ昼前で、シャッターを上げたばかりだったらしく、マスターは蝶ネクタイを結びかけているところだった。
久しぶりの再会で、母と話がはずんだ。
その間に、いつの間にか蝶ネクタイはキュッときれいに結ばれていた。手慣れたものだ。
聞くと、店を開いて45年ぐらい経つという。

a0037414_92117.jpg
そのマスターが、長年研究し選び抜いた珈琲豆で
ドリップした、こだわりの琥珀色のコーヒー。

マスターによると、薄いように見えるけれど、
良質のカフェインが濃くでているアルカリ珈琲で、
体にもいいので、ご自身、一日に30杯は飲んでいるという。

砂糖、ミルクは御法度
母が一度、所望したら、しぶしぶ出してくれたらしいけど、
賞味期限切れは確実みたいな古~いものだったらしい(^^;。


“肥後もっこす(頑固者)”という言葉があるけれど、
このこだわりぶりは、まさに“もっこす”の真骨頂でありましょうか。

いやいや、コーヒーの奥深さを知ったひとときでありました。
一杯500円という料金以上の価値はあったかな。

a0037414_11574070.jpg






珈琲アロー

YouTubeで「珈琲アロー」の動画発見!
[PR]
by kiyotayoki | 2008-09-23 09:42 | 閑話休題

続・俳優そっくり犬 その2

2年ぶりに再スタートした不定期企画「続・俳優そっくり犬」

今回、スポットライトを当てるのは、
島田洋七さん

a0037414_19193247.jpg
がばい婆ちゃん効果か、全国から講演依頼が殺到しているそうです。

「洋七さん、洋七さん、
ちょっと横、向いてもらえませんか、横!」

「なんでやねん」

「横を向いてもらわないと、そっくり犬にならないんですよ」

「そんなん知らんわ、そらそっちの勝手な都合やないか」

「ぐずぐす言わんと、それッ

 右」向け~、右ッ!!」
[PR]
by kiyotayoki | 2008-09-19 00:03 | 続・俳優そっくり犬

タコのCGアニメ

a0037414_22104066.jpg

たまたま見つけた映像だけど、
これがピクサーの新作アニメかと思っちゃうほどの出来の良さで♪

しかも、フランスのデジタル映像専門学校Gobelins の
学生
の作品というんだから驚き。

これなら、今年、いろんなCGアートのフェスティバルで賞を総ナメにしたのも納得かな。

"Oktapodi"というタイトルの、タコが主人公のCGアニメ。
主人公のキャラも可愛いけど、背景となってる地中海の、白一色の港町の風景も魅力的♪
こんな町でしばらく暮らしてみたいなぁ。

そうそう、台詞が一切なくて、
2分25秒という短い作品であるってところも超魅力的♪♪
スピード感をあおるバイオリンの響きも「熊蜂の飛行」みたいでGood Job♪♪♪


ラストのオチも小気味いい♪




More(風景画像)
[PR]
by kiyotayoki | 2008-09-17 00:22 | 閑話休題

『ピンチクリフ・グランプリ』(1975 ノルウェー)

a0037414_12213056.jpg
原題:『FLAKLYPA GRAND PRIX』(88分)
監督:イヴォ・カプリノ
脚本:クジェル・オークラスト
    レモ・カプリノ
    クジェル・シバーセン
    イヴォ・カプリノ
音楽:ベント・ファブリシャス=ビュール


手作り感と温かみ、そして、スピード感もあふれる人形アニメです。
この手のアニメで、ノルウェー製というのは初体験♪
音声を逆回転させたように聞こえるノルウエー語も新鮮だった。
本作は製作後30年を過ぎてもノルウェー映画観客動員数ナンバーワン
の座をキープしているんだそうな。
人形アニメファンの間では長らく“幻”扱いされていたらしいけど、
恥ずかしながらまったくのノーマーク。
だから、去年久しぶりに劇場公開されたことも知らなかった(先日、NHH-hiでON AIRしてくれたので、運良く鑑賞できた♪)。

a0037414_1736526.jpg
ピンチクリフという長閑な村には、にょきっと岩山が突っ立ってる。
その頂上で自動車修理工場を営んでいるのが、発明家でもある主人公のレオドルおじさん。
家には居候が2人、いや2匹、アヒルのソランと、ハリネズミのルドビグがいる。

レオドルおじさんは、飄々としていて仙人風なキャラクター。っていうか、北欧の国だけにサンタクロースのイメージともダブる人。
そう考えると、楽天的なソランと心配性のルドビグはサンタを手伝う妖精かトロールみたいな存在なのかも?
この1人と2匹が自作のマシーンでソリレースならぬカーレースに挑むというお話。

監督のイヴォ・カプリノさんは、元家具職人だったという異色の経歴の持ち主。
それだけに、画面の隅々にまで手仕事でつちかったこだわりの造形物が満載。
人形劇の文化が成熟する北欧ならでは味わいを感じる造形美だ。

a0037414_12233380.jpg
レースに出るためにレオドルおじさんが作った車の名は、
イル・テンポ・ギガンテ号」。
これが、チキ・チキ・バン・バン号みたいなクラシカルな外観。
ま、チキチキバンバン号もクラシックなレースカーをモデルに造形されたらしいし、鼻が長くてタイヤがでかくて、メカニカルな機器や管がいっぱい搭載されたこのタイプの車はメカファンの理想型なのかもしれないね。
ユニークなのは、この車には人を轢いたときや被災したときのために輸血用の血液が備えられているところ。しかも、RH+、RH-の血液の他に王族用の青い血(!)の入ったやつまである。

そうそう、楽天的なソランと心配性のルドビグを見ていて、
最近読んだ本に興味深いことが書いてあったことを思い出しました。
「人は誰でも口ぐせどおりの人生を歩む」というのです。
例えば、「最近、お仕事はどうですか?」と聞かれて、
毎度毎度「いやー、貧乏ヒマなしで」と答える人は、実際、貧乏ヒマなしの人生を送りがちで、
「私などはたいしたことはありませんよ」と謙遜ばかりする人は、確実にあまり自慢のできない
暮らしを自ら選んでしまうのだと。
逆に、「おかげさまで順調です」といつも答える人は順調な人生を送り、
「絶好調です」といつも答える人は結果的に絶好調の人生を送りやすいのだとか。
脳が自分の発する言葉を聞いて、勝手にイメージし、そのイメージどおり自分を動かすからだという。
いつも口ぐせのように言っている言葉に、自分自身がマインドコントロールされてしまうというわけです。

うーん、やっぱり楽天的なのが一番ってことだね。
それがわかって、超ラッキー♪♪♪(わざとらしい?^^;)


[PR]
by kiyotayoki | 2008-09-15 12:56 | 映画(は行)

ジョン・F・ケネディとマリリン・モンロー


a0037414_9411217.jpg
たまたま見つけた米国LIFE誌の表紙画像。
写っているのは、ジョン・F・ケネディ大統領とマリリン・モンロー。
1961年3月3日号ってことは、ケネディさん、大統領になったばかりだ(この年の1月20日、第35代大統領に就任)。

「SPECIAL PRESIDENTIAL ISSUE」
「MEET THE KENNEDYS」
ってキャッチコピーが並んでるから、ケネディ大統領とケネディ家関連の記事が大特集された号だったんだろうね(読んでみたいなぁ)。

だけどこれ、知らない人が見たら、マリリン・モンローが奥さんだと勘違いしちゃうよね。
フツーなら、マリリンのところには奥さんのジャクリーンがいて当然だもの。なのに、就任祝いの特集号の表紙にこの写真を選んじゃってるところは、さすがLIFEの面目躍如って感じ。

2人の間にちょこんと座ってる子、てっきりジョン・F・ケネディJr.かと思ってたら、ジュニアが生まれたのは1960年の11月25日。半年でこんなに大きくなってるわけがない。
じゃ、誰なんだろ、この子???
2人の間にできた子?
「ここから産まれてきたんだよん、ボク」って言いたげにマリリンの腰に手を当ててるし。
・・・・って、まさかね(^^ゞ


マスコミにいろんなゴシップを流されたという2人だけど、
有名なのは大統領の46歳の誕生日にひらかれたパーティでの
この(↓)シーンでありましょう(1962.5.29)。


司会をしているのは、シナトラ一家の一員だった俳優のピーター・ローフォードかしらん。
笑っちゃうのは、司会者が何度呼び出してもマリリンがスポットライトの下に登場しないこと。
いかにも遅刻魔って言われてたマリリンらしい登場の仕方だネ♪

(だけど、この2ヶ月ちょっと後に亡くなっちゃったんだね、マリリン・・・)

うわっ、ダマされた!!!
[PR]
by kiyotayoki | 2008-09-12 07:43 | 備忘録

言い訳占い


仕事がはかどらない時にかぎって、
ブログの更新がマメになるのはなぜかしらん(^^;


仕事先を納得させる言い訳はないものかと思って、
言い訳占い
に頼ってみた。

a0037414_1651346.jpg
《kiyotayokiさんの言い訳》

「機嫌が悪かったので少し休んでました」

「あなたが早く来すぎただけです」

「誰かに尾行されていたので、振り切るのに街中走り回った」





「機嫌が悪い時に会ってさぁ、空気悪くなったらダァイナシィしょ。
 この思いやりの気持ちィ、感じて欲しいわけよ。ハートでさぁ( ̄ー+ ̄)」

とか、一度でいいから言ってみたいもんです、ふてぶてしく(^^ゞ 
[PR]
by kiyotayoki | 2008-09-10 21:01 | 閑話休題