「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

<   2010年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

『インビクタス/負けざる者たち』(2009 米)

たまたまだけど、この映画を観た直後に米国でトヨタの社長を呼んでの
公聴会が開かれたニュースを見た。
そして、公聴会を仕切っていた議員さんたちに、この映画を観てもらいたいなぁ、
観てくれていたらなぁと切に思ったのでした。

a0037414_19501177.jpg

原題:『INVICTUS』(134分)
監督:クリント・イーストウッド
原作:ジョン・カーリン
脚本:アンソニー・ベッカム
音楽:カイル・イーストウッド マイケル・スティーヴンス
出演:モーガン・フリーマン
    マット・デイモン   

史実に基づいた映画で、クリント・イーストウッドらしくない作品ではあった。
クリントさんの映画で、全編を通してこんなに爽やか、かつ前向きな映画は珍しいと思ったからだ。
でも、被差別者視点での映画という点では、最近のクリントさんらしい映画でもあった。

主人公は、今も91才で健在のネルソン・マンデラ南ア第9代大統領。
アフリカーンス語で分離、隔離を意味するアパルトヘイト(人種隔離政策)に反対して1962年から27年間、
44才の時から71才(!)になるまで投獄されていたマンデラさんが大統領に就任したのが1994年。
映画は、その就任後から始まり、彼が自国で開催されるラグビーのワールドカップを通して国民融和に成功するまでを描いている。

だけど、元支配者階級だった人々と差別され続けていた人々とのわだかまりは一朝一夕に解消されるもんじゃない。
思わず公聴会の議員さんたちに見てもらいたいなぁと思ったシーンも、そんなわだかまりを象徴するようなシーンだった。

黒人が権力を握り、メンバーが黒人ばかりとなった国家スポーツ評議会で、
白人優越の象徴だったナショナルラグビーチームの名称とユニフォームを変えようという決議がなされたのだ。
そこへ乗り込んてきたのがマンデラ。彼はそれを諫めて言う。
「諸君は、卑屈な復讐に走るべきではない」と。
立場が逆転しても、国家の発展のためには白人とも協力しなければならない。
だから意趣返しはやめて同じ国民である白人の感情や立場も尊重しよう、と訴えたのだ。

オバマさんにも公聴会に乗り込んでもらって、こんな演説をしてもらいたかったなぁ・・・と(無理か^^;)。

そうそう、ラグビーでは試合が終わることをノーサイドという。
ノーサイドには「敵味方ではなくなる」という意味がある。
試合(戦い)が終わったら、もう敵も味方もない。お互いをたたえ合おうという、スポーツマンシップにのっとった言葉なんだね。
マンデラさんがこれほどラグビーワールドカップに執着したのは、そんなラグビーの精神を国民に訴えたかったからでもあったんじゃないだろうか。

a0037414_10254890.jpg



a0037414_1030817.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2010-02-28 10:30 | 映画(あ行)

まだ続いていた『ER ⅩⅣ』の意外な出演者たち

たまたま久しぶりに観たのだけれど、『ER』ってまだやっていたんだね。
今やもう14シーズン目!
昨日で309話目!超長寿番組です。
新聞で確認して知ったんだけど、昨日はSeason14の最終回だった。

途中からだったのになぜ観たのかというと、
チャンネルを替えた途端、目に飛び込んできたのが意外な人だったから。
a0037414_10101937.jpg

あらっ、スティーヴ・ブシェミ!

どうやら今回だけの特別出演だったみたい。
相変わらずたそがれていらっしゃったけど、今回はERに担ぎ込まれる役だけに余計に黄昏感が際立っていた。
次のシーズンへつなぐために大物俳優を担ぎ出したんだね。さすが最終回(^^ゞ。
しかも使い古された手ではあるけれど、最終回らしく次のシーズン開始が待ち遠しくなるような
唐突でショッキングな終わり方で幕を閉じた。

そうそう、大物出演者はスティーヴ・ブシェミだけじゃなかった。
a0037414_1031478.jpg

先日、『ラブリーボーン』での怪演を見たばかりのスタンリー・トゥッチ。
長らくご無沙汰していたので知らなかったけれど、
こちらは特別出演ではなく、シーズン13からレギュラー出演していらっしゃった模様。

a0037414_10442168.jpg

もう一人、名脇役俳優のハル・ホルブルック。
このER出演と同じ年の2008年、S.ペン監督作『イントゥ・ザ・ワイルド』で
男優としては歴代最高齢の82歳でオスカー(助演男優賞)にノミネートされていらっしゃる。


このシーズン14は、4月1日から再放送されるようだ。
う~ん、どうしよう。とりあえず初回、観てみようかしらん(^^ゞ。
[PR]
by kiyotayoki | 2010-02-26 10:55 | TV

柑橘系フルーツの美味しい季節ですが・・・・

さて、この柑橘系フルーツの名前
何だと思います?
a0037414_17355925.jpg


超難問の答えは・・・・
[PR]
by kiyotayoki | 2010-02-25 09:41 | 美味

東京からお蔵が消えていく

何を隠そう、私、隠れお蔵フリークなのであります。
お蔵を改造した二階屋に長らく住んでいるのもフリークゆえ。
ただ、表向きはそんなそぶりはこれっぽっちも見せないようにしております。
お蔵に住んでるなんて座敷わらしみたいなヤツだな、なんかカビくさいのはこいつがいるせいじゃないか・・・・
なぁんて、陰でコソコソ言われるのを怖れるからです(ショウシンナヤツデスナ ^^;)。
ですから本来なら、ブログにこんなことを書くつもりはなかったのですが、

書かざるを得ない事態が起きてしまったのです!

だって、ここ数日でショッキングな出来事が2度も立て続けに起きてしまったのですから。

私の住む界隈は、新宿とはいっても下町情緒の残るところで、蔵のある家もポツリポツリとございます。
いや、あったというべきかな。
だって、最も蔵(土蔵)らしい蔵が消えてなくなっちゃったんたですから(>_<;)。

a0037414_18545281.jpg

こちらは、在りし日の姿。
2005年9月16日の記事に載せた写真なんですが、
保存状態も良好だし、瓦屋根に欠損もない。
立ち姿も凛々しいでしょう。

これがきれいさっぱりなくなってた。
マンションでも建てるのでしょうか、母屋もすべて壊され整地されておりました。

嗚呼、なんてこったい。
ついこないだ、ある出版社の社長さんと
東京のお蔵話で盛り上がって、
「今度、うちの近所にあるお蔵を巡るツアーをやりましょう」
と約束したところだったのに・・・。

東京って江戸時代から明治期にかけては蔵の町といってもいいくらい町のあちこちに蔵が建っていたようです。
一気に増えたのは、あの八代将軍吉宗の時代。
当時の江戸は「火事と喧嘩は江戸の華」っていわれるぐらい火事が多かった。
その対策として奨励されたのが土蔵づくり。
まず日本橋から神田にかけての地域で土蔵が造られ、その後、四谷、市ヶ谷、そしてうちの界隈である牛込、麹町、小石川・・・・と、徐々に地域が拡大していったといいます。

だけど、街の近代化や再開発、また大震災や空襲に遭うなどして、どんどん姿を消してしまった。
残っているのは数えるほど。

その数えるほどの一軒がまたなくなっちゃった(T_T)。

そんなショックもまだ消えやらぬ昨日、またまたショッキングなものを目撃してしまったのです。

a0037414_822482.jpg

うわっ、あの白い表示板はもしや・・・!
こちらは、隣町にある土蔵なんですが、嗚呼、こっちも風前の灯火なんだぁ。
「建築計画のお知らせ」と書かれた表示板を見ると、今年の5月末から着工して、マンションに建て替えるとなっている。


ううう・・・・この喪失感。
しばらく立ち直れそうにありません。

a0037414_8103333.jpg




a0037414_9532512.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2010-02-23 08:12 |

続・俳優そっくり犬  その44

a0037414_16593346.jpg
いやあ、驚いた。
おじいちゃん役が板についている俳優の
笹野高史さん
年齢は、おいくつだと思います?

まだ61才なんですって!

失礼かもしれないけど、てっきり60代後半、いや70代だと思ってた。


芸達者な方だし、この分だとあと20年以上はおじいちゃん役、こなせそう(^し^ゞ

意外に若い笹野さん似犬
[PR]
by kiyotayoki | 2010-02-20 22:07 | 続・俳優そっくり犬

『つぐない』(2007 英)

a0037414_1892257.jpg
タイプライターの音が耳に残る映画だった。

タイプライターというと、個人的にすごく思い入れがある。
というのも、お小遣いを貯めて初めて自分で買った家電製品がタイプライターだったからだ。
オリベッティのが欲しかったけど高いので、結局買ったのは確かブラザー製だったと思う。
それでも嬉しかったなぁ。
白い紙に次々に印字されていく活字を見てるだけでうっとり。
もちろん英文タイプライターだからアルファベットしか打てないんだけど、自分がまるで作家にでもなったような気分だった。

映画のオープニングでタイプライターを打つ少女ブライオニーも、きっと同じような気分で、いや、もう一丁前の作家のつもりで打ち出される活字を目で追っていたんじゃないだろうか。
a0037414_15565089.jpg

監督:ジョー・ライト
原作:イアン・マキューアン
脚本:クリストファー・ハンプトン
音楽:ダリオ・マリアネッリ
出演:キーラ・ナイトレイ
   ジェームズ・マカヴォイ
   シアーシャ・ローナン
a0037414_15574214.jpg
シアーシャ・ローナン扮するブライオニーのタイプライターを打つ音で始まるこの物語、
タイトルのロゴはもちろんタイプライターの印字。
原作はイギリスのブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー『贖罪』。

第二次世界大戦前、夏のイングランド。
上流階級の娘で作家志望の少女ブライオニーには、ケンブリッジ大学を卒業したばかりの自慢の姉セシーリアがいる。
そのセシーリアには憎からず想う相手がいた。同じ屋敷内に住むロビーだ。
ただ、ロビーは使用人の息子。身分が違う。なので表面上は気のないそぶりをするセシーリア。
ロビーももちろんセシーリアを意識している。が、自分は彼女の父の援助でケンブリッジに通わせてもらい、今度は医学を目指そうとしている身。彼女への熱い想いは胸の奥にしまい込んでいる。

だけど、隠そうとすればするほど想いは迸ってしまうもの。
親族が集まった食事会の夜、2人はついに一線を越えてしまう。
身分の違いも、愛さえあれば乗り越えられる・・・・2人にはそんな幻想に近い確信もあっただろう。

ところが誤算があった。
2人の秘め事を妹のブライオニーに目撃されたのだ。
問題は、人一倍感受性の強いブライオニーもロビーに恋心を抱いていたこと。
裏切られたという怒りと嫉妬心が、ブライオニーを自分でも制御できない行為に走らせてしまう。
それがまさかロビーの運命、そして自分や姉の運命まで変えてしまうとも知らずに。

ブライオニーは、ロビーの非道な行為を目撃したと家族に告げたのだ。
人の目はカメラと違って、心のありようで現実とは違うものが目に映り、脳に記憶されてしまうことがある。
「人の目は見たいものが見えるようにできている」といわれる所以だ。

舞台は一転して、戦渦のヨーロッパへ移る。
1939年、欧州制覇を目論むドイツに英仏が宣戦布告したのだ。
その戦場に一兵卒としてロビーはいる。
刑に服した彼は、懲役を免れるために戦場で戦うことを選んだのだった。
唯一の希望は、セシーリアが自分を信じて帰国するのを待ってくれていること。
それを信じて、ロビーは負け戦の中、命からがらダンケルクへと向かう。

a0037414_2324612.jpg
第二次世界大戦といえば、ノルマンディー上陸作戦はよく知られているけれど、
ダンケルクでチャーチル指揮のもと、あらゆる船を動員した史上最大の撤退作戦が敢行されたことは案外知られていない。
かくいう自分も、仏映画『ダンケルク』(1964)を観るまで、そんな出来事があったなんて知りもしなかった。
これは教育のせいもあるのかもしれないな。現代史はないがしろにされているから、太平洋戦争(1941~1945)と第二次世界大戦(1939~1945)を混同して覚えているんだね。
しかも日本が参戦する前のことなんて知るわけがない。
だけど、厳然としてその事実はあったし、きっとこんな悲劇は浜辺に転がった骸の数だけあったことだろう。

それを、タイプライターの乾いた音とともに心に届けてくれる映画、それがこの『つぐない』だったのかも・・・。 
[PR]
by kiyotayoki | 2010-02-19 23:08 | 映画(た行)

続・俳優そっくり犬  その43



a0037414_1153397.jpga0037414_116764.jpg
漫才の海原はるか師匠と、
俳優の田山涼成さん、

このお二人は、
おつむの様子といい顔のつくりといい
ホントによく似ていらっしゃる(^^。


今回のそっくり犬は、
このお二人似のワンちゃんです。

二人まとめてそっくり犬
[PR]
by kiyotayoki | 2010-02-17 11:19 | 続・俳優そっくり犬

静岡いちご  紅ほっぺ

a0037414_2137061.jpg


祝いの品として、大粒のいちごをいただいた♪
静岡のいちごで、『紅ほっぺ』というんだそうだ。

“ほっぺが落ちるほど美味しい”というので命名された模様。
確かに美味でありました。
甘いだけでなく、適度な酸味があるところもよかったな。

美味しさを独り占めしちゃ申し訳ないので、
皆さんにはせめて原寸大(よりデカいな^^;)の画像で美味しさのお裾分けをば・・・(^^ゞ

いやホントにご馳走様でした♪
[PR]
by kiyotayoki | 2010-02-15 22:31 | 美味

続・俳優そっくり犬  その42


a0037414_9522842.jpg
嗚呼、あの時、
オシム監督が倒れていなかったらなぁ・・・
昨日の試合をみて、きっとサッカーファンの多くがそう思ったんじゃないだろうか。

本日のそっくり犬は、
上のコメントを書くために緊急招集したので、
似ているかどうかは????です(^^;。


あえて言えば、岡田監督の試合後の気持ちを表したようなワンちゃん、かなぁ。

ブーイングを背にグラウンドを去るオカちゃん似犬
[PR]
by kiyotayoki | 2010-02-15 09:56 | 続・俳優そっくり犬

『お熱いのがお好き』(1959 米)

あちこちのブログで話題になっていた
『午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本』
その感動を味わいたくて、府中へGO♪

この映画祭は「世紀の傑作外国映画を、全国の大スクリーンで」と銘打って
全国のTOHOシネマズ25劇場で始まったもの。
1950年~70年を中心に、歴史に残る洋画の傑作娯楽映画50本を、1年間にわたり連続上映するという嬉しい企画。

観たのは、子供の頃から大好きな1本『お熱いのがお好き』。

a0037414_22484747.jpg

原題:『SOME LIKE IT HOT』(121分)
監督・脚本:ビリー・ワイルダー
原作:R・ソーレン
音楽:アドルフ・ドイッチ
出演:ジャック・レモン
   トニー・カーティス
   マリリン・モンロー

実は、六本木でやっている『ショーシャンクの空に』とどっちにしようか迷ったのだけれど、
『お熱いのがお好き』は午後4時からもやっている!というのが決め手となって、東京の郊外・府中まで準急に乗って行ってまいりました。

無理して行ってよかった♪
この映画、何回か観ているけれど、すべてテレビで途中にはCMが入ってた。
それを最初から通しで、しかも大スクリーンで観ることができたんだもの。
それにこの映画、有名なセントバレンタインデーの虐殺(1929.2.14)に似せたエピソードがきっかけで物語が展開していくので、この時期に観るにはピッタリなんだね。

主人公は、マフィアによる虐殺現場を目撃してしまったばかりに女の子だけのバンドに女装して潜り込みシカゴを逃げ出した二人のバンドマン。扮しているのは、大好きなジャック・レモンと、今もご健在のトニー・カーティス(84才だって!)。2人は同い年なんだな。
今回、ちょっと驚いたのはトニー・カーティスの身の軽さ。今ならスタントマンがやりそうなことを軽々とこなしてる(昔は当たり前だったのかな?)♪
2人の女装も笑えるけれど、脚本(ビリー・ワイルダーとI・A・L・ダイアモンドの共作)が上手いから掛け合いだけでも笑えちゃう。
しかもお話はテンポがいいし転換も鮮やかで無駄もない。さすがビリー・ワイルダー監督♪

女性だけのバンドに潜り込んで、いきなり2人が目をつけたのがマリリン・モンロー扮するシュガー。
バンドでの彼女のパートはウクレレなんだけど、それはお飾り(^^。担当するのはもっぱらボーカルなので、彼女の歌声を堪能できるのもこの映画のいいところ。あの有名なナンバー「I Wanna Be Loved by You」(ププッピドゥー♪ってやつ!)も聴けます♪

そして、ジャック・レモンファンには堪らないシーンがやってくる。
レモン扮するダフネがモンロー扮するシュガーと寝台列車の狭いベッドで添い寝をするシーンだ。
a0037414_10374028.jpg

マリリンみたいな女の子にピタッとくっついてこられて、ウィスパーボイスで甘い吐息を吹きかけられたら、そりゃあどんな男だって全身いきり立っちゃう。だけど、男だとバレちゃいけないから「俺は女だ、女だ」って必死に自分に言い聞かせて我慢するレモン。
その必死の様は、何度見ても笑えちゃう。

a0037414_11211779.jpg


寒さと暗さに沈むシカゴから、一転フロリダの太陽の下に舞台を移して進むという転換の妙もあって、2時間はアッという間。
だけど、今回調べてみて「へえ~」と思ったのは、フロリダのホテルだと思ってたらカリフォルニアのサンディエゴのホテルだったみたいね、撮影地。

それはそれ、オーストリアからナチスの迫害を逃れて亡命してきたビリー・ワイルダー監督だけあって、さりげなく母国の偉人フロイト博士の名前を出すシーンがあったりと、新しい発見もあって十二分に楽しんだ2時間でした。
今どきの映画はエンドロールがやたらと長いので、それが無い!というのもとっても新鮮でしたよ。

料金も千円だし、また行ってみたいな、『午前十時の映画祭』♪
[PR]
by kiyotayoki | 2010-02-12 12:15 | 映画(あ行)