「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

<   2012年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

『メンタリスト』(2008~)

a0037414_20102892.jpg
このところかなり集中して見ていた米国製テレビドラマがある。
それが『メンタリスト(英語題:THE MENTALIST)』。
日本での人気はどうだったか知らないけれど、本国ではかなりの高視聴率を獲得していて、主演のサイモン・ベイカーも、このドラマでエミー賞など数々の賞を受賞しているという話題のドラマ(本国では今、シーズン4を放映中)。
基本的には殺人事件を解決していく一話完結のドラマです。

主人公のパトリック・ジェーンは豊富な心理学の知識と観察眼を生かして、相手の心や過去を読み取ることのできるメンタリスト。
かつてジェーンはその力を使い、自らを霊能力者と偽り、テレビなどの媒体で活躍していた。
ところがある日、テレビで連続殺人鬼「レッド・ジョン」を侮辱する発言をしたばかりに、殺人鬼の怒りを買い、娘と妻が殺害されてしまう。
以来、ジェーンは、霊能力者としての仕事を辞め、レッド・ジョンへの復讐の機会を得るため、CBI(カリフォルニア州捜査局)のコンサルタントして事件の解決に協力するようになる・・・というのが物語のイントロダクション。

このドラマの魅力は、何と言っても、主人公ジェーンの個性的なキャラクターと、
そのジェーンが使うメンタリズムという技法の妙。
ジェーンは持ち前の鋭い観察眼で、人の心の動きを逐一読みとり、嘘を暴いて真実を見つけだします。
その振る舞いは常識に囚われず、まるで子供のように自由。
だから、被害者の家に勝手に上がり込んだり、事情聴取でいきなり「君が犯人か?」と尋ねたりするのは序の口で、時には容疑者に催眠術をかけてみたりと勝手放題。
そんな型破りな彼の行動にチームのメンバーは目を白黒するばかり。

メンタリズムに使われるコールドリーディングついては以前から関心があって研究もしていたのだけれど、
メンタリズムは、心理学にもとづく暗示や錯覚を応用し、読心術や催眠、暗示誘導などを駆使して
超常現象と思えるようなことを出現させる技法のことを言うんだね。
心理誘導の基本的な原理や、人をコントロールする手法など、マジックと共通する点が多々あるようだけど、
根本的な違いは出発点が「観察」にあるという点。
それには、相手の言葉や動作、癖の観察だけでなく、こちらが発した言葉や行動に
相手がどう反応するかという「能動的な観察」も含まれる。
それら相手の反応や答えを拾い、うまく組み合わせながら相手の心を読み解いていくのが
メンタリズムを成り立たせる鍵となるようです。

そうそう、このドラマの中でも、
主人公が最近テレビでよく見かけるメンタリストのDaiGoみたいなワザを見せるシーンがありました。
これは、僕も知り合いに実際にやってみて驚かれてしまったので、覚えておいて損はないかも♪
ただ、そのやり方をご紹介しようと思ったら、それを書いている時間がなくなってしまいました。

そんなわけで、そのやり方については次回ご紹介することにしますね。
[PR]
by kiyotayoki | 2012-11-27 13:34 | TV

VOCA PEOPLE(ボカピープル)というボーカル・エンターテイメント

TVの公演予告CMを見て、気になっている不思議な面相のボーカルグループです。

VOCA PEOPLE(ボカピープル)という顔を白塗りした(しかも全身白ずくめの)アカペラ集団。
欧米ではすでに超人気者らしい。
来春、日本にやってくるそうな。





こちらのPVもいいね。


[PR]
by kiyotayoki | 2012-11-26 13:08 | 備忘録

エイジングビーフ(熟成牛肉)

週に2回ほど通っているスポーツジムのそばに、 10日ほど前、
エイジングビーフ(熟成牛肉)の 専門レストランがオープンした。
『グリルド エイジングビーフ』といって、 西日暮里にある有名店の支店ようだ。
店の前を通るたびに、思わずヨダレがたら~り(^_^;)
つい先日は牛込のほうで肉専門のイタリアン(『カルネア』)を見つけたし、
肉食が復活しつつあるんだろうか(政界が右傾化しているのと関係あり?)。

その一方で、朝日新聞の日曜版では「人類はいつまで肉を食べ続けられるのか」
という特集をタイムリーにやっていた。

記事によると、世界の人口が倍以上に増えたこの半世紀で、
食肉の消費量は4倍に拡大したのだそうな。
その肉(牛肉)を1㎏つくるのに、えさとして11㎏の穀物が必要だという。
僕らが肉を求めれば求めるほど、世界では穀物さえ満足に口にできない人々も増えていくということ。

食肉の輸出入にはTPPも絡んでくるし、う~ん、悩ましい問題です。

a0037414_12344356.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2012-11-23 12:35 | 美味

『シルク・ドゥ・ソレイユ 3D 彼方からの物語』(2012 米)

無重力の世界で演じているのかと錯覚しそうな奇跡のパフォーマンスと
幻想的な演出を組み合わせたステージで
世界中の人々を魅了するエンタテインメント集団“シルク・ドゥ・ソレイユ”。
本作はそんなシルクの夢幻の世界を映画化したファンタジーです。

監督・脚本は、『シュレック』や『ナルニア国物語』のアンドリュー・アダムソン。
「アバター」のジェームズ・キャメロンが製作総指揮と3Dでの撮影を担当しています。


a0037414_23572995.jpg

原題:『CIRQUE DU SOLEIL: WORLDS AWAY』(92分)
監督・脚本:アンドリュー・アダムソン
製作総指揮:ジェームズ・キャメロン
出演:シルク・ドゥ・ソレイユ
    エリカ・リンツ

映画としては、?マークを付けざるを得ない作品ではあるけれど、
ジルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマンスはそれを補って余りあるものがありました、確かに。
ただ、3Dは期待していたほどではなかったかな。
やはり生のシルクを何度か見ているので、さすがの最新3Dでも見劣りがしてしまうということでありましょうか?

映画は、ラスベガスで公演中、あるいは公演された7つのシルクのショーを背景にして進んでいきます。
一応、ストーリーはあるものの、そのストーリーはかなり希薄で、収束を見ないままエンディングを迎えてしまうので、
映画として見てしまうと、ちょっと不満が残ります。
ま、ストーリーはおまけだと割り切って、シルクのパフォーマンスに酔い、夢の世界にたゆたうほうが正解かも。
だいたい夢というものは、一応物語の体をなしてはいるけれど、
自由自在に変化して結局何を意味するものかも謎なものが多いですものね。


主人公の女性ミアを演じるエリカ・リンツ嬢は、19歳でシルクに入団して、去年まで10年間パフォーマンスをしていた人らしい。


a0037414_23153717.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2012-11-20 23:16 | 映画(さ行)

眠れなくて、ついテレビをつけたら・・・

肩こりのせいもあってか、なかなか寝付けず、ついテレビをつけたら、
頭の体操のようなクイズ番組をやっておりまして・・・。

クイズは、
オックスフォード大学で心理学を学だシェド・シモーヴさんが出した本
『すべての男性がセックス以外に考えていること』が英国でベストセラーになりました。
さて、その本には男性がセックス以外に何を考えていると書いてあるでしょう?

というもの。

うーん、わからん。

で、正解はというと、「男はセックス以外何も考えていないから、何も書かれていない」。
だから、本を開いても白紙ばかりというもの(^_^;)。

このジョークがウケて、英国では若者たちを中心に爆発的に売れたんだという。
お値段を調べてみたら、4ポンド69ペンス(約600円)。ノートとして考えたら高いよね。

去年の春先に売り出されて、英国じゃ一時期、「ハリーポッター」より売れていたらしい。

だけど、これで印税がたっぷりもらえたんだとしたら、なんとも羨ましい話じゃあ~りませんか。
そう思ったら、ますます眠れなくなってしまったのでした(^^;)


この『What Every Man Thinks About Apart From Sex』ってジョーク本を手にして、
著者ご本人が自慢げに本の宣伝をするYouTube映像があったので一応ご紹介しておきましょうか。



[PR]
by kiyotayoki | 2012-11-16 10:04 | TV

モンティ・パイソン 'Always Look On The Bright Side Of Life'

朝のワイドショーの天気予報のコーナーで
懐かしい曲がバックに流れていた。

モンティ・パイソンの'Always Look On The Bright Side Of Life'。

作詞・作曲はエリック・アイドル。
映画「ライフ・オブ・ブライアン」(1979)の挿入歌だ。

いつも人生の明るいところを見て生きていこう
いつもいいことを考えて生きていこう

サビの部分だけ聞くと、とっても前向きな歌のように思えるけど、
映画のどういうシーンで流れる歌かというと、はりつけにされて処刑される場面なんだね。
うーん、なるほど、やっぱりモンティパイソンらしいや。



[PR]
by kiyotayoki | 2012-11-13 22:31 | 備忘録

4回目の神楽坂マルシェ♪

あの震災以来4回目となる「神楽坂マルシェ」が
日曜日、開催された。

これは東日本大震災の被災児童を支援するために、
神楽坂のカフェバー「イヴ・テラス」のご主人の呼び掛けで始まったチャリティー屋台イベント。

神楽坂界隈の名店のフレンチ、イタリアン、中華、和食などさまざまな料理が安価に味わえる
というのがウリで、その評判を聞いてか、回を追うごとに入場者は確実に増えております。

昨日も大混雑で、お目当ての料理をゲットするのにひと苦労。

今回、目についたのは、出たゴミの仕分けや整理をする子供ボランティアの姿。
たぶん、出店している店のスタッフのお子さんなんだろうな。健気に動き回っておりました。


次回は開場時間をもう少し早めてくれるといいんだけどな。

a0037414_1025173.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2012-11-12 10:02 | 美味

初体験はやっぱり新鮮・楽しい♪

先週末、芝パークホテルで行われた千原櫻子さんの出版記念パーティに出席した時、
謹呈品としていただいた袋の中に入っていたのがこのマカロン。

マ・メゾン・エンドウの遠藤パティシエがこの日のために作った特注品だそうな。
朝、コーヒーのお共に美味しくいただいていたら、2個目で「?!」。
というのも、舌にピリッときたから。
何味だろうと思って見てみたら、なんと“わさび味”!
マカロンなんて滅多に食べない上に、初めての食感、新鮮でした。

ご馳走様でした(^_^)v

a0037414_1002598.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2012-11-10 10:01 | 美味

手作りの楽しさを思い出した10月

今でこそ物書きなんぞを生業にしているけれど、
思えば小さい頃はお絵描きと粘土いじりが大好きな子供だったんだっけ。
先日、それを思い出させてくれる仕事をさせてもらった。
a0037414_1149716.jpg
「宝石展で『真実の口』を使ってくじ引きをやりたいんだけど、作ってくれない?」
と、熊本の実家のほうからリクエストをもらったのです。

「真実の口」は映画『ローマの休日』にも出てくる石像だけど、
それと似たやつを作って口からクジを引かせたいというんだね。

どうやって作ろうかと悩んだ末に、発泡スチロールの板を切り貼りして凸凹感を出し、それに絵を描いて、なんとか完成したのが下の画像。
できれば、オリジナルみたいな円形のものを作りたかったんだけど、
大きな円形の板が売ってなかったので、長方形で妥協。
で、本物に近づけるのはやめにして、デザイン性重視に方向転換しちゃったのでした。

お店のほうから「こんな風に使ったよ」と、写真が送られてきたので、恥ずかしながらご紹介(^_^;ゞ

a0037414_9522551.jpg



a0037414_9525754.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2012-11-07 09:54 | ART

『アルゴ』(2012 米)

前評判も良く、
ベン・アフレックの『ゴーン・ベイビー・ゴーン』『ザ・タウン』に続く
監督作だというので、さっそく観てまいりました。

a0037414_138888.jpg

原題:『ARGO』(120分)
監督:ベン・アフレック
脚本:クリス・テリオ
音楽:アレクサンドル・デスプラ
出演:ベン・アフレック
    ブライアン・クランストン
    アラン・アーキン
    ジョン・グッドマン
a0037414_13241291.jpg
映画が始まって、いきなり、ちょっとした違和感が。
ワーナーブラザーズのロゴマークがやけに古くさいのです。
んん?

その疑問は、すぐに氷塊。
物語は、1979年末から始まる。監督は、それに合わせて当時のロゴマークを使ったんだな♪

この映画、冒頭の数分間だけで緊張感を観客に植えつけてしまいます。
それは冒頭で描かれるのが、現代史の衝撃的な断片を当時の映像も使いつつ再現したものだから。
1979年11月4日、米国の傀儡政権のようなパーレビー王制が倒れ、イラン革命が激化するなか、テヘランにある在イラン米国大使館は群衆により占拠され、52名の大使館員が人質となります。
暴徒と化した群衆の姿は、先日の中国での日本バッシング&デモを彷彿とさせ、ちょいとばかし背筋がヒヤリ。
そんな混乱のなか、大使館から6名の職員が密かに脱出。彼らはカナダ大使の私邸に身を隠します。
でも、見つかれば彼らの命はもちろん、捕らわれた人質も処刑は免れないという状況。

そうした絶望的な事態を打破するべく、CIAは人質奪還のプロ、トニー・メンデス(ベン・アフレック)を呼び
任務に当たらせることにするのだけれど・・・と、ここまでが本作のプロローグ。

メンデスが思いついたのは、架空のカナダ製映画企画をでっち上げ、6人をロケハンに来た
カナダ人スタッフに偽装させて堂々と出国させるという、あまりにも大胆なもの。これが実話だというから驚く。
フィクションであっても、プロデューサーから「もっとマシなアイデア考えてこいよ」ってダメ出しされてしまいそうだものね。
だけど、他の案はもっと非現実的だったため、上からGOが出ちゃう。

さっそくメンデスは、ハリウッドに飛び、「猿の惑星」の特殊メイクでアカデミー賞に輝いたジョン・チェンバース
(ジョン・グッドマン)や大物プロデューサーのレスター・シーゲル(アラン・アーキン)の協力を取り付け、
SF映画「アルゴ」の製作に乗り出します。
メンデスがSF映画に目をつけたのは、もちろんこの2年前に『スターウォーズ』が公開されていたことが
大きかったんだろうね。世界的大ヒット作だから、イラン人にも受け入れやすかったんだと思う。

やるからには“本物”に見せかけなきゃいけないわけで、製作会社を立ち上げたり大々的に製作発表したりと、短時間に架空の映画話をでっち上げてしまう。
そして、いよいよイランへ、サスペンスもいよいよ佳境へ。

ただ、実話ベースの物語には短所がある。
事実はねじ曲げられないので、ドラマを盛り上げるための映画的な飛躍(派手な銃撃戦やアクションなど)は御法度だということ。そして、結末がわかっているので、どうしてもサスペンスとしての興味が薄れること。

それにあえてチャレンジして、サスペンスフルな作品をつくり上げたベン・アフレックの
監督としての手腕はさすがという感じ。
ただ、俳優としてのベン・アフレックは、役柄のせいか終始クール(感情を表に出さない)な上に、
口のまわりに髭をたくわえているので、存在感という意味ではちょっと物足りなかったかな(スパイだから目立っちゃいけないのはわかってるんだけどね)。
メンデスという名前からすると、ご本人はメキシコとかそっち系の人だと思うので、
アイリッシュ系のアフレックじゃない人を主役に持ってくるという手もあったかも。

a0037414_13584162.jpg

だけど、脇役陣にはいいいメンツが揃ってます。
ハリウッドの大物を演じたアラン・アーキンとジョン・グッドマンのお二人はハマり役で、重いテーマのこの作品においては貴重な息抜きの時間を提供してくれておりました。


そうそう、一番上のポスターに妙な縦線が入っているのは、このお話にシュレッダーが大きく関与しているから。
暴徒に占拠される直前、大使館の職員は重要書類の大半を焼いたりシュレッターにかけたりしたのだけど、
イランの革命政府はシュレッダーにかけられた短冊状の紙を大勢の子供達を使って人海戦術で選り分けさせて、書類を元通りに復元しようとするんですね。
その中には、潜伏中の6人の顔写真もある。その顔写真が復元されたら、彼らが国外へ脱出するのは不可能に近くなる。
そんなサスペンスを盛り上げるのに、シュレッダーは大きく寄与してるんですよ♪


a0037414_13564882.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2012-11-05 13:56 | 映画(あ行)