映画の心理プロファイル

<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『タイピスト』(2012 仏)

美術館にするか映画にするか迷った末、閉館が5時の美術館だとゆっくり見られないので映画を選択。
出かける前にパソコンで予約を入れたら、スクリーンから2列目の端k席しか空いておらず、
2時間、ずっと右向け右の状態を続けることになったけれど、映画が楽しかったので助かりました。

a0037414_9161215.jpg

原題:『POPULAIRE』(111分)
監督・脚本:レジス・ロワンサル
音楽:ロブ、エマニュエル・ドルランド
出演:ロマン・デュリス
    デボラ・フランソワ
    ベニレス・ベジュ

これは、自分磨きが大好きな今どきの女子におすすめの映画☆☆☆

a0037414_1336697.jpg
現代版マイフェアレディみたいなお話(時代設定は1959年)で、
田舎町から憧れの都パリに出てきた女の子ローズが
タイプライターの早打ちという唯一の特技を、雇い主の
マンツーマンの指導の下、磨きに磨いて仕事も恋も
ゲットしちゃうというサクセスストーリー。

ローズを演じるデボラ・フランソワという女優さんのことは初めて知ったけれど、とってもキュートだし、50年代ファッションもお似合いで、お肌は雪のように真っ白だ。
お歳はいくつだろ。
映画の中の彼女は、十代に見える時もあるし、二十代後半の落ち着きを感じる時もある。
調べてみたら、今年26歳なんだそう。

a0037414_2045860.jpg

50年代後半のお話ということもあってか、フランス人でも簡単には恋に落ちません。セックスなんてとんでもないって感じ。
恋への積極性という意味では、「あまちゃん」の主人公のほうがよっぽどラジカルだ。
でもね、なかなか一線を越えない二人の微妙〜な関係は日本人好みというか、
今どきの日本女子にも意外と新鮮に映るんじゃないかしらん。

a0037414_11272910.jpg


タイプライターを効果的に使った映画としては『つぐない』(2007)を思い出すけれど、こちらはある意味タイプライターが主役といってもいい映画。
この時代に本当にあったというタイピストの世界大会に憧れの上司と共にトライしていくローズの姿は、下手なスボ根モノよりスリリングでハラハラドキドキさせられる。

また、主人公のファッションからインテリア、小物に至るまで、女の子が「かわいい~っ」を連発しそうなものが
ズラリと出てくるところはさすがフランス映画。
中で、僕が思わず「かわいい~っ」て叫びそうになったのがこの車。
この丸っこいフォルム☆ どこのなんて車だろ。 

a0037414_11281226.jpg


調べてみたら、この車「パナール・ディナZ(Panhard Dyna Z)」というんだそうな。
かつてフランスに存在したパナールという自動車メーカーが1954年から1960年まで生産していた、
今で言うコンセプトカーみたいな車だったらしい。
会社はその後シトロエンに吸収合併されちゃったそうだから、幻の車って感じ。
そんな車を使うところが映画の作り手のこだわりを感じさせる。

a0037414_1131171.jpg

ひと目見てウーパールーパーに似てると思ったけれど、ドアの開き方も独特でエラみたいだし、
ますますウーパールーパーに見えてしまう車なのでした(^_^;)
[PR]
by kiyotayoki | 2013-08-31 11:33 | 映画(た行)

かつてJR高田馬場駅から見えた名物オブジェの謎

JRの高田馬場駅は学生時代から馴染みのある駅だ。
そのホームから小滝橋方面を眺めると、スズヤという質店のビルが見える。

a0037414_237823.jpg


今は建て直されて、壁面を滝が流れるお洒落なビルになっているけれど、
昔はビルの屋上にド派手な看板があった上に、素っ裸のお相撲さんとブロンド美女が腰をかがめて向かい合うオブジェが乗っかっていた。

a0037414_2383318.jpg


一説には、初代貴乃花とマリリン・モンローをかたどったものだという。
チャンスがあったら、なぜそんなものをこしらえたのか、質屋さんに聞いてみたかったんだけどな。

あれっていつごろ消えちゃったんだろ。
[PR]
by kiyotayoki | 2013-08-18 23:10 | 閑話休題

猛暑の中、ご近所の神社巡り その1

東京は連日の37度超え。
家の中にいるかぎりエアコンはつけっぱなし。無駄にCO2を排出してしまう。
そこで、あえて用を作って外出することにした。
だけど、用を足すだけじゃ味気ない・・・
というわけで、ご近所なのに今まで一度も足を運んだことのない場所を探索してみることに。

まずは、市ヶ谷駅へ向かう途中、知らない脇道があったので、そちらへ。
すると、あら~!

a0037414_19583197.jpg

幅2m足らずの路地の真ん中に、大きな木が3本、
通せんぼするみたいに植わってるではありませんか(」゚ ロ ゚)」
この裏道を造る前からこの3本の木はあったと思われるけれど、
自転車やバイクを通さないようにするためにわざと残したのかもしれないな。

この裏路地の先にあったのは、
「市谷亀ケ岡八幡宮」という比較的大きな神社でありました。

a0037414_2125312.jpg

この神社は、太田道灌が江戸城築城の際に、西方の守護神として
鎌倉の鶴ケ岡八幡宮の分霊を祀ったのが始まりなのだそう。
鎌倉は「鶴ケ岡」、で、こっちは「亀ケ岡」(^ω^)。

ラッキーだったのは、脇道から入ったので、この急な石段を登らずにすんだこと。
さっそく御利益をいただいちゃった感じだ☆☆☆

a0037414_2153369.jpg

市ヶ谷といえば、東京のほぼど真ん中(画像の奥に見える車の流れは、外堀通り)。
そんな所に、こんな静寂な空間があるところが東京の面白いところかな。
人っ子ひとりいないせいか、蝉にとっては天国らしく、その大合唱は耳に痛いほどでありました( ̄ω ̄=)

a0037414_2171464.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2013-08-11 21:08 | 閑話休題

スパイク・リー監督がNYU映画学科の学生に配布する「見るべき映画86本」

スパイク・リー監督といえば、『ドゥ・ザ・ライト・シング』(1989)や『マルコムx』(1992)などの作品で知られているけれど、
最近は、自身も学んだニューヨーク大学ティッシュ・スクール・オブ・アーツの映画学科で教鞭もとっているんだそうな。
そんなスパイク・リー監督が毎年最初の授業で学生たちに配布するという
「映画監督(志望者)が見るべき映画」のリストが一般に公開された。

その86本は以下の通り(黄文字は、観たことのある作品)。

▽「バッド・ルーテナント 刑事とドラッグとキリスト」(1992/アベル・フェラーラ)
▽「羅生門」(1950/黒澤明)
▽「用心棒」(1961/黒澤明)
▽「乱」(1985/黒澤明)
▽「裏窓」(1954/アルフレッド・ヒッチコック)
▽「めまい」(1958/アルフレッド・ヒッチコック)
▽「北北西に進路を取れ」(1959/アルフレッド・ヒッチコック)
▽「俺たちに明日はない」(1967/アーサー・ペン)
▽「暗殺の森」(1970/ベルナルド・ベルトルッチ)
▽「ラストタンゴ・イン・パリ」(1972/ベルナルド・ベルトルッチ)

▽「地獄の英雄」(1951/ビリー・ワイルダー)
▽「お熱いのがお好き」(1959/ビリー・ワイルダー)
▽「Killer of Sheep」(1977/日本未公開/チャールズ・バーネット)
▽「狩人の夜」(1955/チャールズ・ロートン)
▽「赤ちゃん泥棒」(1987/コーエン兄弟)
▽「戦場にかける橋」(1957/デビッド・リーン)
▽「アラビアのロレンス」(1962/デビッド・リーン)
▽「波止場(1954)」(エリア・カザン)

▽「群集の中の一つの顔」(1957/エリア・カザン)
▽「道(1954)」(フェデリコ・フェリーニ)
▽「甘い生活」(1960/フェデリコ・フェリーニ)
▽「8 1/2」(1963/フェデリコ・フェリーニ)
▽「シティ・オブ・ゴッド」(2002/フェルナンド・メイレレス)
▽「ゴッドファーザー」(1972/フランシス・フォード・コッポラ)
▽「ゴッドファーザーPARTII」(1974/フランシス・フォード・コッポラ)
▽「大人は判ってくれない」(1959/フランソワ・トリュフォー)
▽「映画に愛をこめて アメリカの夜」(1973/フランソワ・トリュフォー)
▽「パットン大戦車軍団」(1970/フランクリン・J・シャフナー)
▽「マッドマックス」(1979/ジョージ・ミラー)
▽「マッドマックス2」(1981/ジョージ・ミラー)
▽「アルジェの戦い」(1966/ジッロ・ポンテコルボ)
▽「さらば冬のかもめ」(1973/ハル・アシュビー)
▽「勝手にしやがれ」(1960/ジャン=リュック・ゴダール)
▽「ウエスト・サイド物語」(1961/ロバート・ワイズ、ジェローム・ロビンス)
▽「ストレンジャー・ザン・パラダイス」(1984/ジム・ジャームッシュ)
▽「大列車作戦」(1964/ジョン・フランケンハイマー)
▽「マルタの鷹」(1941/ジョン・ヒューストン)
▽「黄金」(1948/ジョン・ヒューストン)

▽「ゴングなき戦い」(1972/ジョン・ヒューストン)
▽「真夜中のカーボーイ」(1969/ジョン・シュレシンジャー)
▽「マラソンマン」(1976/ジョン・シュレシンジャー)
▽「ボーイズ'ン・ザ・フッド」(1991/ジョン・シングルトン)

▽「忘れられた人々」(1950/ルイス・ブニュエル)
▽「黒いオルフェ」(1959/マルセル・カミュ)
▽「勇者の家(Home of the Brave)」(1949/日本未公開/マーク・ロブソン)
▽「ミーン・ストリート」(1973/マーティン・スコセッシ)
▽「レイジング・ブル」(1980/マーティン・スコセッシ)

▽「アポカリプト」(2006/メル・ギブソン)
▽「カサブランカ」(1942/マイケル・カーティス)
▽「ザ・クラッカー/真夜中のアウトロー」(1981/マイケル・マン)
▽「赤い靴」(1948/マイケル・パウエル、エメリック・プレスバーガー)
▽「Cooley High」(1975/日本未公開/マイケル・シュルツ)
▽「怒りのキューバ」(1964/ミハイル・カラトーゾフ)
▽「カッコーの巣の上で」(1975/ミロス・フォアマン)
▽「第9地区」(2009/ニール・ブロムカンプ)
▽「夜の大走査線」(1967/ノーマン・ジュイソン)

▽「黒い罠」(1958/オーソン・ウェルズ)
▽「ブルーカラー/怒りのはみだし労働者ども」(1978/日本未公開/ポール・シュレイダー)
▽「白熱(1949)」(ラオール・ウォルシュ)
▽「パリは燃えているか」(1966/ルネ・クレマン)
▽「M★A★S★H マッシュ」(1970/ロバート・アルトマン)
▽「アラバマ物語」(1962/ロバート・マリガン)

▽「無防備都市」(1945/ロベルト・ロッセリーニ)
▽「戦火のかなた」(1946/ロベルト・ロッセリーニ)
▽「チャイナタウン」(1974/ロマン・ポランスキー)
▽「黒い雨」(1989/今村昌平)
▽「狼たちの午後」(1975/シドニー・ルメット)
▽「雨に唄えば」(1952/スタンリー・ドーネン&ジーン・ケリー)
▽「突撃」(1957/スタンリー・キューブリック)
▽「スパルタカス」(1960/スタンリー・キューブリック)
▽「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」
 (1964スタンリー・キューブリック
▽「カンフーハッス」(2004/チャウ・シンチー)

▽「堕天使のパスポート」(2002/スティーブン・フリアーズ)
▽「フープ・ドリームス」(1994/スティーブ・ジェームズ監督)
▽「未知との遭遇」(1977/スティーブン・スピルバーグ)
▽「太陽の帝国(1987)」(スティーブン・スピルバーグ)
▽「暴力脱獄」(1967/スチュアート・ローゼンバーグ)

▽「地獄の逃避行」(1973/テレンス・マリック)
▽「天国の日々」(1978/テレンス・マリック)
▽「オズの魔法使」(1939/ビクター・フレミング)
▽「巴里のアメリカ人」(1951/ビンセント・ミネリ)
▽「炎の人ゴッホ」(1956/ビンセント・ミネリ)
▽「自転車泥棒」(1948/ビットリオ・デ・シーカ)

▽「ミラノの奇蹟」(1951/ビットリオ・デ・シーカ)
▽「デッド・エンド」(1937/ウィリアム・ワイラー)
▽「カメレオンマン」(1984/ウッディ・アレン)


いきなり知らない作品がリストアップされていたけれど(「バッド・ルーテナント」はハーヴェイ・カイテルがヤク中の汚れた刑事を演じる問題作らしい)、大好きな作品も多数並んでいるのでちょっぴり嬉しかったな。
[PR]
by kiyotayoki | 2013-08-05 11:51 | 備忘録

田園調布の旧駅舎と『The Little House 』(1952)

a0037414_22101267.jpg

ディズニーアニメはいろんな物を擬人化してしまうけど、
田園調布の古い駅舎を見ると、
いつも子供の頃に観たコイツを思い出す。

a0037414_22243654.jpg

『小さな家(The Little House )』という短編アニメの主人公だ。

約10年ぶりに訪れた田園調布駅は随分と様変わりしていた。
だけど、古い駅舎は残っていたので、ホッ。



[PR]
by kiyotayoki | 2013-08-02 22:25 | 閑話休題