人気ブログランキング | 話題のタグを見る

映画の心理プロファイル

『魔法にかけられて』(2007 米)

『魔法にかけられて』(2007 米)_a0037414_1052034.jpg
原題:『ENCHANTED』(108分)
監督::ケヴィン・リマ
脚本:ビル・ケリー
音楽:アラン・メンケン
Na:ジュリー・アンドリュース
出演:エイミー・アダムス
    パトリック・デンプシー
    スーザン・サランドン
    ジェームズ・マースデン
    ティモシー・スポール

今までに、ありそうでなかったディズニーによるディズニー作品のセルフパロディ映画です。
パロディというと安っぽいイメージがあるけれど、ちゃんとしたエンターテイメント作品に仕上がっていて楽しめたし、あるシーンでは個人的な思い出が蘇って思わず熱いものがこみ上げてきた(^^;

オープニングが仕掛け絵本で始まるところも、個人的に高評価(^~^。

悪い女王に騙され、おとぎの国アンダレーシア(アニメーション)から現実世界(実写)に追放された心優しいプリンセス・ジゼルが現代のニューヨークで大騒動を繰り広げるお話。
『魔法にかけられて』(2007 米)_a0037414_9471592.jpg
おとぎの国の原型は『眠れる森の美女』かな?
特に、スーザン・サランドン演じる悪い女王の身なりは、まさに『眠れる~』のマレフィセントとそっくり。

笑っちゃったのは、太っちょ侍従のナサニエル。
『魔法にかけられて』(2007 米)_a0037414_18271116.jpg
この役は現実世界ならティモシー・スポールがピッタリだなと思ったら、まさにその人が出てきちゃったもんだから(@ε@⇒。

でも、それより何より役柄にピッタリだったのが、主人公のジゼルを演じたエイミー・アダムスでありましょう。
『魔法にかけられて』(2007 米)_a0037414_18381478.jpg
samurai-kyousukeさんも書いていらっしゃったけど、このエイミー演じるジゼルが思いの外キュートなのです。
今どきの美人というより、ちょっとクラシカルな、60年代っぽい美人のエイミーさん(だから『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002)』にも抜擢されたのかな。あれもその時代の映画だし)。
そんな彼女が、疑うということを知らない純粋無垢なお姫様をイヤミにならずコミカルに演じていた。
『魔法にかけられて』(2007 米)_a0037414_2141686.jpg
劇場が笑いに包まれたのがこのシーン(→)。
突然、NYの五番街に放り出されたジゼルは、ひょんなことからバツイチ子持ちの弁護士の家に居候することになっちゃうんだけど、翌朝、ジゼルったらいつの間にか花嫁衣装から普段着のドレスに着替えてる。
「えっ、旅行カバンも持ってないのに、なぜ?」
と思う間もなく、その謎解きがなされるんだけど、そこで場内爆笑となった。
さて、ここでクイズ。
ジゼルはどうやって新しい服を手に入れたんだと思います?
(画像にちょっぴりヒントが写ってますが^~^)

一度恋に落ちたら永久(とわ)の愛が約束されているおとぎ話の世界の女性ジゼルと、永久の愛など信じないし信じられない離婚専門の弁護士ロバート(この設定も上手いネ)。
しかも、ジゼルには運命の人であるエドワード王子がいるし、ロバートにも恋人がいる。
かみ合うはずのない2人。だけど、そんな2人の歯車がカチッとかみ合う瞬間がやってくる。
そのかみ合うきっかけが面白かった。
というのも、そのきっかけが、ジゼルが初めて覚えた怒りの感情だったから。

おとぎの国の世界のお姫様って、喜と哀と楽の感情はあるけど、怒の感情とは無縁みたいなんだね。そんな無縁だった感情を初めて味わったジゼルはパニックを起こしちゃう。
きっと心臓が高鳴ったに違いない。
その心臓の高鳴りが、ジゼルの恋心に火をつけたんじゃないかな。
心理実験でも確かめられているけれど、人って勘違いしやすい生き物で、興奮したための心臓の高鳴りを恋をした時のときめきと混同しちゃうことがよくあるからです。

『魔法にかけられて』(2007 米)_a0037414_954826.jpg


映画を観ていて、僕もジゼルのように心臓がバクバク高鳴ったシーンがラスト近くにあった。
それは、そのシーンが5年前の思い出と重なり合ったせいでもある(ネタバレにもなるので、どんなシーンかは書けないけど)。

おとぎ話の奇跡は、現実ではやっぱり起こり得ないんだな・・・。

たまたまだけど、今日は、その5年前の思い出の日、
亡妻と永久の別れをした日でもあります。
by kiyotayoki | 2008-03-20 14:18 | 映画(ま行)