「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

<   2010年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

George Harrison - Something

洋楽をよく聴くようになった頃にはもうビートルズは解散していたので、
それほどビートルズに夢中になったわけではないけれど、
ジョージ・ハリスンとエリック・クラプトンが同じ女性を愛していたってことぐらいは知っていた。

だけど、2人が愛した女性がどんな人だったのか、実は気にしたことがなかった。
2人を夢中にさせた人ってどんな女性だったんだろう、と今頃になって気になった。

そこで、まあほんとに今頃になって写真を探してみた(^^ゞ

a0037414_1049534.jpg

おお、アイドル顔のキュートな女性ではありませんか♪
お名前は、パティ・ボイド。18歳でモデルデビューしたというだけあって、スタイルもこの通り。

a0037414_105171.jpg

なるほどジョージとエリックが夢中になるわけだ。
ただ、出会ったのはジョージのほうが早かったようで。出会いは彼女が19歳の時。
その時のエピソードを読んでいて、「へぇ~、面白い」と思ったのはウィキペディアにあった下のくだり。

“最初にハリスンが彼女に言ったことの一つは「僕と結婚しないかい?」だった。
 ボイドが笑ったため、ハリスンは「じゃあ、結婚してくれないなら、今夜一緒に夕食を取らないかい?」と言った。”


むむ、これは「大きな要請を断った後は、その後の小さな要請に人は妥協しやすくなる」という
“ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック”ではありませんか。
ジョージは巧まずして心理テクニックを使っていたんだね。

それが功を奏したのか、結局、66年、彼女が22歳の時に2人は結婚することになります。

a0037414_1120332.jpg

おお、この写真のパティは、お騒がせ女優のエリカ嬢に似てません?
そのせいかどうかは知らないけど、パティもその後、ゴシップで世間を騒がせることになるんですね。

そんなことを調べていて、「あっ、そういえば!」と思い出したことがあった。
ジョージの作ったヒット曲で僕も大好きな“Something”のPVに、パティらしき女性が写っていたなと。
それがこちら。



随分前にこのPVは見たことがあったけど、迫力のあるオノヨーコさんの印象しか残っていなかった(^^;
考えたら、Somethingは愛するパティにジョージが捧げた曲だったって話だものね。
PVにはそれぞれカップルで出ているんだから、ジョージがパティと出ていて当然なわけだ。
それに気づかないとはホントに迂闊というか、なんというか(;^^A

ずっと片思いをしていたクラプトンが、パティを念頭にして“Layla”を作ったって話も有名。
2人の超有名なミュージシャンに愛と曲を捧げさせたパティはホントに天晴れな女性です。
ま、ひとりの女性に愛を捧げたハリソンとクラプトンがその後も親友関係を続けたのも天晴れといえば天晴れだけど。


こちらは、ポールが亡きジョージに捧げて歌った“Something”。
味わいのあるウクレレ演奏(ジョージからもらった物らしい)と歌声です。




a0037414_9105011.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2010-10-31 12:15 | ART

Santana - "While My Guitar Gently Weeps”

今月に入ってから、何の前触れもなく“ぎっくり腰”になってしまい、
通っていたスポーツクラブにも行けなくなっていたのだけれど、
やっといくらかマシになったので、プールでの水中ウォーキングから運動を再開した。

いやぁ、やっぱり運動するといいですね。
シャワーを浴びると、心身にたまっていたものが汗と一緒にサーッと流れてってくれる気がするもの。

それはそれ、通ってるスポーツクラブでは常時、音楽が流れているのだけれど、
いる間に何度か同じ曲が流れてきて、耳に残ってしまった。
それもそのはずで、知ってる曲だし、大好きな曲のひとつだったから。
その曲とは、ビートルズのWhile my guitar gently weeps
ジョージ・ハリスンが作った泣ける曲だ。
だけど、ヴォーカルが女性なのです。誰かが新たにカヴァーしたに違いない。

で、帰ってから、いろいろと調べてみたら、
あのサンタナが出した新曲だってことがわかった。それがこちら。



ヴォーカルは、アトランタ出身の女性シンガー、インディア・アリー。
この曲は、サンタナが最近出したGuitar Heaven: The Greatest Guitar Classics of All Time
というアルバムに収められているらしい。
アルバムのほうでは、チェリストのヨー・ヨー・マも参加しているんだそうな。
他の曲もギターの名曲ばかりだし、全部聴いてみたいものです。

そうそう、ジョージ・ハリスンといえば、来月の29日にはまた命日が来るんだな。
亡くなったのは、もう9年前になるのか(2001年11月29日)

ちょっと早いけど、彼を偲んで、本人の歌ってるWhile My Guitar Gently Weepsも、
もしよかったら・・・。
ポール、リンゴの他、エリック・クラプトンも参加しています。
George Harrison and friends - While my guitar gently weeps






a0037414_024758.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2010-10-30 00:25 | ART

この人は誰でしょう? その5


この人の今の写真を見つけた時は、ちょっとショックでした。
あらぁ、あの子がこんな青年になっちゃったかぁ。
まるで、「めっちゃ美味しいです」を連発するADの堀くんみたいなルックスじゃないの。

さて、この人は、子役の時どんな映画に出ていたと思います?

ヒント①:今は21歳ですが、あの超有名な映画に出た頃は10歳でした。

a0037414_2303458.jpg



ヒント②:15、6歳の頃はこんな顔。といっても、上の写真の数年前なので、変化は微妙ですが(^^;

a0037414_2324532.jpg



ヒント③:ローティーンの頃。思春期を迎えて、声変わりもしたであろう頃の写真。
     すでにこの頃には映画のイメージは消えていたんだなぁ(^^;

a0037414_233933.jpg


さて、この子役の名は・・・
[PR]
by kiyotayoki | 2010-10-28 09:39 | 閑話休題

この人は誰でしょう? その4


子役だった頃はとっても有名だった人っていますよね。
このクイズは現在の顔から子役時代の顔を思い出し、その人の名前を当ててもらおうというもの。

登場してもらう子役は、お顔の変化の意外性と僕の個人的な趣味で選んでいるので、
あまりポピュラーじゃない人も出てくるかもしれませんが、どうかご容赦ください。

今回は、あの映画の可愛らしい女の子は今、どうしてるんだろうと思って、現在の写真を探してみたんですが・・・。

さて、この女優さんは子役の頃どんな映画に出ていたと思います?

ヒント①:もうすぐ30歳になる彼女です。おお、美しく成長されているじゃありませんか♪
     知らなかったけど、今も女優として活躍していらっしゃるようです。 
     赤ちゃんの頃からCMに出ていたというから、芸歴も30年?
     そんな彼女が注目されたのは、約20年前、10歳の時に出演した映画がきっかけでした。

a0037414_2354834.jpg



ヒント②:こちらはハイティーンの頃の写真。
     面影はもちろんありますが、さて、わかるかなぁ。
     10歳の時、主演した映画には、あの有名子役マコーレ・カルキン君も出演していました。

a0037414_23161421.jpg



ヒント③:こちらは13歳の彼女。ここまできたら、あの映画を観た人なら
     わからないはずはありませんよね?
     ちなみに“あの映画”でパパ役をやっていたのは、ダン・エイクロイド。葬儀屋さんの役でした。

a0037414_18443693.jpg


さて、この子役の名は・・・
[PR]
by kiyotayoki | 2010-10-27 18:19 | 閑話休題

『あの胸にもういちど』(1968 英・仏)

去年、『やわらかい手』(2007)を観た時、若き日のマリアンヌ・フェイスフルが出ているこの映画も
是非観てみたいと思っていたのだけれど、先日やっとその願いが叶った。
“願い”というと大袈裟な感じがするかもしれないけど、
思春期の頃、TVで予告編を見ただけでドキドキしてしまった思い出の映画でもあったものですから(^^;


a0037414_13265052.jpg

原題:『LA MOTOCYCLETTE』(91分)
監督・脚本:ジャック・カーディフ
原作:アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグ
音楽:レス・リード
出演:マリアンヌ・フェイスフル
   アラン・ドロン

お話はとてもシンプル。
19歳の結婚したての人妻が、素肌に貼りつく黒革のボディスーツに身を包み、
大型バイクを駆って愛人のもとへと馳せ参じるというストーリー。
見どころは、撮影監督出身のカーディフによる当時としてはかなり斬新なタッチの映像と、
そして何といっても若さはじけるマリアンヌ・フェイスフルのくるくる変わる表情としなやかなボディ。

予告編だけでドキドキしていた思春期にもし観ていたら、かなりインパクトがあったんだと思うけど、この歳になっての鑑賞だったので、内容は想像の域を出なかったかな(^^ゞ
ひとつ意外だったのは、言語が英語であったこと。てっきり仏語だと思っていたもので。

a0037414_16433659.jpg
知らなかったけれど、主役のレベッカを演じた当時21歳のマリアンヌ・フェイスフルは、マゾヒズムという言葉の由来にもなったオーストリアの作家マゾッホ伯爵の血を受け継ぐ子孫なのだそうな(マゾヒズム【被虐性欲】の命名者は19世紀の精神科医クラフト・エービング)。

それを知ってこの映画を観ると、主人公がまさに真性マゾヒストに見えてくるから面白い。
一瞬の判断ミスが死につながるバイクに裸同然の無防備な姿でまたがってアウトバーンを突っ走り、わざと野蛮な男どもの好奇の目にさらされることを望み、危険で見返りのない恋に身をやつすのだから。

この映画は、そんな主人公に扮するマリアンヌ・フェイスフルのまさに一人舞台。
天下の二枚目アラン・ドロンもすっかり脇役に回ってしまった感じ。
もっとも、ドロン扮するハイデルベルグの大学教授は、原作ではハゲの中年男らしいので、
もし原作に忠実なキャスティングにしていたら随分と違ったテイストの作品になっていたことだろう。


不倫という言葉がいつ頃から使われるようになったのかは知らないけれど、
昔は“よろめき”と言っていたような・・・。
“よろめき”ってなんとも淫靡で背徳的な響きの言葉だ。
調べてみたら、“よろめき”は、昭和32年に発刊された三島由紀夫の小説「美徳のよろめき」から流行った言葉なんだってね。
さすが三島由紀夫、言葉の持つ語感を鋭く感じ取り、それを的確に、効果的に使っていらっしゃる。

マリアンヌ・フェイスフルのことは女優としてしか知らなかったけれど、
順番としてはまず歌手として芸能界にデビュー(17歳)したみたいですね。
下のYouTube映像は、彼女の若い頃の歌声と当時のお姿。
このAs Tears Go By は、ローリング・ストーンズのミック・ジャガーがデビューに当たって彼女にプレゼントしたものだとか。
その後、2人の間にはいろんな事があったようだけど、
マリアンヌは63歳になった今でもコンサート等でこの曲、歌っているようです(ミックも歌ってます)。






a0037414_1333847.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2010-10-25 18:31 | 映画(あ行)

この人は誰でしょう? その3

ちよっとしつこいかもしれませんが・・・・

子役だった頃はとっても有名だった人っていますよね。
このクイズは現在の顔から子役時代の顔を思い出し、その人の名前を当ててもらおうというもの。
過去の2回は、あまりにも難易度が高かったので、今回は少し分かりやすい人にしてみました。

さて、この男優さんは誰だと思います?

ヒント①:こちらは現在のお顔。今年40歳になったんですね。
      2年ほど前、『24』のシーズン6で久しぶりにお姿を拝見した時は、
      ああっ、これがあの子の成長した姿なんだなぁと、ちょっとジィーンときたものです。

a0037414_1457356.jpg



ヒント②:16、7歳の頃の彼です。
     この写真を見たら、彼が出演したあの映画を観た人ならピンとくるのでは?

a0037414_2273092.jpg


しかして、その子役とは・・・
[PR]
by kiyotayoki | 2010-10-24 20:27 | 閑話休題

Q.この人は誰でしょう? その2

子役だった頃はとっても有名だった人っていますよね。
このクイズは現在の顔から子役時代の顔を思い出し、その人の名前を当ててもらおうというもの。
今回もかなりの難問です。
なにしろ、出演作が話題になった時の彼の年齢は6歳ぐらいだったんですから。

さて、この男優さんは誰だと思います?

            ヒント①:こちらは晩年、60代前半の写真。
                  ご当人は1984年に、69歳で亡くなっています。 

a0037414_112997.jpg



ヒント②:僕の実家のある熊本ではやっていなかったので知らなかったけど、
     1960年代の中頃、TVのホラーコメディ「アダムス・ファミリー」に出ていたんだね、この人。
     まあ、見ていたとしても、この顔からあの子役の顔は絶対連想できないと思いますが(^^;
     この頃、彼は50代前半でした。

a0037414_22302930.jpg



ヒント③:下の写真は、20代前半で結婚した頃のもの。お相手は百万ドルの脚線美と謳われた女優のベティ・グレイブル。
     だけど、結婚生活は2年しか続かなかったようで・・・。
     髪の毛はあるけど、この顔じゃまだわかりませんよね。

a0037414_22344637.jpg



ヒント④:こちらは、13歳。子役スターとして次々に映画に出ていた頃なので、ちょっとお疲れモード?
     だけど声変わりをする時期だし、子役としては正念場に差し掛かっていた頃だったかも。

a0037414_9284726.jpg


さて、その子役とは・・・
[PR]
by kiyotayoki | 2010-10-23 10:09 | 閑話休題

Q.この人は誰でしょう?


子役だった頃はとっても有名だった人っていますよね。
このクイズは、現在の顔から子役スターの名前を当ててもらおうというもの。

超難問ですが、さて、この女優さんは誰だと思います?

             ヒント①:今は46歳ですが、子役だった頃はお茶の間の人気者でした。

a0037414_96694.jpg



             ヒント②:20代の頃はこんな顔。長く続いたTVドラマに出ていた当初は10歳でした。
 
a0037414_9193124.jpg



             ヒント③:十代後半はこんな顔。ここまでくると、いくらか面影が。

a0037414_923941.jpg


さて、答えは・・・
[PR]
by kiyotayoki | 2010-10-21 10:08 | 閑話休題

『突破口!』(1973 米)

2.3年前のオスカー受賞作『ノーカントリー』を観た時、なんか似たような設定の映画があったんだけどなぁと思いながら、
なかなか思い出せなかったんだけど、この映画がそうだったんだな。
マフィア絡みの大金を盗んだばかりに命を狙われるはめになった男の運命を描いた、懐かしい作品です。

a0037414_1892954.jpg

原題:『CHARLEY VARRICK』(111分)
監督:ドン・シーゲル
原作:ジョン・リーズ
脚本:ハワード・ロッドマン
    ディーン・リーズナー 
音楽:ラロ・シフリン
出演:ウォルター・マッソー
    アンディ・ロビンソン
    ジョー・ドン・ベイカー

a0037414_1623964.jpg
公開時のこの日本のポスター(←)を見たら、007みたいなアクション映画かしらん・・・
なんて勘違いしてしまうかも(^^ゞ。
実際に観てみると、スケールはかなり小さい。
世界を飛び回る007と違って、舞台となるネバダ州からはたぶん出ないで終わっちゃうし。
でも、見始めると、ついつい引き込まれてしまう映画なんですね、これが。
『突破口!』ってタイトルも、インパクトがあって強く印象に残るし♪

ウォルター・マッソー扮する主人公のチャーリー・ヴァーリックは、曲乗り飛行のパイロットから農薬の空中散布屋に転じた男。
でも実は、裏で銀行強盗を生業にしている男でもある。
ただ、大物は決して狙わない。標的にするのは田舎の小さな銀行ばかり。
だから、かっさらえる金額は1、2万ドルどまり。それでもチャーリーに不満はなかった。仕事は楽だし官憲の追及もそう厳しくはないから、ほとぼりが冷めればまた仕事ができる。

そんなわけで今回も軽くひと仕事・・・と思って仲間3人と銀行にやってきたんだが、いつもうまく行くとは限らない。
逃走用の車のナンバープレートから、パトロール中の警官が盗難車だと気づき、派手な撃ち合いになっちゃった。
なんとか逃走したものの、銃撃戦のせいで仲間の一人は即死。運転手役だった妻も重傷を負って結局死んでしまう。

a0037414_15535921.jpg
計算違いは他にもあった。
手に入れた金は小額だと思っていたら、なんと75万ドルもあったのだ。
驚喜する若い相棒ハーマン。演じているのは、『ダーティ・ハリー』(1971)での狂気ぶりが忘れられないアンディ・ロビンソンだ。
だけど、チャーリーは浮かない顔。
あんなちっぽけな銀行にこんな大金がねむっている訳がない。
これはマフィアの隠し金に違いない・・・、そう踏んだのだ。

案の定、だった。
その頃、盗難の報を受けたマフィアのボス・ボイルは、早くも腕利きの殺し屋モリー(ジョー・ドン・ベイカー)を呼び寄せ、
チャーリーたちを追わせていた。
このジョー・ドン・ベイカー扮する殺し屋が、『ノーカントリー』で冷酷無比の殺し屋を演じたハビエル・バルデムを
ちょっと彷彿とさせる男なんだな。

地味なこの作品のクライマックスが案外派手になったのは、
ドン・シーゲル監督の腕もあるんだろうけど、ウォルター・マッソー扮するチャーリーを元曲乗り飛行士にしたのが
大きかったんだと思う。
おかげで映画館で観ても損はしないドラマチックなラストを迎えるんですよ、この作品♪
[PR]
by kiyotayoki | 2010-10-20 18:48 | 映画(た行)

バブル時代を思い出した一夜

某ブランドの新作発表会に行ってきた。
だけど新作を見るためではなく、その会場にいる人に会うのが目的で。

いやぁ、久しぶりにこういう華やかな場所に足を踏み入れたけど、
なんだかバブル時代にタイムスリップした気分でありました。

a0037414_12273093.jpg

混み合う会場で、シャンパンを意地汚く4杯ほどお代わり(;^^A
(不況の影響か食べ物・お土産等はなかったけど、一点豪華主義でシャンパンだけは潤沢!)

涼むために喫煙所として指定されているルーフバルコニーに出てみたら、中より混み合っておりました。
煙草の値上げも銀座のこういうところに来る人達には関係ないのか。それとも、買いだめしたヤツがまだたっぷりあるのかな。

銀座の夜景をぐるりと見回したら、韓国企業のネオンサインが一番目立っておりました。

a0037414_12275895.jpg


ごった返す会場の中で無事、知り合いにも会うことができ、腰を痛めていたこともあって、早々に退散(^^;

銀座から新橋まで徒歩で移動して、和風居酒屋へ。

やっぱり落ち着きますね、居酒屋は(^^ゞ
[PR]
by kiyotayoki | 2010-10-19 09:49 | 閑話休題