映画の心理プロファイル

<   2009年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

アル・ハーシュフェルドと続・俳優そっくり犬 その28

a0037414_1110741.jpg
アル(アルバート)・ハーシュフェルドという米国の風刺画家(カルカチュアリスト)をご存じでしょうか。

1927年から70年以上にも渡ってNYタイムズ紙を中心にブロードウェイ・スターやショウビズの世界を描き続けた、ニューヨーカーなら知らない人のいないアーティストです(2003年、99歳で没)。
その功績に対して彼には2度、トニー賞が贈られてる。

ただの似顔絵じゃなく、描く対象の内面までが独特の表現で戯画化されているのがハーシュフェルドの絵の特徴かな。

a0037414_11595036.jpg
たとえば、ハーシュフェルドが
『キャバレー』のライザ・ミネリを描くと、
こうなっちゃうし。
a0037414_1611693.jpg
マリリン・モンローもこうなっちゃう。
一般的にはセクシー女優として知られている彼女を、こんな風にちょっとボーイッシュにも見える表情に描いた画家はアルさんぐらいじゃないだろうか。


a0037414_1381014.jpg
そんなアル・ハーシュフェルドが、1951年に書いたブロードウェイ演劇界の内幕本がある。
その翻訳本が10年ほど前に日本でも出た。
タイトルは『笑うブロードウェイ(原題:SHOW BUSINESS IS NO BUSINESS』。
僕がアルさんを知ったのはこの本がきっかけだった。

劇場、プロデューサー、劇作家、演出家、エージェント、デザイナー、投資家(エンジェル)オーディション、役者のオーディション、リハーサル、地方都市の初日、ニューヨークの初日、スケッチ集・・・と12章に分けて、機知に富んだ皮肉とユーモアで縦横無尽に描く文章は、彼の風刺画のタッチそのもの。
ハーシュフェルドの風刺画のタッチは、日本の浮世絵とりわけ北斎に影響を受けたんだそうな。

例えば、第2章のプロデューサーについて書かれた章の末尾に、こんな一節がある。

「ブロードウェイでのプロデューサーとしてのステイタスを確かなものにするためには、
以下の助言のうちの一つ、あるいは全部を実行する必要があります。

1.電話には出ない。
2.シャツに自分のイニシャルを入れる
3.マネー・クリップには新札を挟んで持ち歩く
4.週末はハリウッドに飛ぶ
5.妻と離婚するか、それが不都合なら、二度と公の場所に連れ出さない
6.結婚する
7.サーディズで自分のテーブルに他のプロデューサーを招き、おごる」


また、同じプロデューサーの章にこんなインチキなプロデューサーの話が出てくる。

「彼は、必要以上の投資を募る。そして、プロデュースした芝居は成功させない。
結果、投資家に利益を払い戻さない。つまり、余分に集めた投資を着服してしまうわけです」
 

これって、メル・ブルックスの初監督作品の映画『プロデューサーズ』(1968)に登場するプロデューサーにそっくりだけど、あの映画のアイディアは案外この本から拝借したものかもしれないね。

・・・と、なんだかんだとアル・ハーシュフェルドさんのことをご紹介してきたのは、
「俳優そっくり犬」も戯画化という点ではアルさんのお仕事と似たところがあるなと思ったから。
偉大な先達と比べるのはおこがましいんですけどね(^^;。
a0037414_13591249.jpg
で、今回のそっくり犬は映画『プロデューサーズ』の2005年のリメイク版から。


さて、今回のそっくり犬は、
マシュー・デロデリックでしょうか。
それとも、相方のネイサン・レインでしょうか(^~^。

マシュー似犬?それともネイサン似犬?
[PR]
by kiyotayoki | 2009-02-28 14:04 | 続・俳優そっくり犬

『窓を開けなくなった日本人』

よくお邪魔させていただく杏さんのブログに、
旅先の沖縄でお撮りになった味わいのある古民家の写真が掲載されていた。
2月だというのに、さすが沖縄、辺りはもう春模様。
開け放たれた木枠のガラス窓からは風がそよと室内に季節の香りを送り届けてる。
そんな写真を見ていたら、あ・・・
そういえば最近、窓の開け閉めをしていないことにハタと気づいたのです。
季節柄、暖房を逃がさないためということはあるけれど、それにしてもここんとこ開けた試しがない。
たまには思い切り窓を開け放って、外気を取り込まないとなぁ・・・

そう思った矢先、本屋で思わず目が釘付けになったのがこの本でありました。

a0037414_10131914.jpg
なにしろタイトルがズバリ、
『窓を開けなくなった日本人 住まいの変化六〇年
というんですから。

すると窓を開けない僕は、現代日本人の典型?

著者は、岐阜大学名誉教授の渡辺光雄さんという住宅学や建築学を専門とする方だ。
理系の、しかも名誉教授なんて肩書きの人の文章だとお堅いのかなと思ったら、いやいやなんの。
a0037414_1032776.jpg
文章は平易だし、例え話もサザエさん一家が登場したりして親しみを感じるし、しかも素敵なイラスト付きなのでビジュアル面でも楽しめる。
そのうえ内容は様々な示唆に富んでいるというんだから、読み出したら止まらなくなっちゃう本なのです。

本の一節をご紹介すると、たとえばこんな感じ。
カツオは東京の下町の子供であるが、昭和30年代の日本では田舎でも地方の商店街でも夏の宵は縁台を出しての“夕涼み”が一般的であった。その“夕涼み”という光景が、なぜかこの頃見られなくなったのである。
 どうして隣近所の人々が和気藹々と集まり、夕涼みする時間がなくなってしまったのだろう。
 ~中略~
 しかし、夕涼みの時間とそのほのぼのした光景はなくなってもいいものだろうか。
縁台と将棋盤と団扇、浴衣に下駄の世界から、テレビとクーラー、ゲーム機と冷蔵庫から出したコーラの世界への変化は
本当に進歩したと言えるのであろうか。
 ~中略~
 21世紀は始まった。私たち日本人の住宅・住生活はこれからどうなってゆくのだろう。
そろそろ『モノに囲まれて空調の中で縮こまった生活』を変えてゆかなければならない。
住空間の変化・発展の方向をもっと考えて、もっと季節の変化など自然を享受する新しい『豊かな生活』をめざすべきであろう。
 ~中略~
 日本人独特の豊かな“衣”や“食”にある季節の“しつらえ”の文化、それに負けないものを“住”文化の中で復活させたいと思う。
自然を味わい、楽しむ“新しい豊かさのある生活”がいろいろな方面から求められてきている。
20世紀に獲得された科学技術のもたらす生活の豊かさを継承しながらも、
もう少し貪欲に自然の変化を楽しむ生活に変えることである


本書をひとことで言い表せば、
日本人が何気なく変えてきてしまった住まいと生活のしかたを振り返り、
自然を享受する新しい住まいと住生活のかたちを提案する本、なのです。


タイトルにもなっている“窓を開けなくなった日本人”の章にはこうある。
それは1960年代の“サッシ”の登場から始まった。
外気をほぼ完璧に遮断できるサッシという便利な建具の突然の登場と急激な普及は、日本人を驚かせた。
すきま風やホコリや臭いが一挙に遮断され、確かにストーブひとつで部屋全体がとても暖かくなったのである。
 ~中略~
 これから将来の住宅・住生活の方向を決めてゆくのに二つの選択肢がある。
窓を閉め切ってリモコンひとつで“人工環境のなかの単調で動かない生活”を選ぶのか、
それとも日本の伝統である建具の文化を思い起こし、これを微妙に調節して“自然の光や風を楽しむ生活”を復活するのか、
今、われわれはこの二者選択の岐路の上にいると思う


そういえば、日本人が独自の文化や科学技術を発展させてこれたのは、変化に富んだ四季のおかげだったという説がある。
季節ごとに移り変わる自然の変化が私たちの五感を刺激したであろうことは疑いのないところだし、
おかげで脳が活性化し、それゆえに日本独特の美意識が生まれ、独自の技術も生まれたと考えるのは決して的はずれではない。
そう考えると、窓を開けない生活というのは・・・・あわわわ(^^;。

夏は冷房、冬は暖房と、1年中快適でいられる家の中というのは、
一見よさそうだけど実は脳の活性化という点では最悪なのかもしれないんだね。
だって五感が刺激されないんだもの。脳は活性するどころか、一年中ウトウトしているようなもの。
室内は明確な四季のない世界なのだ。
自宅で仕事をしていることが多い僕だけど、この頃どうも頭が働かないし物忘れもひどいと思ったら、
極端なことを言えば、窓をあけないせいだったのかも(ノ_< ;).。

そこで大反省。
今年の抱負は、「自分でいろんなことをする」だったこともあり、
明日っから、毎朝必ず自分で窓を開け放って新鮮な外気を浴びる
これを実践することに決めました!

・・・明日の朝、ちゃんと覚えてるといいけど・・・(^へ^ゞ。
[PR]
by kiyotayoki | 2009-02-25 18:53 | 備忘録

短編アニメ『つみきのいえ』がオスカー受賞♪

第81回アカデミー賞で、
加藤久仁生監督の「つみきのいえ」が日本人の作品として
初めて短編アニメーション賞を獲得♪
観てみたくて即、アマゾンに注文を入れてしまった(^^ゞ



他の候補作も観てみたいなぁ。
下の映像は、そのひとつ『THIS WAY UP』。



そうそう、候補作の中には、以前このブログでも紹介したことのある
『オクタポディ』も含まれておりました(^^



※この後、、『おくりびと』が外国語映画賞を受賞。
 監督賞、作品賞などをインドを舞台にした『スラムドッグ$ミリオネア』が総なめ。
 アジアが注目を集める授賞式となった。
[PR]
by kiyotayoki | 2009-02-23 11:43 | 備忘録

続・俳優そっくり犬 その27

a0037414_1401235.jpg
こんな大物、
しかも、そっくり犬のモデルにピッタリな俳優さんを忘れていたなんて
自分で呆れてしまいました(^^;。

『ゴッドファーザー』(1972)でマフィアのボス、
ドン・コルレオーネを演じた
マーロン・ブランドです。

自ら口に綿を詰め、面相や声を変えてこの役を勝ち取ったブランドは、この演技でアカデミー主演男優賞を獲得するんですね(受賞は拒否したらしいけど)。
※作品賞と脚色賞も受賞(第45回。この年の対抗馬は『キャバレー』だったんだね)。

もういくつ寝るとアカデミー賞授賞♪、
というわけで今回のそっくり犬は、意外性という点ではかなり劣るけど、
ブランドが演じたドン・コルレオーネ似のワンちゃんです。

ドン・コルレオーネ似犬
[PR]
by kiyotayoki | 2009-02-21 14:00 | 続・俳優そっくり犬

続・俳優そっくり犬 その26

a0037414_1002499.jpga0037414_18243674.jpg
以前、このシリーズで日本の男優
吉岡秀隆を取り上げた時、
彼が出ていた日本映画の大ヒットシリーズ『男はつらいよ』のレギュラー出演陣のそっくり犬をみんな集められたら面白いだろうなと思ったことがあった。

思ったわりに、なかなか実現できなかったんだけど、
やっと2人目、見つけました♪

a0037414_1093095.jpg
2人目は、
『男はつらいよ』には欠かせない脇役・源公を演じた
佐藤蛾次郎さん

蛾次郎さんは柴又題経寺の寺男として、体調を崩して休んだ第8作以外はシリーズの全てに出てらっしゃるんだってね。
最初っから、むさ苦しいおっさんキャラだったけど、あらびっくり、1作目の時はまだ24、5歳だったんだな。
a0037414_1173281.jpg
そんな蛾次郎さんも、最終48作目のときは51歳(現在64歳)になってた。
シリーズ全てを観たわけじゃないけれど、源公って、旅から帰ってきたもののまだ柴又に馴染めないでいる寅さんをドジで和ませて、よそ者気分から一気に地元民気分にさせてくれる貴重な役割を果たしていたような気がする。
で、さすが寅さんの舎弟だけあって、ずっと独り身だったみたいだし、飄々としていて我が道を行くタイプでもあったかな。

今回のそっくり犬は、そんな源公・蛾次郎さん似のワンちゃんです。

飄々・孤高の源公似犬
[PR]
by kiyotayoki | 2009-02-19 12:08 | 続・俳優そっくり犬

晩白柚(ばんぺいゆ)

a0037414_16245997.jpg
よく珍しい果物を送ってくれる友人が
今度は巨大な柑橘類を送ってくれた。

横に置いたペンと大きさを比べてみてください。
測ったら、身の丈約20㎝、横幅は18㎝あった!

名前は晩白柚(ばんぺいゆ)というんだけど、
実はこれ、何度か口にしたことがあるのです。

というのも、故郷熊本の特産品だからなんですが、
食べていた時は恥ずかしながら地元の物だとは知らなかった(^^;。
「秘密の県民ショー」じゃないけど、どこでも食べられるものだと思ってた。
ところがどうもそうじゃないみたいで・・・。

この晩白柚という果物、原産地は東南アジアらしいんだけど、それを九州に移植してみたら、熊本の特に八代(やつしろ)の風土が最も適していることがわかったんだそうな。
a0037414_10215.gif
以来、八代の特産物として主に地元熊本で親しまれてきたらしい。
けど、その親しまれ方がハンパじゃない。
90%は熊本県内で消費されてるんだそうな。
残りの10%しか他の46都道府県には出ていかないんだから、他の県の人が知らないのは当然だよね。

この晩白柚、皮が厚いのでも有名だけど、その皮を陰干ししてお風呂に入れると、入浴剤代わりにもなるらしい。
楽しみだなぁ♪♪♪



a0037414_12385389.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2009-02-17 10:25 | 美味

今年の一年の計は「by myself」で♪

わたくし事ですが・・・・
毎年、年頭に決める「一年の計」を今年はまだ決めていなかったことに、はたと気づきました。
もう2月も中旬。そろそろ決めなきゃ。

というわけで、決めました。
(ブログで公表すると、やらざるを得なくなる、コミットメント効果が働くので毎年やっております^^;)

今年は、
自分ひとりで(by myself)いろんなことをする
これに決めました。

いい歳をした大人だし、つれ合いを亡くしてからは特に自分ひとりで何かをするのって当たり前のことになっちゃった感があるのに、今更なぜ・・・
だけど考えてみると、その当たり前のことを実はあんまりやっていないことに気づいた、というか思い当たったのです。

a0037414_12413570.jpg
たとえば、ひとりで寿司屋に入ることはあっても、ひとりでちゃんとしたフレンチレストランに入ったことはたぶんないし、

ひとり旅はしたことがあるけど、ひとりで温泉に入るために旅に出たことはない。

ひとりで映画を観に行くことはあっても、ひとりでオペラを観に行ったことはない。

ひとりでプールへ泳ぎに行ったことはあるけれど、ひとりでスケートをしたことはない。

ひとりでホテルに泊まったことはあるけれど、ひとりで屋外キャンプしたことはない。

誰かとお化け屋敷に入ったことはあるけど、ひとりで入ったことはない。

みんなでイルカと戯れたことはあるけど、ひとりでイルカと戯れたことはない。

みんなでゲイバーに繰り出したことはあるのに、ひとりで繰り出したことはない(^^;。

みんなでカラオケに行ったことはあっても、ひとりで行ったことはない。

みんなで占い師に占ってもらったことはあるけど、ひとりで占ってもらったことはない。

バツゲームで2人して渋谷でナンパをしたことはあるけど、ひとりでナンパしたことはない。

・・・ちょっと考えただけでも、ひとりでしたことのないことがいっぱいあるじゃない。
ま、中にはしなくてもいいこともあるけど、しておきたいこともいっぱいある。
人生は短い。今更もうできないことも沢山あるし、今のうちにやっておかないと手遅れになるものだってある。
それを努めてやる一年にしようと思い立ったのでした。

さて、いくつ、何が、ひとりでできるかなぁ。
手始めに、何しよ。
[PR]
by kiyotayoki | 2009-02-14 12:52 | 備忘録

米露の通信衛星衝突、宇宙ごみが大量浮遊

a0037414_17241988.jpg
お昼に、米国とロシアの通信衛星が衝突して、宇宙ゴミ(スペース・デブリ)が大量に飛散したというニュースをやっていた。

米露の通信衛星衝突のニュース

NASAによると、これまでにもロケットの部品などのいわゆる宇宙ゴミが衛星にぶつかったことはあったものの衛星同士が衝突したのは今回が初めてだという。

このニュースを聞いて、すぐに頭に浮かんだのはピクサーのアニメ映画『WALL・E/ウォーリー』(2008)のワンシーンだった。
イヴを乗せたロケットの外壁にしがみついたウォーリーが地球から飛び出すシーンで地球が映し出されるんだけれど、その地球の周りは左の画像以上に宇宙ゴミで覆われていたのです。
それを蹴散らしながら、宇宙船は地球から離れていく。
人間は地上をゴミだらけにしただけでなく、地球の周りの宇宙もゴミだらけにしていたんだね。

a0037414_2392769.jpg
見どころのいっぱいあった映画だったけれど、実は『ウォーリー』で一番印象に残ったのがこのシーンだった。
そのシーンと似たようなことが現実に起こっちゃったのだ。
映画では宇宙ゴミにぶつかっても宇宙船はかすり傷ひとつ負わなかったけれど、現実ではそうはいかない。

映像で見ると、宇宙空間を漂う物体はスローモーションで動いているように見えるけど、実際は秒速3キロ以上、中には秒速10キロ(時速3万6,000キロ)の超高速で飛んでるらしい。
だから、衝突した日にゃ大変なことになるわけだ。
そうならないように、アメリカの宇宙監視ネットワークでは大きさが10センチを超えるその種の物体を1万3000個以上もレーダーで追跡しているというんだけど、人工衛星だけでも2500以上あるというし、追跡していないもっと小さな宇宙ゴミは推定数百万個もあるらしい。
なのに、5~10mmのものと衝突するのは大砲で撃たれるに等しいというんだから怖ろしい。
今回の衝突で、それがまた増えたわけです。
ひょっとしたら、日本も参加してる国際宇宙ステーションが飛散したスペースデブリの“攻撃”を受けないとも限らない。いや十分可能性はあるんだよね。
宇宙空間にもウォーリーみたいなゴミ拾いロボットを導入しないと、人類は自分で自分の首を絞めかねないということ。

ウォーリーで描かれた世界は、遠い未来の絵空事じゃないということなんだね。
ぶるぶる。

a0037414_1385423.jpg


a0037414_18133066.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2009-02-12 18:13 | 閑話休題

続・俳優そっくり犬 その25

a0037414_9361374.jpg
ブルース・ダーンという俳優さんをご存じでしょうか。
暴れ馬みたいなご面相だったから、一度見たら忘れられない俳優さんだと思います。
バイプレイヤーとしては60年代から出ていたようですが、
注目されるようになったのは、やっぱり主役を張るようになった70年代かな。

ブルース・ダーンの名前を世に知らしめたのは、
『サイレント・ランニング』(1972)だろう。
時代を先取りしたような環境破壊をテーマにしたSF映画で。
宇宙にぽつんと浮かぶ温室ドームで育てられているのは地球では絶滅してしまった植物。そこを寡黙な作業ロボットたちと共に管理している男がダーンだった。

a0037414_10131270.jpg
以来、ヒッチコックの最晩年作『ファミリー・プロット』(1976)や『ブラック・サンデー』(1977)で印象に残る演技を見せていたけれど、80年代に入ったらまた脇役に戻っちゃった感じ。
(80年代に入ったら、娘さんのローラ・ダーンのほうが注目されるようになっちゃったかな)

最近では、『庭から昇ったロケット雲』(2007)におじいちやん役で出てらっしゃった。
もう72歳になるんだね、ダーンさん。

今回のそっくり犬は、そんなブルース・ダーンの若かりし頃、
荒馬のように気性の激しい男を演じていた頃のダーンに似たワンちゃんです。

荒馬ダーン似犬
[PR]
by kiyotayoki | 2009-02-10 10:28 | 続・俳優そっくり犬

続・俳優そっくり犬 その24

今日2月9日は、漫画の神様・手塚治虫さんの没後20年目にあたる日だそうだ。
(1928年11月3日 ~ 1989年2月9日)

a0037414_20594666.jpg
手塚さんが生み出した漫画のキャラクターは数多あるけれど、
ひとつあげろと言われれば、やっぱり鉄腕アトムかな。
こういう科学未来モノは時が経てば経つほど古くさくなるものだけど、さすが漫画の神様が作ったキャラクター、何十年経っても未来感が漂ってるし、輝きを失っていない♪

今年は、ハリウッド版「鉄腕アトム」(米題Astroboy)のフルCGアニメも公開されるそうだし、アトムがこれまで以上に注目されることは間違いない。

というわけで今回のそっくり犬は、鉄腕アトムの、
というより
アトムのおっきくてパッチリとした目とそっくりなワンちゃんです。

アトムの目とそっくり犬
[PR]
by kiyotayoki | 2009-02-09 09:55 | 続・俳優そっくり犬