人気ブログランキング |

映画の心理プロファイル

『アルゴ』(2012 米)

前評判も良く、
ベン・アフレックの『ゴーン・ベイビー・ゴーン』『ザ・タウン』に続く
監督作だというので、さっそく観てまいりました。

『アルゴ』(2012 米)_a0037414_138888.jpg

原題:『ARGO』(120分)
監督:ベン・アフレック
脚本:クリス・テリオ
音楽:アレクサンドル・デスプラ
出演:ベン・アフレック
    ブライアン・クランストン
    アラン・アーキン
    ジョン・グッドマン
『アルゴ』(2012 米)_a0037414_13241291.jpg
映画が始まって、いきなり、ちょっとした違和感が。
ワーナーブラザーズのロゴマークがやけに古くさいのです。
んん?

その疑問は、すぐに氷塊。
物語は、1979年末から始まる。監督は、それに合わせて当時のロゴマークを使ったんだな♪

この映画、冒頭の数分間だけで緊張感を観客に植えつけてしまいます。
それは冒頭で描かれるのが、現代史の衝撃的な断片を当時の映像も使いつつ再現したものだから。
1979年11月4日、米国の傀儡政権のようなパーレビー王制が倒れ、イラン革命が激化するなか、テヘランにある在イラン米国大使館は群衆により占拠され、52名の大使館員が人質となります。
暴徒と化した群衆の姿は、先日の中国での日本バッシング&デモを彷彿とさせ、ちょいとばかし背筋がヒヤリ。
そんな混乱のなか、大使館から6名の職員が密かに脱出。彼らはカナダ大使の私邸に身を隠します。
でも、見つかれば彼らの命はもちろん、捕らわれた人質も処刑は免れないという状況。

そうした絶望的な事態を打破するべく、CIAは人質奪還のプロ、トニー・メンデス(ベン・アフレック)を呼び
任務に当たらせることにするのだけれど・・・と、ここまでが本作のプロローグ。

メンデスが思いついたのは、架空のカナダ製映画企画をでっち上げ、6人をロケハンに来た
カナダ人スタッフに偽装させて堂々と出国させるという、あまりにも大胆なもの。これが実話だというから驚く。
フィクションであっても、プロデューサーから「もっとマシなアイデア考えてこいよ」ってダメ出しされてしまいそうだものね。
だけど、他の案はもっと非現実的だったため、上からGOが出ちゃう。

さっそくメンデスは、ハリウッドに飛び、「猿の惑星」の特殊メイクでアカデミー賞に輝いたジョン・チェンバース
(ジョン・グッドマン)や大物プロデューサーのレスター・シーゲル(アラン・アーキン)の協力を取り付け、
SF映画「アルゴ」の製作に乗り出します。
メンデスがSF映画に目をつけたのは、もちろんこの2年前に『スターウォーズ』が公開されていたことが
大きかったんだろうね。世界的大ヒット作だから、イラン人にも受け入れやすかったんだと思う。

やるからには“本物”に見せかけなきゃいけないわけで、製作会社を立ち上げたり大々的に製作発表したりと、短時間に架空の映画話をでっち上げてしまう。
そして、いよいよイランへ、サスペンスもいよいよ佳境へ。

ただ、実話ベースの物語には短所がある。
事実はねじ曲げられないので、ドラマを盛り上げるための映画的な飛躍(派手な銃撃戦やアクションなど)は御法度だということ。そして、結末がわかっているので、どうしてもサスペンスとしての興味が薄れること。

それにあえてチャレンジして、サスペンスフルな作品をつくり上げたベン・アフレックの
監督としての手腕はさすがという感じ。
ただ、俳優としてのベン・アフレックは、役柄のせいか終始クール(感情を表に出さない)な上に、
口のまわりに髭をたくわえているので、存在感という意味ではちょっと物足りなかったかな(スパイだから目立っちゃいけないのはわかってるんだけどね)。
メンデスという名前からすると、ご本人はメキシコとかそっち系の人だと思うので、
アイリッシュ系のアフレックじゃない人を主役に持ってくるという手もあったかも。

『アルゴ』(2012 米)_a0037414_13584162.jpg

だけど、脇役陣にはいいいメンツが揃ってます。
ハリウッドの大物を演じたアラン・アーキンとジョン・グッドマンのお二人はハマり役で、重いテーマのこの作品においては貴重な息抜きの時間を提供してくれておりました。


そうそう、一番上のポスターに妙な縦線が入っているのは、このお話にシュレッダーが大きく関与しているから。
暴徒に占拠される直前、大使館の職員は重要書類の大半を焼いたりシュレッターにかけたりしたのだけど、
イランの革命政府はシュレッダーにかけられた短冊状の紙を大勢の子供達を使って人海戦術で選り分けさせて、書類を元通りに復元しようとするんですね。
その中には、潜伏中の6人の顔写真もある。その顔写真が復元されたら、彼らが国外へ脱出するのは不可能に近くなる。
そんなサスペンスを盛り上げるのに、シュレッダーは大きく寄与してるんですよ♪


『アルゴ』(2012 米)_a0037414_13564882.jpg

by kiyotayoki | 2012-11-05 13:56 | 映画(あ行)