「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

<   2010年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

雑司ヶ谷周辺の蔵 其ノ弐


今回、雑司ヶ谷界隈を巡ってみて、この界隈は脳内地図の空白地帯だったんだなぁと改めて思い知った。
目に飛び込んでくる景色がどこも新鮮だし、
こんな昭和な風景が東京にまだ残ってたんだぁとびっくりしてしまったからだ。
まあ無理はないか。車で移動する場合は幹線道路を走ってしまうので、こんな狭い路地には決して入り込まないもの。

狭い路地の先にあった鬼子母神堂に足を踏み入れたのも、もちろん初めてだった。
鬼子母神は「きしぼじん」だと思ったら「きしもじん」と読むんだね。
境内では、赤ん坊を抱えた女性とその家族を見かけたけど、それもそのはず、鬼子母神は、安産・子育の神様だからなんだな。

あまり信心深くないので、お堂はそっちのけで境内を見て回った。
で、見つけたのがこちらの駄菓子屋さん、「上川口屋(かみかわぐちや)」。創業が1781年って本当?!
a0037414_858245.jpg

江戸時代から続くというこの老舗の駄菓子屋。
帰って調べてみたら、徳川家慶も立ち寄ったと伝えられる東京で最も古い駄菓子屋さんなのだそうな。
お顔をちょっとだけ拝見した駄菓子屋のおばあちゃんはなんと13代目だというから驚き。
それを知っていれば、何か買ってお喋りでもさせてもらえばよかったなぁ。


さてさて、寄り道はそれぐらいにして、肝心のお蔵探しだ。
雑司ヶ谷駅のお蔵のことを教えてくださったこりぶ~さんに、
新たなお蔵を発見してお返しをするという目標を達成しなくっちゃ。
でも、曇天で空は薄暗く、午後4時を過ぎたせいか気温はますます下がってきた感じ。
自転車のハンドルを握る手もかじかんできたし、これ以上撮影環境が悪くならないうちに一軒でもいいから見つけなくては・・・・。

だけど、雑司ヶ谷周辺は丘陵地帯で、道のアップダウンも激しい。
なかなか見つからないし、弱ったなぁ、もう諦めようかなぁと思いながら、
狭い路地の角を曲がって何の気なしに右方向を見上げたら・・・

        あっ


a0037414_2249372.jpg

雑司ヶ谷駅前のお蔵とそっくりな石造りのお蔵に小さな小屋がくっついていて、煙突からは湯気が出ていた。
いったい何に使われているんだろう。まさか、お風呂?
ま、それはともかく、現役であることは確かだ♪
a0037414_22502243.jpg


a0037414_2251217.jpg

場所は、雑司ヶ谷1丁目あたりです、たぶん。。。
行きあたりばったりで見つけたお蔵なので、
ここへ案内しろと言われても、二度と行き着けそうにありません(^^;


そうそう、こないだお風呂の中で思いついたことだけど、
お蔵が大好きでお蔵のことを記憶と記録に留めようとする物好きな人、つまり私やこりぶ~さんのような人間です。
そういうある意味マニアックな人間を、これから「コラムニスト」ならぬ「蔵見(クラミ)ニスト」
と呼ぶことにしようかなと勝手に思っております。

あなたも蔵見ニストになってみませんか。
楽しいですよ~♪(?_?)♪
[PR]
by kiyotayoki | 2010-03-30 17:26 |

雑司ヶ谷周辺の蔵 其ノ壱

3月末とは思えない寒~い日曜日。
買い物に出たついでに、こりぶ~さんから教えていただいたお蔵を探しに
自転車で都電「雑司ヶ谷駅」まで行って来た。
こりぶ~さんによると、雑司ヶ谷駅から見える蔵は、すさまじいらしいのだ。
なにしろ、まわりに何もないのに蔵だけがそびえ立ち、遠くにはサンシャイン60が見える、というのだから。
a0037414_23171396.jpg

都電・荒川線は、都内に唯一現存する路面電車。
今回、都電にも高架下の通路があることを初めて知った。
こういうのが発見できるのも、小回りの利く自転車での散策ならでは、かな。
a0037414_2365474.jpg


そして、いよいよ雑司ヶ谷駅へ。
辺りを見回すと・・・・

あっ、あったぁ♪♪

雑司ヶ谷に屹立するお蔵とは・・・
[PR]
by kiyotayoki | 2010-03-28 23:03 |

『フィリップ、きみを愛してる!』(2009 仏)

ユアン・マクレガーファンの女性客は、彼が心優しいゲイに扮するこの映画をどういう気持ちで観たんだろう・・・。
となりに女性の一人客がいたこともあり、それが最後まで気になって気になって(^^ゞ。

a0037414_11521380.jpg

原題:『I LOVE YOU PHILLIP MORRIS』(97分)
監督・脚本:グレン・フィカーラ ジョン・レクア
原作:スティーヴ・マクヴィカー
音楽:ニック・ウラタ
出演:ジム・キャリー
   ユアン・マクレガー
   レスリー・マン

ジム・キャリーの相変わらずの怪演が楽しめる作品だけれど、それ以上にユアン・マクレガーの控えめでナイーブなゲイの演技を堪能した一作だった。
そのナヨナヨぶりは、歌舞伎の女形の仕草を見て研究したのではと思ってしまうほどでありました。
あまり期待していなかった分、大いに楽しめましたよ♪

ジム・キャリー扮する、IQ164の天才詐欺師・スティーヴンは、
収容された刑務所で心優しいフィリップ(ユアン)に一目惚れ。
スティーヴンはフィリップを幸せにしたい一心で、彼に内緒で詐欺を繰り返し、念願の2人きりのハッピーセレブ生活を実現。
が、それも束の間、詐欺が発覚し、再び投獄されることに。
それでも、たった一言、フィリップに「愛してる」と伝えるために、
人生の全てを賭けて詐欺と脱獄を繰り返す、というアンビリーバボーな物語。
これが実話を元にしたストーリーだというんだけど、どこまでが真実で、
どれくらいフィクションでまぶされているのかは???????(^^;
とにかく嘘のようなホントの話・・・・なんだよね、たぶん。

a0037414_10104023.jpg

だけど、ユアン・マクレガー扮する心優しいゲイの名前がフィリップ・モリスだなんて、
タバコ会社じゃあるましい、どうも怪しい。実話だとは、にわかには信じられない。
実話だけに本名を明かすわけにはいかず、偽名にしたというのならわかるけど。

じゃなぜフィリップ・モリスにしたか・・・。
考えられる理由は2つかな。
①ひょっとしたらフィリップモリスはゲイ御用達のタバコだったりして。
②ゲイだけに、くわえて吸うタバコを男の男性自身に喩えると、なんとなく・・・・。

おっととと、これ以上書くと、変なトラックバックやコメントが殺到するかもしれないので、
このあたりで自粛、自粛(;^^A

監督は、これまで「バッドサンタ」や「キャッツ&ドッグス」などの脚本を手掛けたコンビらしいけど、
監督業はこれがデビュー作なんだとか。


オープニングとエンディングの青い空に浮かぶ雲がやけに印象に残る映画でもありました(^^。

a0037414_2217930.jpg


原作者のスティーヴ・マックヴィカーはジャーナリストで、詐欺と脱獄を繰り返した実在の詐欺師
スティーヴン・ラッセルとその周辺の人々のインタビューをもとに書き上げたそうで、
スティーヴンがフィリップ会いたさに4度も脱獄を繰り返したのは紛れもない事実なんだそうな。
[PR]
by kiyotayoki | 2010-03-27 22:19 | 映画(は行)

続・俳優そっくり犬  その47

a0037414_17282432.jpg
Googleが中国政府によるネット検閲に反発して
中国本土から撤退したというニュースを聞いて、
すぐに思い出したのがこの映画、
『北京のふたり』
(原題:RED CORNER 1997)だった。

映画が公開された1997年というと、香港が返還された年だ。
改革開放政策が進められていたとはいえ、中国はやっぱり共産党独裁のちょっと怖い国なんだなぁという思いを強くした映画ではあった。

リチャード・ギア扮する主人公が立ち向かわざるを得なくなるのは、当時の中国の人権無視的な裁判制度。
謀略で殺人の罪を着せられた主人公が、唯一人の味方である中国人女性弁護士と力を合わせて、巨大な力に立ち向かっていくというもの。
中国からすると噴飯モノというより言語道断の内容だったのだろうけど、さて、今の中国はどれくらい民主化されているのでありましょうか。

当時、47才だったリチャード・ギアも、今はもう還暦を過ぎちゃってるんだね。
今回のそっくり犬は、孤立無援の中に置かれた映画の主人公そのものといった感じのギア似のワンちゃんです。

孤立無援のギア似犬
[PR]
by kiyotayoki | 2010-03-25 10:15 | 続・俳優そっくり犬

続・俳優そっくり犬 その46

a0037414_21513130.jpg

連休中にTVで『デュプリシティ』(2009)という映画を観た。
激しく競合する2つのライバル企業からそれぞれ産業スパイとして雇われた元CIAと元MI6の2人が繰り広げる諜報合戦をユーモラスに描いた作品。設定は面白そうだったんだけれど、印象に残ったのはちょっとお年を召したジュリア・ロバーツのワイドなお口だけだったかな(^^;。
顔はクライヴ・オーウェンのほうが断然大きいのに、お口はホラこの通り。
a0037414_214681.jpg

いやいやもう一人、印象に残った人がいた。この人、ポール・ジアマッティだ。野心家のワンマン社長を“らしく”演じてらっしゃった。
1967年生まれってことは、年齢はジュリアと同じなんだね。
a0037414_21415133.jpg


今回のそっくり犬は、この個性派俳優に似たワンちゃんです。

ポール・ジアマッティ似犬
[PR]
by kiyotayoki | 2010-03-23 22:08 | 続・俳優そっくり犬

探せばあるもんだ、蔵♪♪ (文京区小日向)

朝からガッカリな出来事が・・・。
起きざまにメガネを踏んづけてフレームを壊してしまったのだ。

コンタクトレンズを長時間つけているわけにはいかないので、
仕方なく、チャリを飛ばしてメガネショップへ。

予定外の出費(>_<)。
しかもレンズに合うフレームが一つしかなくて、自分では決して選ばないものになっちゃった(^_^;)。
このまま帰ったら、心のモヤモヤが晴れない。

そこで、せっかく隣りの文京区まで来たので、勘を頼りにお蔵探しをすることにした。
文京区では先日、ひとつお蔵のある場所をを教えてもらったし、
新宿区より古い町並みが残っているので、探せば見つかるんじゃないかという予感があったからだ。
それに自転車だと小回りが利くし、細い路地にも入り込める。

ところがどっこい、文京区は新宿区同様、坂道が多い。
文京区の上り坂は新宿区以上に距離も勾配もあって、かなりハードでございました(^^;

なんでも文京区には113の坂があるらしい。これは東京の坂の3分の1にあたるんだそうな。
ひょっとして文京区は、自転車普及率が低いんじゃないだろうか(@_@;)。

だけど、その苦労の甲斐あってか、高台の路地で見つけちゃいました。
ちゃんと保存され、しかも現在も使われているらしきお蔵を!!

それがこちら♪♪
[PR]
by kiyotayoki | 2010-03-21 23:12 |

茂井健司さんの鏡アート

a0037414_1322120.jpg
JR甲府駅の近くで開催中の『街のアート展 蘇生する空間』を見に
はるばる山梨へ出かけた。
鈍行列車で約3時間。昼間っからビールとおつまみをやりながらの楽しい小旅行でありました(^^ゞ

展覧会に使われているビルは、かつてはJR職員が仮眠をとったりしていた場所らしい。
まもなく取り壊しになるというのだけれど、そういった場所の記憶を掘り起こすテーマ、
「蘇生する空間」に基づくインスタレーション作品が展示されておりました。

a0037414_13122417.jpg
お目当ては、友人の茂井健司さんの作品。

茂井さんは、このところ鏡を使って“気づき”をテーマにした作品づくりに力を入れていらっしゃる。
今回は、そんな茂井さんの
「meeting point・会議室」
「meeting point・仮眠室」
という2つの作品を見ることができた。

右の写真は、「meeting point・会議室」と、
作者の茂井さん。

鏡の上を直に歩き、寝転ぶことで、
意外な風景、意外な自分に気づかせてくれるというもの。

下は、「meeting point・仮眠室」。
元は仮眠室に使われていた小さな部屋の中に、6面のうち窓を除く5面が鏡に囲まれた空間が設えてある。
写真は、畳一畳ほどの鏡の部屋に寝て撮った摩訶不思議な世界です。
a0037414_1415896.jpg


a0037414_133064.jpg


a0037414_13313275.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2010-03-20 13:38 | ART

蔵にまつわる意外な接点


いやあ、驚いた。

先夜、自由が丘で20代の若者と会食をしたのだけれど、
なんとその彼が先月この世から消えてなくなった蔵の所有者の孫だ
ということが判明しちゃったのだ!

a0037414_18545281.jpg
件の“蔵”は、先月東京からお蔵が消えていくという記事でご紹介したお蔵のこと。

かなり古そうなのに、あまり傷みの見られない凛々しい立ち姿のお蔵だった。
それが先月、マンション建設のために母屋と一緒に取り壊されてしまったのです。

そのお宅に住んでいたのが、夕食を共にした若者のお祖母さんだったというの。
なぜそれがわかったのかというと、
最近クセになっているひとこと
「この辺りにお蔵のある家ってない?」を僕が口にしたから(^^;

すると若者が、
「この辺じゃないですけど、牛込北町のお祖母ちゃんが住んでいた家に・・・」
と、語りだしたのだ。
それがまさに先月取り壊されたお蔵だったというわけ。


お祖母さんが亡くなり、親族会議で邸宅を壊しマンションに建て替えることになったのだとか。
聞くと、彼も子供の頃、2、3度蔵の中を探検したことがあったらしい。

いやあ、しかし、こんな偶然ってあるかしら。
これこそユング博士のいう「シンクロニシティ(意味のある偶然の一致)」なのかもしれないね。

それにしても、数ヶ月前にこの若者と知り合っていれば、お蔵見学をさせてもらえたかもしれないんだよね。
そう思うと、ほんっとに残念!!
[PR]
by kiyotayoki | 2010-03-18 11:33 |

『シャーロック・ホームズ』(2009 米)

a0037414_10595022.jpg
個人的なシャーロック・ホームズのイメージは、この方、ジェレミー・ブレット版ホームズで定着してしまっている。
80年代にNHKでやっていた英国製のテレビドラマで、
当時は毎週楽しみに見ていたものだし、この人ほどホームズを
体現した人はもう出てこないんじゃないかと思ってた。


それだけに、今回の意外とも思えるロバート・ダウニー・Jrを器用してのホームズは、
さて、どうなのか、興味津々で映画館へGOしたのでした。

a0037414_1172874.jpg

原題:『SHERLOCK HOLMES』(129分)
監督:ガイ・リッチー
脚本:マイケル・ロバート・ジョンソン他
音楽:ハンス・ジマー
出演:ロバート・ダウニー・Jr
   ジュード・ロウ
   レイチェル・マクアダムス

ロバート・ダウニー・Jrのホームズは、ホームズにルパン三世を足して2で割ったようなキャラクター・・・、いや、かなりルパン三世に近いキャラクターでありました。
頭脳明晰なのはもちろんだけれど、ユーモアのセンスや敏捷性だってルパン三世に負けちゃいない。
とにかく、やんちゃなホームズなのです。
しかも、ルパンが峰不二子に弱いように、ダウニー・ホームズもアイリーン(R・マクアダムス)の前では冷静さを欠いてしまう。
なので、つい気を許したばかりに、目が覚めたらこんな目に遭っていたりする(汗;)。

a0037414_16212387.jpg

そう考えると、W主演のような形のジュード・ロウ扮するワトソン博士も、
なんか次元大介に似たキャラクターのような気がしてきちゃう。
アイリーンは、まさに峰不二子みたいなキャラだし。

じゃ、銭形警部の役割のキャラはっていうと、ええ、見かけはちょっと違うけどちゃんといらっしゃる。
キャラとして見当たらないのは、石川五ェ門役ぐらいか。

というわけで、ルパン三世が好きな人なら、この映画も楽しめると思います。

ま、これはこれでアリなのかなと思わせるホームズ映画でありましたよ(^_^)v

評判さえ良かったら続編を作る気満々の終わり方だったしなぁ。
[PR]
by kiyotayoki | 2010-03-15 09:05 | 映画(さ行)

またも風前の灯火のお蔵発見

a0037414_20525490.jpg

                     ああ、またこの看板を見ることになるなんて・・・・。
                     この看板だけは見たくなかったんだけどなぁ。

              護国寺の近くにある金魚屋さんにメダカ用の水草を買いに行った時、
              お店のおばさんに駄目モトで訊いてみたのです。
              「この辺りに、ひょっとしてお蔵はありませんか」って。

              そうしたら・・・ 

              「あるよ」
              「えっ、ホントですか♪♪」
              「だけど、もうすぐ壊されちゃうけどね」 

              ええっ、そ、そんなぁ。 

a0037414_205542.jpg

              おばさんによると、お蔵の持ち主が家とお蔵をまとめて売却してしまったのだそうな。
              看板によると、6月末からマンションへの建て替え工事が始まるらしい。
    
a0037414_2185651.jpg

              思えば、このお蔵の不幸は、大通りに面した家の一部だったからかも。
              だから、この不況下でも買い手が付きやすかったのかもしれない。
              もっと奥のほうに建っていたら、もう少しは生きながらえたかもしれないのに・・・・。
              ホントに残念です。                       
               
 
[PR]
by kiyotayoki | 2010-03-14 21:19 |