映画の心理プロファイル

<   2011年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

手のサイン“cornuto”の意味

a0037414_1013127.jpg
ご自身の素行の悪さから政治生命が危うくなっているというイタリアのベルルスコーニ首相だけど、左の写真のがちょっと気になってイタリアにお住まいのjunkoさんにその意味を伺ってみた。

junkoさん、気さくに答えてくださったけど、
答えを知った後で、こんなことを女性に質問してマズかったかなと反省いたしました。
というのも、真面目なザッケローニ監督なら、少なくともオフィシャルな場じゃ絶対やらないだろうというジェスチャーだから。
人差し指と小指をキツネの耳のように立てるこのジェスチャーは、
コルヌートといって、嫌がらせをしたい相手に
「お前の女(男)は浮気してるぞーっ」
「お前は、所詮アホな寝とられ男(女)だ」
って罵声を浴びせるのと同じ効果があるのだそう。

イタリア語で、寝とられ男/女の事をcornuto/cornuta(コルヌート/コルヌータ)というらしいのです。
cornoは角(つの)。なので、イタリア人っておでこに吹き出物ができたりすると、「cornoだ、浮気されてるのかも」と、やたら嫌がるのだそうな。
さすがベルルスコーニさん、確信犯的な失言だけでなく確信犯的な失ジェスチャーもなさるんだな。

a0037414_21371240.jpg
ところが、お国が変わると意味も変わるんだね。
アメリカでは、これが「love」「I love you」の意味の手話になるというから困ったもんだ。
だって、ベルルスコーニさんに、「いや、ワシは日焼けした米国大統領を見習ってloveサインを出しておっただけだもん」と言い訳されそうだもの(^^;
(ただし、loveの場合は、親指は曲げずに広げるのが正式みたいだけど)

面倒なのは、人差し指と小指を立てるこのサイン、悪魔のサインとしても知られているようなのです。サタンの象徴である山羊を意味しているらしいんだね。
ロックバンドのKISSは歌いながらこの悪魔のサインを誇示していたというのは有名な話(らしい)。
ベルルスコーニさんの指が妙に赤いのは、ひょっとして悪魔のサインだからなんだろうか?


ちなみに日本では「愛してる」を手話でどう表現しているんだろうか。
調べてみたら、酒井法子さんが「碧いうさぎ」(歌の後半2分30秒あたり)で
披露してくれているようなので、興味のある方はご覧になってみてください。



[PR]
by kiyotayoki | 2011-01-31 21:54 | 備忘録

続・俳優そっくり犬  その57

a0037414_2194718.jpg

現時点での“最強の子役”といえば、この女の子、芦田愛菜ちゃんでしょうね、たぶん。
卑怯なくらいの愛らしさはもちろん、演技力もずば抜けてるし、プロ意識もちゃんと持ってらっしゃるようだ。
しかも、子役とはいえ生まれたのが2004年だってんだから驚く(ついこないだじゃん^^;)。

この愛菜ちゃんのそっくり犬を探すのは、同じように愛くるしい子犬を見つければいいのでわりと簡単だ。

a0037414_2113737.jpg

だけど、これじゃイージーすぎて、あまり面白くない。

愛菜ちゃんは演技力抜群の子だから、そっくり犬にも演技力らしきものを求めたいところだ。

a0037414_21312693.jpg


で、この愛菜ちゃんと似た仕草をしてるワンちゃんを探してみた。
それがこちら。

a0037414_21315085.jpg


あと一押しが欲しい?
じゃ、このおネムの愛菜ちゃんにそっくりなワンちゃんはいかがでしょう。

a0037414_2143435.jpg


おネムの愛菜ちゃん似のワンちゃんとは・・・
[PR]
by kiyotayoki | 2011-01-29 10:20 | 続・俳優そっくり犬

Arrivederci Roma (Dean Martin & Tiziano Ferro )

今年は、イタリア語を少ししゃべれるようになりたいなと思い立ったのだけれど、
Arrivederci(さようなら)という単語をチェックしていて、思わず買いたくなりそうなアルバムを見つけてしまった。

a0037414_1264281.jpg
CDのタイトルは『フォーエヴァー・クール Forever Cool』。
1995年に亡くなったディーン・マーティンのトリビュート企画アルバムで、
過去の曲から彼のヴォーカルだけを取り出しデジカル化、
“ディーノ”を敬愛する、ロビー・ウィリアムス、俳優のケヴィン・スペイシー、シャルル・アズナブールといった人達が彼とデュエットするというもの(2007年発売)。

以前、ナタリー・コールが父親のナット・キング・コールとデジタル父娘競演を果たしたのと同じやり方ですね。

そのアルバムの中に、Arrivederci Romaという曲があったのだ。

典型的なイタリア系アメリカ人(の伊達男)ディーン・マーティンとデュエットしているのは、
ティツィアーノ・フェッロというイタリアでは人気のある歌手らしい。
歌は、こんな仕上がりになってます。



アルバムに収録されている曲を何曲か聴いてみたけれど、
一番のお気に入りは、下の曲、Baby-O。
ディーノと歌っているのは、米国の人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」でスターになったParis Bennettです。


[PR]
by kiyotayoki | 2011-01-28 12:02 | 閑話休題

『昨日・今日・明日』(1963 伊)

76才になってもその美貌はいまだ顕在のソフィア・ローレンの、
色香がムンムン匂い立つ28才の頃の主演作です。
これって、アカデミー賞の外国語映画賞を獲得してるんだね。

a0037414_12343729.jpg

原題:『IERI, OGGI, DOMANI』(119分)
監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
脚本:エドゥアルド・デ・フィリッポ ヴィラ・ヴィラ チェザーレ・ザヴァッティーニ
音楽:アルマンド・トロヴァヨーリ
出演:ソフィア・ローレン
   マルチェロ・マストロヤンニ

この映画のタイトルのおかげで、イタリア語を3つ覚えることができた♪
「イエリ・オッジ・ドマーニ」で「昨日・今日・明日」なんだね。
日頃ノーマークのイタリア語だけど、イタ飯屋へ行く機会も多いんだし、口元をダイナミックに動かす言語だから発音の練習をしたら表情筋が鍛えられて顎のラインがスッキリするかも?
そんな願望も込みで、毎年1月に決める“一年の計”は
「イタリア語会話にトライ♪」に決めました(^^ゞ。

いや、そんなことより映画の内容です。
これ、3話からなるオムニバスなんだね。
どれも、一組の男女の恋模様を描いているんだけど、
演じるのはどれもソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニという黄金カップル。

第1話「アデリーナ」は、“妊娠中の女性は法を犯しても罪を免れられる”というイタリアの法律を逆手にとって、
刑務所入りを逃れるために夫に頑張らせて妊娠し続ける肝っ玉ママの奮闘ぶりを描くお話。
第2話「アンナ」は、一転シリアス物で、富豪の人妻と愛人との浮気の代償を描く短編。
そして第3話「マーラ」は、となりに住む美しい女性(実はコールガール)に恋した神学生の顛末と、
そんな2人に振り回されるコールガールの常連客の情けない姿を描くコミカルタッチのお話。

お話の完成度としては、「マーラ(3)」>「アデリーナ(1)」>「アンナ(2)」の順だと思うけれど、
どれもソフィア・ローレンの魅力全開です。
その迫力あるボディにしてもアクの強いお顔にしても、
薄味好みの日本の男子にはあまり好まれるタイプではないと思うけれど、
この映画の彼女を見たらファンになること間違いなしデス。

自分的に彼女以上にファンになったのは、徹底して“情けない男”を演じているマルチェロ・マストロヤンニだったかな。
この映画の撮影時は38才。中年になりかけてはいるけれど、まだまだ若さも残ってる。
豊富なキャリアを持つ名優だけど、実のところ出演作はそれほど観てるわけじゃない上に、
お年を召してからの作品が多かったので、若さの残る彼の“情けない男ぶり”がとても魅力的だった。
これを機に、出世作といわれている『甘い生活』(1959)とか『イタリア式離婚狂想曲(1961)』
といった彼の出演作も観てみたくなった。


a0037414_11215157.jpg



イタリア語会話、まずはボディランゲージから(^^



「あいつは、オカマさ」は「ピノッキオ」って言ってるのかと思ったら、「フィノッキオ」だった。
「フィノッキオ」は、イタリアじゃ料理に使われる代表的な野菜の一つらしいけど、
だからって、あちらの人に「僕はフィノッキオが大好き(Mi piace Finocchio)」というと、
変な顔をされたり冷やかされたりするらしい。

こういうのはすぐ覚えちやうんだなぁ(;^^a。
[PR]
by kiyotayoki | 2011-01-26 11:23 | 映画(か行)

『ソーシャル・ネットワーク』(2010 米)

日頃、何かとネットのお世話になりながら、
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)という言葉の意味さえ知らなかった人間にとっては、
目からウロコ、いや、ますます目の前に白い幕がかかってしまったように感じた映画だったかな(^^;

a0037414_10472815.jpg

原題:『THE SOCIAL NETWORK』(120分)
監督:デヴィッド・フィンチャー
原作:ベン・メズリック
脚本:アーロン・ソーキン
音楽:トレント・レズナー アッティカス・ロス
出演:ジェシー・アイゼンバーグ
   アンドリュー・ガーフィールド
   ジャスティン・ティンバーレイク

今や世界の登録者数が6億人に迫ろうとする"Facebook"の誕生にまつわる実話ベースの物語。
2004年。ついこないだのお話なので、当時ハーバード大学の学生だった主人公のマーク・ザッカーバーグは20才、
億万長者となった今でもまだ26才だ。
そのマークを演じたジェシー・アイゼンバーグは27才!
自分より年下の歴史上の人物を演じるなんて体験をしたの、ジェシーが初めてなんじゃないだろうか(@_@;)
それだけ、IT社会の時の流れは凄まじく速いってことなんだろう。

凄まじく速いのは時の流れだけじゃない。主人公の喋り方がまたすごい。
まるで速射砲のようにまくし立てる。
しかも、自己愛が強く、独断的で容赦がないから、ガールフレンドは呆れて席を立ち、彼の元から去ってしまう。
そんなエピソードからお話はスタートするので、ますます主人公のちょっと壊れたキャラクターが際立つ仕掛けだ。

そして、それが真の理由だったのかは知らないけれど、
自分をふった彼女への復讐心がフェィスブック作りのきっかけになってしまう。
しかも、マークは自分の目的のためには、親友でさえ結局は排除してしまう。
それで訴訟沙汰にもなってしまうのだけど、おいおい、主人公のモデルは全然現役(まだ26才!)で、もはや社会的地位も確立してる有名人だよ。この映画こそ名誉毀損で訴えられないのかしら・・・・。
そんな心配をよそに、話はどんどん進んでいく。
その語り口は、デヴィッド・フィンチャー監督、さすがに上手い。お話としては地味なのに、2時間、飽きさせることはない。
ゴールデン・グローブ賞で、監督・脚本・作品。音楽と4つも賞を獲得したというのも納得の内容だ。

だけどね、個人的には複雑。
人は誰しも、誰かと繋がっていたいという願望がある。
人はひとりでは生きていけないし、生きていけないような仕組みにもなってる。
ただ、人と人とがリアルに関わると、それぞれのエゴがぶつかって、自分も相手も傷ついてしまう。
だから、ネットという架空の世界で、エゴがぶつからない範囲で繋がりましょうというのがフェイスブックの発想の原点みたいだし、その気安さと便利さがあってこそ急速に広まったんだろう。
(ただ、登録する際に個人名を明記するというシステムが災いしてか、日本での登録者数は諸外国ほどではないらしい)

しかしねぇ・・・・。
こんな共感できない主人公のドラマがドラマとして成立しちゃってるとはなぁ。
まあ、億万長者になった主人公を見ても羨ましさを感じないですむのは、共感できないからだし、こんな人間にだけはなりたくないと思うから、なんだろうけど(^^ゞ。

a0037414_1954638.jpg

親友のエドゥアルド・サベリルドを演じたノッポで顔の小さなアンドリュー・ガーフィールドは、
2012年公開の「スパイダーマン」で主役を務めることが決まっているそうな。
[PR]
by kiyotayoki | 2011-01-24 19:25 | 映画(さ行)

続・俳優そっくり犬  その56

シャーリー・イートン。
この名を聞いても、ほとんどの方が首を傾げることでしょうが、
『007 ゴールドフィンガー』(1964)で、全身に金粉を塗られて殺される女性を演じた人
といえば、「ああ、あの彼女♪」と思い出す方、いらっしゃるのでは?

a0037414_21463433.jpg

今回のワンちゃんは、この金髪、いや金粉美女のそっくり犬です。
え、「顔も見えないのに、どうやって似てるって判定するわけ?」ですって?
あ、いやその・・・
ま、いいじゃないですか、そんな細かいこと(^^;

さあて、ゴールドフィンガーの死体美女似犬とは・・・
[PR]
by kiyotayoki | 2011-01-21 10:40 | 続・俳優そっくり犬

続・俳優そっくり犬  その55

今年初めての「続・俳優そっくり犬」です。

a0037414_12514057.jpg

いかりや長介さん(1931年~2004年3月20日)が亡くなって、もうすぐ7年になるんだな。
晩年は“俳優”のイメージのほうが強かったけれど、
最後までザ・ドリフターズのリーダー(お笑い&ベーシスト)としての顔もちゃんと持ち続けていた人だった。

本日のそっくり犬は、そんないかりや長介さん似の脱力系ワンゃんです。

長さん似の“だめだこりゃ”犬
[PR]
by kiyotayoki | 2011-01-19 13:09 | 続・俳優そっくり犬

ガリレオの名前

今年に入ってからNHKのハイビジョン放送で、
イタリア統一150周年(3月17日)を記念して、100本を越えるイタリア関連番組を放映している。
そのひとつ、「科学の扉を開いた男 ガリレオ ~見た!考えた!やってみた!~」を見た。

a0037414_22573519.jpg

見たのは、知っているようで実はよく知らない人・ガリレオがどんな風に科学の扉を開いたのかを知りたかったのと、
友人のイラストレーター千原櫻子さんがイラスト(上のイラスト、あまりに美しかったので千原さんのブログから無断拝借させていただきました^^;)を担当していると聞いたからだ。

ガリレオというと、地動説を唱えながら結局宗教界からの圧力に負けて自説を引っ込めた人、
で、悔し紛れに「それでも地球は回ってる」と陰で負け惜しみを言ってた人、ぐらいの知識(誤解)しかなかったのだけど、
ふむふむ、なるほどなるほど、ガリレオは仮説を実験で実証するという、近代的な科学の手法を取り入れた人だったんだね。

ちょっと意外だったのは、ガリレオの家系。
父親はリュート(ルネサンス期のギター)奏者で、ガリレオも父親譲りの音楽的素養の持ち主だったのだそうな。
いや、意外でもないのかな。
日本で「ロケットの父」と呼ばれた糸川英夫さんは、音楽をこよなく愛し、自らもチェロを演奏し、しかも45年かけてヴァイオリンを作ったことでも知られているし、ガリレオと同じ時代のケプラーも天球と音楽の関係を研究していたという。
音楽と科学は案外相性がいいのかもしれない。

そうそう、ガリレオといえば、前からちょっと気になっていたのが、その名前。
ガリレオ・ガリレイなんて、どっちが苗字でどっちが名前かよくわからない。
なんで、そんな名前なんだろう・・・・、前からそう思っていたんだけれど、いやあ、インターネットって便利です。
調べてみたら、その答えが見つかった。

なんでも、ガリレオが生まれたトスカナ地方では、
長男の名前には「姓」を単数形にして、それを名前とするという習わしがあったらしいのです。
ガリレオは長男。だから、姓であるガリレイの男性名詞単数形であるガリレオという名をもらったというわけらしい。
イタリア語の名詞変化としては、男性名詞単数形は"o"で女性名詞単数形は"a"で終わるものが多いんだとか。
とすると、ガリレオがもし女の子だったら、ガリレアになってたのか?


a0037414_22455218.jpg

                お札(2000リラ)の肖像画になったガリレオさん。   
[PR]
by kiyotayoki | 2011-01-18 22:59 | 備忘録

Making of 3D Street Art

何年か前に、路上に立体的(3D)に見える絵を描くアーチストジュリアン・ビーヴァーさんのことを紹介したことがあったけれど、
ジュリアンさんよりもっと規模の大きな3Dアートを描く人がいるんだね。
それが、下の絵を描いたエドガー・ミューラーさん(ドイツ人)。

a0037414_1013764.jpg

いや~、なんともスペクタキュラーな作品です。
規模が大きいので、オイルチョークで描くジュリアンさんと違って、水性のアクリルペイントを使っているようだし、
助手も4、5人いて、手分けして描いている模様。

a0037414_10201680.jpg

おおお、なんともスリリング!

この3D Street Artist エドガー・ミューラーさんがどんな風に路上に絵を描いているのか、
別の作品のメイキング映像があったのでご紹介しましょう。



水性ペイントなので、描いてる最中に雨が降ったりすると、大変なことになっちゃうし、
展示中もお天気が心配になっちゃうアート作品ではありますね、これは(^^;。

こんな3Dアートもあるんだね(^^;
[PR]
by kiyotayoki | 2011-01-15 10:30 | ART

『おかしなおかしなおかしな世界』(1963 米)

こういうのを珍品というのかな。

音響効果賞という地味なアカデミー賞をひとつ獲得していたため、
今回、WOWOWのアカデミー賞特集にラインナップされており、
おかげで観ることができた♪♪♪

a0037414_9452169.jpg

原題:『IT'S A MAD MAD MAD MAD WORLD』(155分)
監督:スタンリー・クレイマー
脚本:ウィリアム・ローズ タニア・ローズ
音楽:アーネスト・ゴールド
出演:スペンサー・トレイシー
   シド・シーザー
   ミッキー・ルーニー

タイトルだけは知っていたけど、
いやあ、往年のコメディスターが大挙して出演するスラップスティックコメディの大作だったとは知らなんだ♪
そのメガホンをとったのは、「手錠のままの脱獄」「ニュールンベルグ裁判」「招かれざる客」
など社会派として知られるスタンリー・クレイマーだ(脚本は「マダムと泥棒」のウィリアム・ローズ夫妻)。

主演は、クレイマー作品の常連、なので最近までコメディのセンスがあるとは知らなかったスペンサー・トレイシー。

驚いたのはオープニング。まるで007映画のようなカースタントから始まるのです。
山道を凄いスピードで走る車が何台かの車を危なっかしく追い抜いたかと思うと、ハンドル操作を誤って谷底へ向かってダイブ!
そのダイブシーンが1963年の映画とは思えないほどカッコイイ!

追い抜かれた車のドライバーたちが谷底に降りてみると、ダイブした車のドライバーは虫の息。
その男が「ロジタ公園に35万ドルが埋めてある」という言葉を残して息を引き取ったことから、
欲の皮の突っ張った連中の35万ドル争奪競争が始まるというお話。

お話はシンプル。あとは、どうやってスラップスティック(体を張ったドタバタ)な笑いでつないで行くかなんだけれど、
サイレント時代の、たとえばチャップリンやキートンの映画を見慣れた人だと、ぬる~く感じるかもしれない。
でも、この手のコメディ作品を見慣れていない人にとっては結構楽しめる作品ではないかしらん(^~^。

ま、それよりなにより、この映画の売りは出演者の豪華な顔ぶれじゃないだろうか。
「ショウほど素敵な商売はない」のエセル・マーマン、「ティファニーで朝食を」のミッキー・ルーニー、
「腰抜けアフリカ博士」のイーディー・アダムス、」「名探偵登場」(というか「刑事コロンボ」)のピーター・フォーク。
英国映画界からは隙間のある前歯がトレードマークのテリー・トーマス。
テレビ界からミルトン・バール、ディック・ショーン、ドロシー・プロバイン、シド・シーザーetc
また、カメオ出演で、ジェリー・ルイスに、三ばか大将の面々、そして、バスター・キートン翁まで出てらっしゃる!

残念だったのは、バスター・キートン。
出番がカットされたらしく、ほとんどセリフも、見せ場らしい見せ場もなかった。
おかげで最初観た時は気づかず、再度観てやっと発見したほど(^^;。
a0037414_13204182.jpg

調べてみて嬉しかったのは、出演者にまだご存命な方が何人もいらっしゃったことだ。
ディック・ショーン 81歳、ピーター・フォーク 83歳、シド・シーザー 88歳、
そして、ミッキー・ルーニーは90歳!
やっぱり笑う・笑わせるというのは長生きの秘訣なのだろうか?



a0037414_1354952.jpg



 
[PR]
by kiyotayoki | 2011-01-14 13:06