映画の心理プロファイル

<   2010年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

『今日からヒットマン』(2009 日)

元々、日本映画はあまり観ない上に、
日本のアクション映画って、なんだかちゃっちい感じがして余計に敬遠してしまうのだけど、
これは、たまたまチャンネルを替えたら丁度始まったところで、ついつい見始め、
とうとう最後まで観てしまった。

というのも、設定がちょっと面白そうだったから(^^。

a0037414_9153989.jpg

(101分)
監督:横井健司
原作:むとうひろし
脚本:イケタニマサオ 我妻正義
音楽:遠藤浩二
出演:武田真治
   星野真里

武田真治扮する主人公は、一部上場の食品商社に勤める営業マン、稲葉十吉(34歳)。
このごく普通のサラリーマンの人生がある日ガラリと一変してしまうところから物語はスタートします。
それはある深夜、接待の帰りに飲酒運転をして人身事故を起こしてしまったのがきっかけ。

恐る恐る車から出てみると重傷を負った男が銃を手に立っている。
男は殺し屋“二丁”と名乗り、自分の代わりに標的を殺害せよと命じて息を引き取ってしまう。
しかもその死に際、二丁は、標的が死なず囚われている自分の女が助からなければ、十吉とその家族を殺害するよう謎の犯罪組織“コンビニ”に依頼してしまう。
このままでは最愛の妻が殺されるという事態に直面し、もはや十吉に言い訳や選択の余地は残されていなかった…。

と、そんなわけで、頼りないただのサラリーマンが“むりくり”ヒットマンにさせられてしまうという
無茶な設定にちょっぴりそそられてしまったのでした。
同じヒットマンを主人公にしたコメディ映画に『隣のヒットマン』(2000)というブルース・ウィリス主演の作品があったけど、似たようなノリの楽しい作品に仕上がっているかもという期待もあった。

この無茶さ加減、原作は漫画だな、と思ったら案の定、むとうひろしという漫画家の人気アクション漫画が元ネタだった。

興味の大半は、銃を持ったことさえない主人公に果たしてヒットマンの仕事が務まるのかというところ。
まあ、そんなこと、実際はできるわけはないし、あり得な~いのだけれど、
それをいかにあり得るように見せられるかに映画の成否がかかってる。
この作品では、主人公が営業マンの心得を思い出して危機を脱するというひねり技を披露してくれていた。
たとえば「交渉相手の名前を忘れるべからず」という社則を思い出した主人公、耳に残った標的の名前を思い出し、
咄嗟にその名で相手に呼びかける。
突然名前で呼ばれた標的は動揺し、思わずスキを作ってしまうという寸法(^^ゞ。

設定はわりと面白く、展開も一応スリリングだったのだけれど、ちょっと残念だったのは、
登場人物、特に主人公の標的たちがこの映画のタイトル『今日からヒットマン』同様にとってもコンビニエンスだったところ。
低予算の映画だから仕方がないのだろうけど、役者がみんな若くて軽くて存在感が希薄なのだ。
主人公に自分の代わりにヒットマンになれと無理強いする伝説のヒットマン“二丁”からして
若くて軽くて“伝説のヒットマン”にはどうしても見えなかった。
まあ、ヒットマンがみんながみんなゴルゴ13みたいな奴ばかりじゃないとは思うけれど、
やっぱり“らしさ”は大切だよね(^^ゞ。


a0037414_1146298.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2010-07-31 11:47 | 映画(か行)

ロンドン・ダンジョンの怖~い広告

半月ほど前のネタで恐縮だけど、英国の首都ロンドンの地下鉄に設置されたとある広告が、
“怖すぎる”という理由から撤去されたというニュースがあった。

その怖すぎる広告というのは、イギリスのお化け屋敷“ロンドン・ダンジョン”の液晶ディスプレイ広告。
1553年から1558年にかけて300人以上のプロテスタントを生きたまま火あぶりにかけたイングランド女王、
メアリー1世が恐ろしいゾンビにかわるというもの。
その映像がこちら( )。個人的にはそれほど怖くなかったんだけど、心臓の弱い人はどうでしょう(;^^ゞ。



それにしても、人はなぜわざわざ怖い思いをしたがるのでしょうね。

精神分析学の生みの親であるフロイト博士はこう言っています。
「人には2大欲求がある。一つはエロス、生の欲求。そして、もう一つはタナトス、死の欲求である」
人は「生きたい」という欲求と同じくらい「死にたい(破壊したい)」という欲求も持っているというのです。
エロス欲求があるからこそ人類は生を謳歌し子孫を残そうとするし、タナトス欲求があるからこそ自殺もしてしまうし殺人や戦争も起こしてしまうということ。
けれど、タナトス欲求は一度発動してしまうと取り返しがつかない。ひとつしかない命をそう易々とは手放せませんものね。
そこで、人はその代償として、死の疑似体験をすることで満足しようとするのかも。
だからお化け屋敷やホラー映画に人は恐る恐る、でも喜々として殺到することになるのでしょうか。

人がわざわざ怖いものを見たがる傾向があることは、脳科学的にもこんな説明がなされています。
恐怖に関する脳の研究によると、恐怖によって活性化する脳の神経系は、快感に関連する神経系と同じらしいのです。
快感と恐怖という一見正反対の感情には共通部分があるということ。
しかも、お化け屋敷やホラー映画は身の安全が保証されているので、純粋に恐怖だけを“楽しめる”。
だからなんでしょうかね、人がわざわざ怖い思いをしたがるのは(^^ゞ。
さて、あなたはいかがでしょう。


a0037414_2061424.jpg

        ウォッカベースのカクテル“ブラッディ・メリー”。名前の由来は、そう、あのメアリー女王です。
[PR]
by kiyotayoki | 2010-07-29 20:11 | 閑話休題

『ハロルドとモード/少年は虹を渡る』(1971 米)

日本では38年ぶりの公開だというので、新宿武蔵野館まで足を運んだ。
アメリカン・ニューシネマに属する作品で、
いまだにカルト的な人気を博しているという噂の『ハロルドとモード』。
『少年は虹を渡る』というサブタイトルがついている。
監督は、おお、『さらば冬のかもめ』や『チャンス』のハル・アシュビーだ。

a0037414_9302874.jpg

原題:『HAROLD AND MAUDE』(92分)
監督:ハル・アシュビー
脚本:コリン・ヒギンズ
音楽:キャット・スティーヴンス
出演:バッド・コート
   ルース・ゴードン

映画は、いきなり主人公ハロルドの首吊り自殺シーンから始まる。
首を吊った直後、部屋の外から足音が聞こえてきて、母親が入ってくる。
「ああ、これで母親が悲鳴をあげながら駆け寄り、下から支えて息子を救出してめでたしめでたしか・・・」
と思いきや、母親は息子には知らんぷりで電話をかけ始め、電話を終えるとため息をついて出ていってしまう。
なんとハロルドは母親の前で自殺を演じる悪戯を趣味にしている若者だったのだ。
度重なる息子の狂言自殺に、母親はすっかり慣れっこになっていたのでした。

そんなエピソードから始まる、コミカルかつシニカルな作品。

a0037414_13441059.jpg
ひょろっとしたモヤシ体型で童顔のハロルドを演じるのは、バッド・コート。
当時、22歳ぐらいだったのかな。19歳の男の子を演じているんだけど、
もっと若く見えるほど童顔です。
この人は、アルトマン監督の『バード・シット』でも鳥のように空を飛ぶことを夢見る風変わりな若者を好演していたけれど、このハロルドもまさにハマリ役。
そのハロルドが恋をしてしまうのが、なんと79歳の小柄な(150㎝くらい?)おばあちゃん。
演じているのは、ルース・ゴードン。この時75歳。

2人の出会いの場は、埋葬の儀式を行っている墓地。
実は2人共、他人の葬儀に参列するのを趣味(?)にしていたのだ。
恋に落ちる条件のひとつに「価値観が同じか近いこと」があるけれど、2人は死に対する価値観が近かった。
それが60歳という年の差を乗り越えられた理由のひとつなのかも?
もうひとつ、2人には共通点があった。それは「見捨てられ感」。ハロルドは親から見捨てられていると感じていたし、モードは社会から見捨てられていると思っていたのじゃないかしらん。
ハロルドが狂言自殺を繰り返すのは、自己チューな母親に注目して欲しかったからなのだろう。
また、モードが天衣無縫に暮らしているのは世間が自分に無関心なら自分も勝手にいたしますわって感じなのかも。

とにかくモードおばあちゃんの天衣無縫ぶりは自殺マニアのハロルドも驚くほど。
a0037414_10293599.jpg
ハロルドだって金満家の母親からプレゼントしてもらったジャガーを霊柩車に改造して(意外にカッコイイ)乗り回している“変人”なのだけど、
モードは神出鬼没のおばあちゃんで、魔法の鍵(?)を持っていて他人の車を平気で拝借して乗り回すし、交通法規なんか完全無視(しかも無免許)(^^;。
白バイに追われても、警官の裏をかいて今度は白バイを拝借して逃げ出しちゃう。
そんなモードの謎めいた過去が一瞬だけど垣間見えるシーンがあった。

腕にアトランダムな数字が刻印(入れ墨)されていたのです。
モードおばあちゃんは、不幸な過去を持つユダヤ人だったということ・・・。
モードおばあちゃんの独自の死生観は、そんな過去から築き上げられたものだったのかな。

物語はいかにもアメリカン・ニューシネマ的な、やや唐突な終わり方をするのだけれど、
お話自体はテンポも良くユーモラスに進行するので、観た後に爽やかさを残す作品ではありましたよ。
ところどころに挿入されるキャット・スティーヴンスの曲も、懐かしい感じのするメロディでテンポを出すのに貢献しておりました。








a0037414_1227387.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2010-07-28 12:34 | 映画(は行)

大井競馬場

a0037414_10113495.jpg

猛暑の昼下がり、電車を乗り継いで大井競馬場へ。
長らく東京に住んでいるけれど、こういうところに遊びに来たのは初めてのこと。
駅を降りて、競馬場の敷地沿いに歩いていくと、まずはニオイのお出迎えがあった。
久しぶりに嗅ぐ家畜のニオイ。きっと壁の向こうに厩舎があるんだね。

目的地は、この競馬場内にあるダイアモンドターンという競馬観戦もできるレストラン。
そこで中学校の同窓会が催されることになっていたのです。

a0037414_10524274.jpg


競馬場の入場料は100円。
安い!だけど、中に入ったらその何倍何十倍もお金を使うことになるんだから、タダにしてもいいと思うけど(^^;
レース場を眼下に望めるレストランは冷房が効いていたので、暑い中を歩いてきたせいか余計に別世界に感じたな。

a0037414_1115193.jpg


地方競馬場である大井競馬場のウリのひとつは、日が暮れてからのトゥインクルレース。
この日はほぼ満月(空の左のほうに浮かんでいるのがお月様)。
その月明かりをかき消すほどの電飾が光り輝く中で行われるパノラミックな競馬は一見の価値がありましたよ。
ただ、冷房の効いた遠い室内から眺めているだけなので、音もほとんど聞こえなくて臨場感はイマイチだったけれど。


会話もはずんで楽しい同窓会だった。けど、財布が軽くなったのは哀しくも情けなかったデス。
ビギナーズラックを期待してたんだけどなぁ(^^;


a0037414_11495366.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2010-07-26 11:22 | 閑話休題

『パッセンジャーズ』(2008 米)

ミスディレクションという言葉がある。
これは心理学用語ではなく、マジック用語。
誤導」と訳されている。
観客を誤った方向へ導いていく、つまり真実から遠ざけることで、
あたかも不思議なことが起きたように思わせてしまうテクニックのこと。
マジックの基本とされるものだけど、この映画もミスディレクションが随所にちりばめられ、ミステリー度を高めておりました。

a0037414_13574026.jpg

原題:『PASSENGERS』(93分)
監督:ロドリゴ・ガルシア
脚本:ロニー・クリステンセン
音楽:エド・シェアマー
出演:アン・ハサウェイ
   パトリック・ウィルソン
   デヴィッド・モース

飛行機事故から奇跡的に生き延びたパッセンジャーズの心のケアを受け持つことになった
女性セラピストが経験する奇妙な出来事を綴った物語。

a0037414_1239204.jpg
セラピストのクレアは夜中に恩師からの電話で呼び出され、
旅客機の墜落事故で奇跡的に生き残った5人の男女のカウンセリングを担当することになる。
ショックで呆然とする生存者が多い中、エリックという男性だけは妙に機嫌がいい。
しかも自分のコーヒーの好みから姉の存在まで言い当てる。
事故のショックで躁状態になるケースはあるけれど、ESPの能力まで開花することがあるのだろうかと首を傾げるクレア。
気になることはまだあった。航空会社は「パイロットの過失」と公式発表しているのだけれど、
生存者達の記憶は「墜落の前に爆発があった」「いや、なかった」などと食い違っている。
しかも、何者かに監視されているようだ。
そんな中、生存者たちが1人ずつ行方不明になっていく。胸騒ぎを覚えるクレア・・・。

・・・・と、お話は静かに、けれどサスペンスタッチに進んでいく。
そこにミスディレクションがちりばめられているのだけれど、
どこにどういうミスディレクションが仕掛けられているかを書くとネタバレになってしまう。
そこがこの手の映画のレビューを書く難しさかな(^^;

ミスディレクションが仕掛けられていることは、途中でだんだんわかってきて、
なんだその手できたのかと思ってしまうのだけれど、とはいえしみじみと浸れるラストが用意されているので後味は悪くありませんでしたよ。

そうそう、監督のロドリゴ・ガルシアは、ノーベル賞作家ガルシア・マルケスの息子さんなんだとか。


a0037414_11371018.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2010-07-25 11:49 | 映画(は行)

神楽坂まつり

a0037414_1221482.jpg

ご近所の神楽坂商店街で毎夏恒例のお祭をやっていたので、
熱帯夜にもめげず、そぞろ歩いてきた。
いや実際は、大混雑で満足にそぞろ歩くこともできなかったのだけど(^^;。

それでも、ずらりと並んだ特設の屋台で、パエリアだのメンチカツだのモヒートだのをあれこれ
買い込んで、通りの裏のふくねこ堂さんでご近所さんたちとたらふく飲み食いしてまいりました。
屋台をやっているのは神楽坂界隈の飲食店や専門店なので、味はどれも保証付き(^^。


今夜と明日は、阿波踊り大会だそうで、これまた盛り上がりそうだ。

a0037414_1348277.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2010-07-23 18:39 | 閑話休題

ブユ?ブヨ?

電車に乗っていて、“虫さされの薬”の広告が目に入った。
見るとはなしに見ていたら、「????」

a0037414_11244331.jpg
というのも、「ブユ」という文字が目に飛び込んできたから。

ブユ?
ブヨの間違いじゃないの?
だけど、広告でこんな誤植をするなんて思えないしなぁ。

で、帰って調べてみてびっくり。

あらら、「ブユ」で正解なんだね。
ウィキペディアには、
 ブユ(蚋)は、ハエ目(双翅目)・カ亜目・ブユ科(Simuliidae)に属する昆虫の総称。
 約50種が存在する。ヒトなどの哺乳類から吸血する、衛生害虫である。
 関東ではブヨ、関西ではブトとも呼ばれる。

とあった。

あらま、ブヨは関東だけ(関東以北?)の呼び方なんだ。

・・・・だけど僕、生まれは九州(熊本)なんだけどな(^^;。
子供の頃は何て呼んでたんだろ。「ブト」なんて呼んでた記憶ないしなぁ。




a0037414_11411665.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2010-07-22 23:30 | 備忘録

『ハロルド・ロイドの巨人征服』(1923 米)

連休中、三鷹まで活弁映画を観に行って来た。
活弁映画というのは、無声映画に活動弁士が語りを付ける映画のこと。
今のトーキー(音声付き)映画が開発されるまでは、映画といえば活弁映画だったのだから、
映画の原点っていってもいいのかな。

観たのは、1930年頃に作られた日本映画『弱虫天国』と、
『豪勇ロイド』(1922)と『ロイドの巨人征服』(1923)というハロルド・ロイド主演の映画の合計3本。
弁士を務めたのは、女性活動弁士のパイオニア、澤登翠さん。

会場は親子連れが多かったので、小さい子供達が80年以上前に作られた無声映画に
どんな反応を示すかが気になるところだったけれど・・・

いやびっくり、大人はもちろん子供達の笑うこと、笑うこと!
スピーディでコミカルな動きに会場は爆笑また爆笑の渦だった。
サイレント時代のコメディは、言葉ではなく体で表現する笑いだから、普遍的なんだね。

a0037414_222738.jpg

原題:『WHY WORRY ?』(56分)
監督:フレッド・ニューメイヤー サム・テイラー
出演:ハロルド・ロイド
   ジョビナ・ラルストン
   ジョン・アーセン

3本の中で一番の長尺映画だったのが、この『ハロルド・ロイドの巨人征服』。
正規版は77分あるというから、10分ほど短いバージョンだったのかな。

大金持ちのロイドは、自分が繊細で病弱だと思い込んでいる男。
だから、病気の予防のために毎日大量の薬を飲むし、どこへ行くにも看護婦同伴。
何があってもいいように自家用車だって救急車だ。
そんなロイドが静養のために南米の島へ看護婦と執事同伴で旅に出るところからお話は始まる。
看護婦はロイドに片思いをしているのだけれど、ロイドは恋愛には無頓着。これはパターンだね。

着いた島(パラディソ)は南国の楽園・・・・かと思ったら、革命紛争の真っ最中でとても物騒なところ。
到着早々、3人はその騒ぎに巻き込まれ散り散りに。その上、ロイドは投獄されてしまう。
そこで同房となったのが、なんと身の丈2m67㎝(!)もある巨人コロッソ。
コロッソは悩みの虫歯をロイドに抜いてもらったことに恩義に感じ、それ以降はロイドのために献身的に働くようになる。

a0037414_175345.jpg
巨人を演じたのは、ジョン・アーセンという人。
活弁士の澤登さんの解説によると、この映画のためにハロルド・ロイド自らがスカウトしたんだとか。
アーセンさんはこれ以後48歳で亡くなるまで、いろんな映画で巨人役を務めたらしい。
にしても、2m67㎝というのはスゴイ!!しかも案外身軽で、アクションもできちゃう♪

というわけでこの映画、タイトルは『巨人征服』となってるけれど、巨人をやっつけるどころか、巨人とお友達になって助けてもらうお話なんだね(^^。

主演のハロルド・ロイドは、チャーリー・チャップリンやバスター・キートンと並んで「世界の三大喜劇王」と呼ばれた人。
なのに他の2人に比べるとあまり縁がなくて、今まで主演作は1本しか観たことがなかった。
ロイドのキャラクターが他の2人と比べると、地味な感じがしたせいもある。
でも、今回観てみて大反省。
ロイドは面白い♪♪


これを機会にロイドの出演作、全部チェックしてみたいな♪

a0037414_10323776.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2010-07-21 10:34 | 映画(は行)

『アザーマン―もう一人の男―』(2008 米・英)

映画『愛を読むひと』の原作『朗読者』の作者であるベルンハルト・シュリンクの
『逃げてゆく愛』という短編集の中の一編を映画化したもの。
出演陣はリーアム・ニーソン、アントニオ・バンデラス、そしてローラ・リニーと演技派ぞろい。
監督は『あるスキャンダルの覚え書き』(2006)のリチャード・エアー、
というのでちょっと期待して観た。

a0037414_11151260.jpg

原題:『THE OTHER MAN』(87分)
監督・脚本:リチャード・エアー
原作:ベルンハルト・シュリンク
音楽:スティーヴン・ウォーベック
出演:リーアム・ニーソン
   アントニオ・バンデラス
   ローラ・リニー

リーアム・ニーソン主演の映画には『ダークマン』(1990)という異形のヒーロー物があるけれど、
こちらの“アザーマン”はスーパーヒーローではありません。
アザーマン(もう一人の男)のタイトルが意味するのは妻の、もう一人の男、つまり、愛人のこと。

英国のケンブリッジに住むIT企業家のピーター(リーアム・ニーソン)は、
有名な靴デザイナーの妻リサ(ローラ・リニー)と結婚して25年。アビゲイルという娘(ロモーラ・ガライ)もいる。
円満に思えた夫婦だったが、ある日ピーターはリサ宛に来た見知らぬ男からのメールを読んでしまう。
妻は“レイフ(Ralph)”という名の男(アントニオ・バンデラス)と長年浮気をしていたのだ。
その上、妻のPCにはレイフとの淫らな写真まで隠されていた。
自分には見せたことのない妻の艶やかな表情に憤ったピーターは、
妻のふりをしてレイフに返事を送り、男のいるミラノへ旅立つのだった。

a0037414_1082059.jpg


男は女の4分の1。
この数字は何か?
実は「カンの鋭さ」が男は女の4分の1しかないというんです。
ドイツのある研究所が発表したものなのだけれど、逆にいうと女は男の4倍もカンが鋭い。
だから、女房は亭主の浮気にすぐに気づいてしまうのだけれど、男はどうもその辺りのカンが働かない。鈍い。
そのせいか、男が気づいた時にはもう収拾がつかなくなっていることが多い。
熟年離婚が増えている昨今、長年連れ添った妻に突然「別れましょう」と切り出されて青くなってる中年男性が続出しているのも頷ける数字ですよね。

ピーターもまさにその典型例で、長年続いていた妻の浮気にまったく気づいていなかった。
それだけに、驚き、怒り、嫉妬の念は尋常じゃなかった。
しかし、そこは理系のピーター。相手を完膚無きまでに叩きのめすためにはまず相手を知らねばと、
チェス好きなレイフが通う碁会所のような場所に出没して、チェス仲間として知り合うことに成功する。

知り合ってみてわかったことは、レイフという男が自分とはまるで対極の存在であること。
ファッションに気を使う伊達男で、口がうまくて遊び好きで女好き。しかも、よく聞いてみると、女にたかって生きてきた詐欺師であることがわかってくる。
妻はなぜこんな男に???混乱するピーター。

このあと、物語はちょっと意外な展開を見せていくのだけれど、これ以上はネタバレになってしまうので自重。

ただ、なぜピーターは妻のプライベートなパソコンメールを見ることになったのか。
なぜ、浮気のことを妻に直接問いたださないのか。
その理由が明らかにされてから、我が身に置き換えてかなり重苦しい雰囲気になっていったことは確かでありました。

果たして僕は、亡き妻のことをどれくらい理解していたのだろう・・・と。

a0037414_12285799.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2010-07-18 12:31 | 映画(あ行)

“Le Recyclé”  R.Wan

パリ祭(7月14日)のことを検索していて見つけたちよっと楽しいPVです。
フランスのR.Wan(エル・ワン)というミュージシャンが歌う “Le Recyclé”という曲。
ラップ風のフランス語の語感がなんだか楽しい。
PVを見ると、リサイクル(元に戻る)って意味がよ~くわかります(^^。




ちなみに「パリ祭」なんて呼ぶのは日本だけみたいで、
現地ではこの祝日は単にQUATORZE JUILLET(7月14日)と呼んでいるそうな。
日本でパリ祭と呼ぶようになったのは、
ルネ・クレールの名作『QUATORZE JUILLET』の邦題を『巴里祭』と訳して以来なんだって。
知らなかったなぁ。
[PR]
by kiyotayoki | 2010-07-17 10:34 | ART