映画の心理プロファイル

<   2009年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

『セブン』のタイトル・デザイナー 

調子に乗って続けていた“タイトル・デザイナー特集”も、今回で一応打ち止めです。

現代のタイトル・デザイナーで、“ソウル・バスの再来”と称されている人がいます。
それが今回ご紹介するカイル・クーパー(Kyle Cooper, 1963年~ )

カイル・クーパーといってもご存じない方のほうが多いと思いますが、
彼の名を世に広く知らしめた映画というのが、こちらの『セブン』(デヴィッド・フィンチャー監督作 1995)。
これ以後、タイポグラフ(変字体)が微妙にブレる独特の描写は多くの映画、TV、CMなどで模倣されてきた。
それだけこのタイトルデザインは衝撃的だったってことですね。


ウィキペディアによると、この人がタイトル・デザイナーを志すきっかけになった作品は、
『アラバマ物語』(1962)だったんだそうな。
確かに、この映画のタイトルバックは印象的です。
クレヨンでタイトルが出現するところも、接写で思い出の品をなめるように映し出していくシークエンスも、これが1962年に作られたものとは思えないほど新鮮だった。
初めて観た時はタイトルの部分だけあとで撮り直したんじゃないかと疑ったほどだったもの。


このタイトル・デザインを作ったのは、スティーヴン・フランクフルトという人。
この方は、他に『ローズマリーの赤ちゃん』(1968)や『ネットワーク』(1976)のタイトルも担当なさってる。

『セブン』のタイトルで一躍名を知られたカイル・クーパーのその後の作品には、以下のようなものがあります。
「ブレイブハート」(1995年)「ミッション:インポッシブル」 (1996年)「ナイトウォッチ 」(1997年)
「マスク・オブ・ゾロ」 (1998年)「交渉人」 (1998年) 「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」 (1999年)
「スパイダーマン」シリーズ (2002年~) 「ドーン・オブ・ザ・デッド 」(2004年)「奥様は魔女」 (2005年)
などなど。

それらクーパーの作品を集めた映像(CMも含む)があったのでご紹介。


これを見ると、この“シリーズ”の最初の回でご紹介した『キス・キス、バン・バン』のタイトルバックもこの人の仕事だったんだね。
あのタイトルックはソウル・バスっぽいから、クーパーさんが「ソウル・バスの再来」と称されるのも宜(むべ)なるかなという感じがする。


そうそう、この“シリーズ”を記事にするためにYouTubeを探っていたら、
元祖タイトル・デザイナーのソウル・バスさんもきっと参考にしたんじゃないかと思えるような映画を見つけてしまった。
それがこちらです!

映画の黎明期に作られたそのタイトル・デザインとは・・・
[PR]
by kiyotayoki | 2009-09-30 10:56 | 備忘録

現役の大御所タイトルデザイナー パブロ・フェロ

学生時代、池袋の名画座・文芸座にはずいぶんとお世話になった。
なにせビデオなんか普及していなかった時代。名作映画を安い料金で、
しかも2本立てで観られる名画座は学生の強い味方だったのです(^^ゞ。
文芸座で観た映画で最も印象に残っているのは、やっぱりキューブリック監督の
『博士の異常な愛情』(1964)かな。
この映画にはいろんな意味で驚かされたけど、オープニングのタイトルでも意表をつかれた。
というのも、タイトルのロゴが手書きだったから。しかもこれがヘタウマ風なのだ。



調べてみたら、このタイトルデザインを手がけたのはパブロ・フェロというデザイナーで、今も現役の方らしい。
1935年生まれだというから74歳。この映画がデビュー作だったというんだけど、いやあ、大胆な手を考えついたものです。そのアイディアを認めて採用したキューブリックもさすが!
このパブロ・フェロさん、他にどんな作品を手がけているかというと・・・・


画面分割とテーマ曲「風のささやき」が印象的なスティーヴ・マックイーン主演の『華麗なる賭け』(1968)の
タイトル・デザインもこの人だったんだな♪
その他、『ブリット』もこの人だし、大好きな『チャンス』もこの人。90年代には『フィラデルフィア』『L.A.コンフィデンシャル』という話題作も手がけてらっしゃる。
a0037414_170484.jpg
そんなキャリアを眺めていて、「あっ、だからかぁ」と思ったのは、
手がけたお仕事の中に『メン・イン・ブラック』(1997)が含まれていたから。
この映画のタイトルデザインも手書きだものね。

てっきり『博士の異常な愛情』のパクリだと思ってたんだけど、
作ったのは本人なんだから“パクリ”は失礼だよね(^^;。
[PR]
by kiyotayoki | 2009-09-28 18:08 | 備忘録

デザインが素敵なタイトルバック集

前回、「タイトルデザインの先駆者 ソウル・バス」と題して、ソウル・バス作品他、
いくつかのタイトルデザインの映像をご紹介したら、ご覧になった方から
「こんな印象的なタイトルバックがあるよ」と教えていただいた。

ひとつは、ボーさんに教えていただいたもの。
ソウル・バスの斬新なアイディアが効いている『バニー・レークは行方不明』(オットー・プレミンジャー監督作 1965)
のタイトル・バックです(タイトル部分は2分14秒まで)。


もうひとつは、tonbori堂さんお薦めの『007 カジノロワイアル』(2006)。
これは僕的にもとても印象に残ってた作品でした。
ダニエル・クレイグが若き日のボンドを演じる本作。カジノが舞台だけにトランプのカードの模様がデザイン的にうまくアレンジさされている。
クイーンが象徴的に扱われているのは、ボンドが女王陛下の諜報部員だからなのかな。



これからご紹介する2本は、1本目はソウル・バスがデザインしたヒッチコック監督の名作
『北北西に進路を取れ』(1959)。映像の最後のほうに、お約束のヒッチコック監督登場シーンもあります。
もう1本は『北北西に進路を取れ』のアイディアを現代風にアレンジしたんじゃないかと思われる
『パニックルーム』(2002)のタイトルバックです。
2本に共通しているのは、タイトルクレジットのロゴに遠近法が使われていて背景と一体化していること(^~^。



[PR]
by kiyotayoki | 2009-09-27 21:18 | 閑話休題

タイトルデザインの先駆者 ソウル・バス

映画を観る楽しみのひとつが、オープニングのタイトルバック。
さあ、どんな映画が始まるのか、わくわくさせてくれるオープニングだと観る意欲も違ってくる。
もちろん作り手も様々に趣向を凝らす。
そんなオープニングで昔から好きだったのが、シンプルだけどおしゃれなアニメーションによるタイトル・シークエンス。
たとえば、下のようなやつ。



大胆にシンボライズされたデザインが鮮やかに目に飛び込んでくる。
これは1959年に作られたオットー・プレミンジャー監督の『或る殺人』のタイトルデザイン。
出演は、ジェームズ・スチュアート、リー・レミック。TVで観たせいか中味の印象は薄いけど、このタイトルとデューク・エリントンのテーマは強く印象に残ってる。

あとで知ったことだけど、これはソウル・バスというグラフィック・デザイナーの手によるものだそうな。
この人の名前を知ったのは、『めまい』『北北西に進路を取れ』『サイコ』といったヒッチコック作品のタイトルデザインを手がけていたから。
このソウル・バスさん、映画界にタイトルデザインの分野を確立した人物といわれているだけに、50年代から様々な映画に関わっていらっしゃるんだね。

たとえば、『オーシャンズ11』のオリジナル『オーシャンと11人の仲間』。


こちらは、ミュージカル映画の金字塔『ウエストサイド物語』。


こうしたソウル・バスによるタイトル・デザインは、後のデザイナーにも強い影響を与えていて、そのスタイルを
うまく踏襲しアレンジしたタイトルバックがいくつも作られています。

たとえば、こちら。『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』の楽しいタイトルバックです。
映画が60年代を舞台にしたものだけに、60年代に大活躍したソウル・バス風のタイトルバックがいい意味でレトロで余計にフィットしてる感じ。


こちらは、ロバート・ダウニー・Jr主演の『キス・キス、バン・バン』のこれまた楽しいタイトルバック。


他にも、ご紹介したいタイトルバック、まだまだあるけど、今日はこのあたりで・・・(^^ゞ
[PR]
by kiyotayoki | 2009-09-25 11:18 | 閑話休題

『ハッピーエンド』(2008 日)

a0037414_2195941.jpg
(90分)
監督・脚本:山田篤弘
音楽:牧野将子 Lifeguard Nights
出演:菜葉菜
    長谷川朝晴
    河合龍之介
    広田レオナ 

今、渋谷のユーロスペースで「真夏の夜の万華鏡」と銘打って、夜9時から若手の映像作家たちの作品が逐次公開されている。
その1本、『ハッピーエンド』を観てきた。

監督は、山形国際フィルムフェスティバルの2007年度のグランプリ受賞者。
その賞金1000万円で撮り上げた作品らしい。
終始のんびりした雰囲気だったのは、全編オール山形市ロケだったためかな?

開演前に、監督やキャストによる舞台挨拶があった。
出演者からは「ポップで楽しい」「日本じゃないような風景や映像の撮り方をしてる」とのコメントがあったので期待が高まった。
『ゴーストワールド』みたいなこだわりのある作品だといいな。

オープニングはまさにそのコメント通り。
ポップで楽しげなタイトルロール。
ショートヘアーをを赤く染めた主人公桃子(菜葉菜)の住むアパートの部屋の壁は
隙間なくポスターだのチラシだのがおしゃれに貼られてる。インテリアの色使いもポップだ。
この室内、撮影前にスタッフ総出で作り上げたんだろうな。思えばセットらしきものはココだけ。
あとは有り物(ロケ)ばかりだから、余計に力が入ったのかもしれない。
そして、意味もなく空から洗濯機がドカッと降ってくる。
おおっと、このドラマ、この後どんな展開を見せるんだ???

・・・・と、興味津々だったのはそこまでだったかなぁ。


映画オタクの桃子の生活はわりとシンプル。
レンタルショップと仕事場の図書館と映画館、それにアパートを加えたエリアが彼女の生活圏。
好きな映画はホラー系で、ラブコメは大嫌い。というか、恋には不慣れで苦手なせいか、無視しているのが実状かな。
レンタルビデオ屋の店長・黒田(長谷川朝晴)が自分に特別な感情を抱いているのを知っているが、それも無視。
そっけない態度をとるし、逆にいじめる。Mっ気のある黒田はそんな関係に満足している風で、桃子が一人前に恋ができる女になれるようにと何かと世話を焼く。典型的なアガペー(献身)タイプの男。
ラブコメにありがち、ベタなキャラだし人間関係です。
ベタといえば、桃子のしゃべり方もそう。これがまさにラブコメの教科書どおりのセリフ回し。
桃子を演じた菜葉菜(なはな)という女優さんもラブコメの主人公の必須条件である「スレンダーで中性的」で「メガネをとるとちゃんと可愛くなる」女の子でありました。

そんな桃子が恋らしきものをして戸惑う姿、そして本当の恋を見つけるまでをカメラは追うのだけれど、
そのどれもがステレオタイプなんだな。それが監督の狙いなのかもしれないし上手くまとまってはいたけれど、新人監督がこんな冒険心のない映画を撮ってていいのかしらん。正直そう思ってしまった(^へ^ゞ。

ただ、映画への愛は感じられたな。
会話の中に映画のタイトルやセリフがたくさん引用されているし。
だけど、みんな古い作品ばかりなんだよなぁ。新しいのでもトム・ハンクス&メグ・ライアンの『めぐり逢えたら』止まり。いくら映画オタクでも、若い子たちの口からこんなに古い映画ばかり出てくるかしら。

そうそう、こんなセリフがあった。
「ラブコメとラブストーリーの違いは、ハッピーエンドかそうじゃないかってとこ」
なるほどね。

嬉しかったのは、桃子の行きつけの映画館として、山形の古い映画館が使われていたこと。
たぶん下の「シネマ旭(あさひ)」という映画館だと思う。
前身の旭座は大正時代からあったらしく、下の建物ができてからも50年以上が経つという。
(残念ながら映画館としては2007年暮れに廃館となったらしい)
この映画館の姿を映像に留めることができただけでもこの映画の価値はあったかもしれないな。
ちょっと辛口になってしまったけれど、若い人たちには日本映画を面白くするためにも頑張ってほしいものデス。

a0037414_12121299.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2009-09-22 12:15 | 映画(は行)

今年最後(?)の蝉の声

a0037414_21174968.jpg
もしかしたら今年最後になるかもしれない蝉の声を聞いた。
もう9月も20日。朝夕は肌寒くなってきたというのに、
健気に鳴いていらっしゃる蝉クンに敬意を表したくて
外に出て鳴き声のする方を見てみたら・・・

a0037414_111502.jpg

いた♪♪

携帯の望遠で撮ったのでピンボケだけど、
見た目はアブラゼミっぽい蝉クンだった。
家の壁なんかに留まってないで木の汁でも吸いに行ったらいいのにと思ったけれど、彼としてはまだ頑張ってる自分の姿を誰かに見せたかったのかな。
それとも、やっと羽化したのに、まわりに仲間がいないんで途方にくれているのかな。

だとしたら、ちょっと切ない・・・。
[PR]
by kiyotayoki | 2009-09-20 21:17 | 閑話休題

『落下の王国』(2006 印・英・米)

a0037414_1348178.jpg
原題:『THE FALL』(118分)
監督:ターセム
脚本:ダン・ギルロイ
    エコ・ソウルタナキス
    ターセム
衣装デザイン:石岡瑛子
音楽:クリシュナ・レヴィ
出演:リー・ペイス
    カンティカ・ウンタルー   
    ジャスティン・ワデル

先日、“昨年見逃して残念に思っていた映画”として『イースタンプロミス』をご紹介しましたが、この映画もまさにその1本。
予告編を見たとき、これは絶対観なくてはと思っていたのになぁ・・・・。

見始めて、やっぱり映画館の大きなスクリーンで観るべきだったなぁ、と余計に後悔しちゃった。
とにかく映像の素晴らしさがハンパじゃない。
まあ、ロケーションの地が24カ国以上で、その中には13の世界遺産が含まれてる。
単にカメラに収めるだけでも絵になるのに、それに4年の期間を費やし、
芸術家や工芸家が巧みの技を披露するかのようにカットのひとつひとつが丹精され磨き込まれているのです。

そのどれもが現実にこの地球上にあるものなのに、
圧倒的に透明感があるためかそのどれもが現実離れしているというか、桃源郷のように見えてしまうこの不思議。
(CGはまったく使われていないんだそうな)

なぜそこまで映像が極められているのかといえば、それらの映像が主人公の少女の空想の世界だからということが見ているうちにわかってきます。
それくらい幼い子供の空想力・想像力はに限りがないっていうことか・・・。
a0037414_10305161.jpg

少女の名はアレクサンドリア。
移民の親を手伝ってオレンジを収穫中に木から落ち、左腕を骨折して病院に入院中の5歳の少女だ。
幼児体型のおデブさんなんだけど、この子が見てるうちにどんどん可愛くなっていくんだなぁ。
骨折だけで他は健康体のアレクサンドリアにとって、病院内は遊園地のようなもの。日々探検に余念がない。
そんな中出会ったのが、撮影中に両脚を骨折する重症を負い、しかも恋人を主演俳優に奪われてしまったため自暴自棄になっているスタントマンの青年ロイ。
ロイは、動けない自分に代わって自殺するための薬を少女に盗ませようと思い付き、アレクサンドリアに作り話を聞かせ始めます。
それは、愛する者や誇りを失い、深い闇に落ちていた6人の勇者達が、力を合わせ悪に立ち向かう愛と復讐の物語。
が、しかし、少女を操るためのたわいない寓話は、いつしか少女に希望を与え、やがて自分自身をも救う壮大な物語へと化学変化してく・・・というもの。

映像重視の映画かと思っていたら、お話も映像に劣らない内容なのです。
というわけで、物語は現実の世界(ロイとアレクサンドリアがいる1915年のL.A.の病院)と、ロイが語るおとぎ話の世界の2つのパートに分かれます。
思わずニンマリしちゃうのは、おとぎ話の世界の登場人物がアレクサンドリアが病院で関わっている人たちと重なっている点。
『オズの魔法使い』(1938)もそうだったし、毎晩見る夢の世界にも通じることだけど、
現実世界の人たちが、それぞれに役柄を与えられておとぎ話に登場するのです。
これはもちろん、おとぎ話の映像がアレクサンドリアが思い描く空想の物語だから。
だから、おとぎ話の中に出てくる美しいお姫様になるのは、彼女が病院で一番大好きな看護士のお姉さんなのです。
a0037414_117497.jpg

お話の脚本を書いているのはロイだけど、演出やキャスティング、撮影をしているのはアレクサンドリア。
つまり、このお話は2人の合作なんですね。

万華鏡のように魅惑的な映像と思わず感動してしまうストーリーの素敵なコラージュ。
未見の方には、お薦めしたい1本です。

a0037414_11294555.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2009-09-19 11:26 | 映画(ら行)

ヘリコプターの騒音

夕方6時を過ぎたあたりから、窓の外から騒音が聞こえ始めた。
しかも、だんだん大きくなる。
ヘリコプターの回転翼の音だ。

a0037414_2020731.jpg
何だろうと思って窓から夜空を見上げたら、ヘリが3機ほど飛んでる。
事件?
そう思ってTVをつけたら、保釈された酒井のりぴーが会見を終えて、入院する病院へ向かっている映像が映し出された。
しかも、それはへりからの映像だ。
な~るほど、その映像を撮っているヘリの騒音が聞こえてきていたんだ。
騒音がだんだん大きくなったのは、のりぴーの乗った車がうちの近所へ向かって走っていたからだったのでした。
どこからやってきたのか知らないけれど、一番騒音が大きくなったのは、大久保通りから市ヶ谷中央通りへ左折したあたりかな。
そこがうちから一番近いし、夜だけど何気に見かけた景色だったし。
車は中央通りから外堀通りへ出ると、四谷から赤坂方面へ走り去っていく。
それに連れ、ヘリの音も徐々に小さくなってく。
正直なものです。

それにしてもヘリの音って大きい。大きすぎる。
あの図体を空へ持ち上げるためには必要な推力なんだろうけど、
もう少し消音ってできないものだろうか。
映画だけど、『ブルーサンダー』(1982)じゃ、ちゃんと消音機能がついていて、ビルの中の連中に気づかれずに空中にホバリングしながら盗聴したりしていたし。
だけど、調べてみたら、技術革新でいろいろ可能にはなってきているようだけど、ローター音の消音だけはまだ無理なようだ。
残念。
[PR]
by kiyotayoki | 2009-09-17 20:39 | 閑話休題

『理由』(1995 米)に出演していた女優

a0037414_13581292.jpg
この『理由』という映画、3回ぐらいは観ていると思う。
(どれも映画館ではなく、TVでだけど)。
主人公の法律学者を演じるのが当時64歳、熟年盛りのショーン・コネリー。
共演も、後にモーフィアス役でブレイクするローレンス・フィッシュバーンが強面の保安官を演じているかと思えば、エド・ハリスが狂気のサイコパスを熱演していて、思わず画面に引き込まれる。
二転三転するストーリーも興味津々で、やってるとついつい見てしまうんだな。
(見てしまうと、少々物足りなさを感じてしまう作品でもあるのだけれど^^;)

先日も、つい観てしまった。吹き替え版は初めてで、ショーン・コネリーの声を若山玄蔵さんがやっていたものだから、録画してつい(^^ゞ。

そうしたら、小さな発見があった。
ショーン・コネリー扮するポール・アームストロングと妻ローリー(ケイト・キャプショー)の間にはひとり娘ケイトがいる。
ケイトはまだ小学低学年ぐらいだから、この夫婦は遅い結婚だったのかな。
そのケイトの顔を見ていたら、おやっ?

a0037414_19181784.jpg
誰かに似ているのです。

今まで気づかなかったけど、
ひょっとしてこの子・・・・

調べてみたら、やっぱりそうだった。

さてこの子、いや、この女優さんは、さて、誰でしょう。

ケイトを演じた1984年11月22日生まれの女優さんとは・・・
[PR]
by kiyotayoki | 2009-09-15 19:50 | 映画(ら行)

『わが教え子、ヒトラー』(2007 独)

a0037414_10562536.jpg
原題:『Mein Führer
     Die wirklich wahrste Wahrheit über Adolf Hitler』(95分)
監督・脚本:ダニー・レヴィ
音楽:ニキ・ライザー
出演:ウルリッヒ・ミューエ
    ヘルゲ・シュナイダー
    シルヴェスター・グロート

Q「ピザとユダヤ人の違いは何?」
A「ピザはオーブンに入れても泣き叫ばない」

Q「ユダヤ人を百人フォルクスワーゲンに乗せるにはどうしたらいい?」
A「4人を座席に、96人は灰皿に」

ユダヤ人はジョークの天才だといわれている。
上の2つのジョークもユダヤ人の作だ。
しかし、ユダヤ人はなんでこんなに毒のある、しかも自虐的なジョークを作るのだろう。

それは、こうしたジョークを世に広めることによって、
彼らが被った悲劇を世の中の人に忘れさせないようにするためでもあるのだそうだ。
人は誰でも相手に都合のいい主張を押しつけられたら反発する。
だけど、ジョークだったらその中にこめられた主張も含めて案外簡単に受け入れてしまう。
ユーモアには相手の武装を解除する力があるのだ。そんな人間心理をユダヤ人たちは巧みに操って、自分たちの負の歴史を世界中の人々の心に深く刻み込ませているんだな。

この映画も、ユダヤ人監督が作ったユーモアをまぶした戦争喜劇だ。しかもかなりシニカルな。
その意味では、監督・脚本・主演したロベルト・ベニーニの『ライフ・イズ・ビューティフル』(1998)と近しい味わいを感じる作品です。

a0037414_1311458.jpg
1944年12月25日、連合軍の進攻によりナチス・ドイツは瀬戸際状態になっていた。
宣伝相ゲッベルスは、来る1月1日にヒトラーの演説を100万人を動員して行い、それをプロパガンダ映画に仕上げて起死回生を図ることを思いつく。
しかし、肝心のヒトラーは心身共に衰弱し、自信喪失状態。とてもスピーチなどできる状態ではなかった。
そこでゲッベルスは、わずか5日間でヒトラーを再生させるという大役をユダヤ人だが世界的俳優アドルフ・グリュンバウム教授に託すことにする。
そして、強制収容所からグリュンバウム教授が移送されてくるが…。

この映画のストーリーはフィクションだ。でも、ヒトラーに発声指導していた教師は実在したという。
監督はその史実を下敷きに、教師をユダヤ人に、時と場所を1944年12月のベルリンにすることで、奇妙な世界をつくり出すことに成功している(ただ、あちこちにちりばめられたユーモアが笑えるかどうかは別だけど)。
a0037414_18442132.jpg
ヒトラーというと、カリスマ性のある居丈だかな指導者のイメージが強い。
でも、ここでは幼い頃に父親に虐待されたトラウマから、孤独に苛まれ、父親に対抗して暴力を志向するようになった哀れな男として描かれている。
戦況が日に日に不利にになっていくのと比例して、心を病んでいくヒトラーがグリュンバウムとの交流によって癒され、彼なしでは生きていられないようになっていくところも面白い。

一方、グリュンバウムにとっては心千々に乱れる日々が続きます。
ナチスの総統ヒトラーを殺す絶好の機会が訪れたのに、ヒトラーの指導をする代わりに担保されている家族の安全を考えると大胆な行動には出られない。
また、自分に縋(すが)りついてくる“教え子”ヒトラーに憐憫の情さえ覚えてしまう。
心理学でいう「共依存」の関係になってしまうんだね。

特殊メイクで余計に哀れを誘う顔になったヒトラーを演じているのは、いかにもドイツ人って名前のヘルゲ・シュナイダーさん。コメディアンで、ジャズミュージシャンとしても活躍する、あちらでは有名な人のようだ。
そして、主人公のグリュンバウム教授を演じているのは、『善き人のためのソナタ』のウルリッヒ・ミューエさん。
この人、2007年の7月に亡くなった・・・、ということはこれが遺作となったのか。残念です。
[PR]
by kiyotayoki | 2009-09-14 19:07 | 映画(わ行)