「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

<   2012年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

シーボルトの孫 楠本高子

前回、ご紹介した『カメラが撮らえた 幕末三◯◯藩 藩主とお姫様』というビジュアル本を読んで、
どうしても調べたくなってしまった女性がいる。

それが、シーボルトの娘、楠本イネさんだ。

日本人女性初の産婦人科医になった人だけど、
ドイツ人と日本人の間に生まれた人だけに、ハーフ特有の美しいお顔をなさっていたんじゃないだろうか。

で、画像検索してみたら、な、なんと、おイネさんの娘の楠本高子さんの画像が見つかった。
シーボルトの孫にあたるから、クォーターということ。
卓球の石川佳純選手みたいな涼やかな目をした美女だと思いません♪

a0037414_1049090.jpg


調べてみたところ、おらんだおイネと呼ばれた楠本イネさん(1827~1903)が娘の高子さんを
産んだのは嘉永5(1852)年のこと。父親は、おイネさんに産科学を教えていた岡山の医師・石井宗賢。
ただ、この出産はおイネさんの望まないものだったようで、おイネさんは生まれた娘を連れて
彼女の母・お瀧さんの住む長崎へ戻っている。
高子さんは13才まで長崎で暮らし、その後、おイネさんと一緒にシーボルトの弟子である二宮敬作の住む宇和島へ。
そこで、1866年、二宮の甥の三瀬諸淵と結婚。上の写真はその頃のものかもしれません。

だけど、25才の時にご主人と死別。
その後、再婚して、一男二女をもうけたそうな。ただ、そのご主人とも死別。高子さん母子は、東京で産科を開業していた母のおイネさんと暮らし、昭和13(1938)年に亡くなったという。


おイネさんにしても高子さんにしても混血児ということで、
今と違って世間の目はかなり冷たいものだったと思うけれど、
それにも負けずに強く逞しく生きてこられたお二人のこと、もっともっと知りたくなってしまいました。
[PR]
by kiyotayoki | 2012-09-28 12:50 | 備忘録

『カメラが撮らえた 幕末三〇〇藩 藩主とお姫様』

a0037414_13474148.jpg
これは、なかなか興味深いビジュアル本だった。

『カメラが撮らえた
幕末三00藩 藩主とお姫様』


激動の幕末維新を生きた藩主とその細君や姫君たちの在りし日の姿を古写真とエピソードで紹介する歴史ビジュアルブック。
今風にいうと、当時のセレブの皆さんの写真がズラリと紹介されている本。
幕末の古写真というと、女性の写真は革命家とつきあいのあった芸妓ぐらいしか見たことがなかったのだけど、このビジュアルブックは女性、特に上流社会の女性たちの写真が充実しているのが最大の特徴。

いやあ、美しいんですよ、想像以上に♪
皆さん、華奢で細面で、お顔も整っていらっしゃる。
そりゃあね、政略結婚だろうがなんだろうが、選りすぐられた女性が輿入れするんだものね。
そして、何不自由ない生活が代々二百数十年続いていたんだから、もうすっかり貴族化しちゃってるし、ルックスも洗練されていったんだろうな。

ちなみに、表紙を飾っている女性は、佐賀鍋島家に嫁いだ栄子夫人(1855~1941)。
明治になってご主人が特命全権公使として赴任したイタリアじゃ、社交界の花としてご活躍されたそうな。


a0037414_2325127.jpg

こちらは、鹿鳴館時代の名花・戸田極子さん(1857~1936)。
知らなかったけど、この人、岩倉具視の娘だったんだね(美濃大垣藩主戸田氏共の夫人)。
ヘイケガニみたいな顔をしたあの岩倉卿から、よくこんな美形が生まれたものだ(;^^。

だけど、個人的な好みからいったら、やっぱりこの人かな。

a0037414_23142440.jpg

極子さんと同じく、鹿鳴館の花と謳われた陸奥亮子さん(1856~1900)。
この方は、明治時代の政治家で外交官でもあった伯爵・陸奥宗光の奥様。
陸奥宗光といえば、海援隊で坂本龍馬とともに幕府に大政奉還させるべく東奔西走していた人。
幕末の志士の中でも好ましく思う人物の一人だ。
陸奥と亮子さんが結婚したのは明治5年、亮子さん17才の時。
その時、亮子さんが何をしていたのかというと、東京新橋で芸妓をしていたというの。
没落士族の旗本の長女として生まれた亮子さん、家族を養うために15ぐらいで働きに出ていたようなのです。
苦労人だったんだね。
亮子さん、花柳界に身を置きながら、男嫌いという評判があり、かなり身持ちも堅かったそうな。
だけどこの美貌だから、男どもは放っておかない。誰が彼女をモノにするかと囁かれていたらしい。

そんな彼女を“モノにした”のが、先妻の蓮子を前年に亡くしたばかりの陸奥宗光だったというわけ。
どういういきさつでそういうことになったのかは書かれていなかったけれど、陸奥も紀州徳川家の禄を食んでいた家柄。
しかも同じように没落の憂き目にあっていて、共感し合える部分も多かったんじゃないだろうか。
それに、陸奥だって長身でルックスだって悪くない。相思相愛だったんじゃないかな。

それにしても気になるのは、亮子さんのお顔。横顔からじゃなく、正面から見てみた~い!

そこで、探してみました。


ありました♪
それがこちら。

a0037414_15521192.jpg

少々お年を召してからの写真みたいだけど、正面から見てもやっぱりお美しい♪


そうそう、まったく知らなかったので、この本を読んでいてびっくりしたことがあった。
下の写真に写っている女性は、桂小五郎(木戸孝允)の恋人で後に正妻になった幾松(松子)さんらしいのだけど、
その前にいる男の子は、な、なんと、高杉晋作の遺児、東一だというのです。
そういわれれば、お父さんの面影がある。へえ~、高杉晋作には子孫がいたんだ。

a0037414_16574391.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2012-09-27 16:57 | 備忘録

今年の化け猫パレードは・・・

去年、初めて参加した『神楽坂 化け猫パレード』
今年も、10月21日(日)に開催されるようですが、さて、どうしようかなぁ。

去年と同じ仮装じゃつまらないし。
かといって、着ぐるみは用意するのが大変そうだし、暑苦しそうだし。

うーん、去年と同じじゃつまらないからやめておこうかなぁ、どうしようかなぁ
・・・と悩んでいたら、どなたかが撮ったYouTubeの動画を見てびっくり!
ああっ、一緒に参加した友人が写ってる(^o^)。

じゃ、ま、まさか僕も?





ああよかった。チラッと写ってるけど、うまい具合に人まぎれていてよくわからない。
危うくセーフ(^_^;)でした。
(こういうパレードに出ておいて、こんな記事を書く人間って、
目立ちたがり屋なんだか恥ずかしがり屋なんだか、ハッキリしろオイ
って自分でつっこみ入れときます<(^_^;)
[PR]
by kiyotayoki | 2012-09-22 22:55 | 閑話休題

イグ・ノーベル賞

ユーモアあふれる科学研究などに贈られる「イグ・ノーベル賞」で、
今年も日本人の受賞者が出たようだ。
10部門ある賞の中で、「音響賞」を受賞したのは、栗原一貴さん(34)と塚田浩二さん(35)の2人。

2人が開発したのは、、おしゃべりがうるさい人を黙らせようという装置『スピーチ・ジャマー』。
それがどんなものかは、下の動画をご覧ください。



スナイパーみたいに赤外線照準器を黙らせたい人の口に当てるところなんかが遊び心を感じさせて
楽しいね。
この「スピーチ・ジャマー」は、マイクで拾った人の声を0.2秒遅らせてスピーカーに出すという仕組みで、
自分の声が間を置いて聞こえてくるとしゃべりにくくなる現象を活用しているんだとか。


他に、気になったのはやはり「心理学賞」。
今年受賞したのは、「体を左に傾けるとエッフェル塔がより小さく見える」という研究を行ったオランダ出身の心理学者Anita EerlandさんとRolf Zwaanさん。
実験に参加した人たちは全員右利きだったそうだけど、平均でなんと12mも短くなったように感じたんだとか。

a0037414_7462824.jpg


遊び心ってホントに大切だなと思う。
[PR]
by kiyotayoki | 2012-09-22 07:49 | 備忘録

金魚の舞い

連休中、コレド室町でやっている「アートアクアリウム展 2012」という催し物に
行ってまいりました。
サブタイトルは、「江戸 金魚の涼」。
5000匹の金魚が泳ぐさまは確かに涼しげだったけど、ちょっと人が多過ぎたかなぁ(^^;。
平日に行けばよかったかも。

a0037414_13394748.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2012-09-19 17:39 | 閑話休題

イリュージョン(錯覚)!

錯覚を利用した映像、大好きなので暇ができると探していますが、
こちらの3本は、どれもブラスパップさんというグラフィックデザイナーの作品です。













3つ目の作品は、たまたまだったんだろうけど最後に絵を見つめる猫ちゃんが効いてますね(^_^)v
[PR]
by kiyotayoki | 2012-09-18 11:17 | ART

ダイアン・シューアとレイ・チャールズ

盲目のジャズ・ヴォーカリスト、ダイアン・シューア。
その表現力豊かな歌声と抜群の歌唱力は折り紙付き。

そんな彼女が子供の頃から憧れていたのがレイ・チャールズ。
たまたまだけど、さっき2人が共演している動画を見つけたのでご紹介。
(1999年にマイアミで行われたレイ・チャールズのコンサートにダイアンがゲスト出演した時のもののようです)


[PR]
by kiyotayoki | 2012-09-16 10:29 | 閑話休題

江戸時代の超大女

僕の故郷は、九州・熊本なのだけど、
下の画像は、江戸東京博物館で見つけた江戸時代の瓦版。

a0037414_9384564.jpg


肥後国(熊本)天草郡に住む三姉妹、特に姉の身長は2m4㎝もあったそうな。
それが評判になって江戸深川八幡で見世物興行をやったら、これが大当たり。
他を圧倒する人気ぶりだったという話。

2m4㎝というと、ジャイアント馬場さん(2m8㎝)クラスだけど、
江戸時代の日本人は今よりずっと小柄だったはずだから、当時の人には彼女、
アンドレ・ザ・ジャイアント(2m23㎝)並みに見えたんじゃないだろうか。

それにしても・・・
熊本から東京まで長い旅をしてやってきて、
連日好奇の目に晒され続けたこの女性の
その後の人生が気になった瓦版ではありました(^_^;)
[PR]
by kiyotayoki | 2012-09-14 09:40 | 閑話休題

しりあがり寿の「ならべうた」

知人のFBで教えていただいた面白動画です。
しりあがり寿さん企画・監督によるゆるゆるアニメ「ゆるめ~しょん」の
人気シリーズ『ならべうた』。
歌って踊れて賢くなれるというのが謳い文句らしい。

振付師がちゃんとついているところが笑えます。
だけど、これ見て本当に踊る人っているのかしらん。
ちなみに、この動画の振付担当は中里順子さん。





こちらは“大作”『アフリカ諸国編』。
なにしろアフリカって、55前後の国がある(正確な数不明)っていうんだから、
名前を数え上げるだけでも大作になっちゃうんだよね(^^;
こちらの振付はラッキィ池田さん。



[PR]
by kiyotayoki | 2012-09-13 12:42 | 閑話休題

『コロンビアーナ』(2011 米・仏)

リュック・ベッソンが製作と脚本を担当しているだけに、
『レオン』と『ニキータ』を足したり引いたり、かけたり割ったりしたような作品でした。
監督は、『トランスポーター3』のオリヴィエ・メガトン。凄い苗字だなと思ったら、この人、8月6日生まれ、
つまり広島に原爆が投下された日が誕生日。それでこんな“またの名”を付けてしまったようなのです。
その名に何らかの主張がこめられているのか、それとも単なる洒落なのかは不明だけど。

a0037414_1224644.jpg

原題:『COLOMBIANA』(108分)
監督:オリヴィエ・メガトン
脚本:リュック・ベッソン ロバート・マーク・ケイメン
音楽:ナサニエル・メカリー
出演:ゾーイ・サルダナ
    ジョルディ・モリャ
    レニー・ジェームズ

『レオン』では、家族を殺され復讐に燃えるマチルダがレオンの下で殺しのテクニックを学んでいったけれど、
レオンが非業の死を遂げたこともあり、その後のマチルダがどんな人生を歩んだかは不明のままだった。
本作は、『レオン』の続編ではないけれど、マチルダと同様に家族を殺された少女カトレアのその後を描くことで、ベッソンさん、その落とし前をつけた感じ。

お話は、1992年、コロンビアの首都ボゴタから始まる。
丘にへばりつくように密集する住宅街に当時9才のカトレアとその両親の住む家もあった。
そこに突然、武装した一団が乱入、家族を血祭りに上げる。
そのくだりの描写は『レオン』で丁寧に描いているせいか、本作では極力簡略化されている。
カトレアの両親は、麻薬組織の幹部。その内部抗争で粛清されたようだ。

a0037414_9593243.jpg

生き残ったのはカトレア一人。可憐な少女を演じているのは、アマンドラ・ステンバーグちゃん(撮影時は11才位?)。
大きくなったら美人になりそうな女の子だ。この子が映画『ヤマカシ』で有名になった例のパルクールの技を使って追っ手から逃げ切るシーンがオープニングのハイライトになっておりました。


物語は一気に15年後へ。
シカゴの親戚の家に逃げ延びていたカトレア(ゾーイ・サルダナ)はすでに女殺し屋として仕事をこなしてる。
それもこれも、両親を惨殺した組織に復讐するため。
実は親戚の家も闇社会に属しておりまして。カトレアは、街を牛耳るボスである叔父を説得して、その道のプロになるべく特訓を受け、腕を磨いてきたのです(そのくだりも『レオン』である程度描いているせいか、大胆にカットされてる)。
女殺し屋としての仕事ぶりも、細身でしなやかな体つきのゾーイ・サルダナの魅力が最大限に
活かされていてソー・クール!
このあたりまでは、文句なしだったんだけどな。

a0037414_12555479.jpg

カトレアは、ただ叔父が依頼する殺しの仕事を黙々とこなしているわけじゃなかった。
死体にカトレアの文様をのこすことで、いつか自分の存在が復讐する相手にも伝わるように細工してた。
カトレアって花は中南米が原産地で、コロンビアでも“国花”に指定されているんだってね。
だから、その花の文様から敵が自分の存在を知り何か手を打ってきたら、
それを好機に変えて復讐してしまおうと考えたようなんだけど・・・。
そんなまだるっこしいことをするより、他に手はいくらでもあっただろうに。

それに、よしんばそれで敵がカトレアの存在を知り、自分たちが取り逃がした娘が復讐の牙を研いでると知ったら、
奴等だって馬鹿じゃない。
カトレアの居場所をつきとめるためにシカゴの親戚たちに狙いをつけるのは火を見るより明らか。
なのにそれに対する備えや防御は一切なし。叔父さん任せ。
それでいいの?カトレア。
あんたのしてることは、お母さん代わりに育ててくれたお婆さんや叔父さんの命を危険に晒すことになるんだよ。
そんなことさえわからないカトレアって・・・どうよ。
カトレアって頭もいいし、ファミリーを大事にしてるし、そんなお馬鹿なパーソナリティには見えないんだけどな。
せめて、防御は十全にしていたのに、敵は一枚も二枚も上手だったって展開にしてくれなきゃ。

これはカトレアが悪いんじゃない。
脚本が悪いんだ。
ベッソンさん、あなたの責任です。

ゾーイ・サルダナはカッコよかったし、
ラストもバッチリ決まってたのに、ホントに残念。
[PR]
by kiyotayoki | 2012-09-11 14:21 | 映画(か行)