映画の心理プロファイル

カテゴリ:TV( 56 )

『それ行けスマート』のドン・アダムズが・・・

今朝、新聞の社会面を開いたら、まず目に飛び込んできたのが「ドン・アダムス死去」を報じる死亡記事でした。
a0037414_1341033.jpg
ドン・アダムズといえば、子供の頃毎週楽しみに見ていた『それ行けスマート』のマックス・スマートではありませんか。
長らく消息を聞くこともありませんでしたが、9月25日、LAで亡くなったそうです。
享年82才(-_-)。
ということは1965年(~70)にこのドラマが始まった時はすでに42才だったんですね。
a0037414_1518289.jpg
当時は東西冷戦真っ盛りという世情からかスパイ物が大はやりで、映画では『007』シリーズを筆頭に、TVでも前年から始まった『0011 ナポレオンソロ』(1964~68)が人気を誇っていました。そこに登場したのがこのスパイコメディ。
先輩格の『ナポレオンソロ』を下敷きに、007や0011が殺しの番号なら、こっちは笑いの番号だァとばかりに、笑いとパロディをまぶして綴る30分。
ソロ(『荒野の七人』のロバート・ヴォーン)の相棒がイリヤ(『大脱走』にも出ていたデヴィッド・マッカラム)なら、こちらは美人の99号(バーバラ・フェルドン)。
ソロがペンシル型の無線機なら、こちらは靴型の無線機・・・・と、笑わせてくれました(個人的には本家よりこっちのほうが好きだったかも^^;)。
脚本には若き日のメル・ブルックスも参加していたそうですね。
声を担当していたのは、ドン・ガバチョの声でもお馴染みの故藤村有弘さんでした。
a0037414_13351431.jpg
1980年には『0086 笑いの番号』というタイトルで映画化もされています(確かテレビで見たような・・・)。
近影はかなりのお爺ちゃんぶりですが、笑顔は昔のままですね(・_;)。
ご冥福をお祈りしたいと思います。
[PR]
by kiyotayoki | 2005-09-28 15:25 | TV

TVドラマ『名探偵モンク2』最終回

a0037414_1243833.jpg

先週見逃してしまったので、今回はしっかり予約録画して『モンク2』の最終回を見ました(大好きな番組のわりに今シリーズも3回に1回は見逃してしまうという体たらくでしたけど^^;)。

妻を亡くして以来、無類の潔癖性(強迫性障害)になってしまった元刑事の中年探偵モンクが抜群の推理力で難事件を解決していくコメディタッチのサスペンスドラマです。
最終回のタイトルは『パパになりたい(Mr.MONK and the kid)』。
今回のモンクさん、もっとも苦手なはずの“幼児”とお友達になるだけでなく、何を血迷ったか養子にしてしまおうと真剣に考えてしまいます。
だって、幼児って生き物は汚すのを仕事にしてるような連中ですよ。そんな生き物と、自分の歯ブラシでさえ煮沸消毒しないと使えないようなモンクが共存できるはずはないんです。できるとしたら奇跡。
ところがその奇跡が起こっちゃうんですね。
a0037414_18381646.jpg
出会ったのは、2歳に満たないトミーが公園で切断された人間の小指を拾ったのがきっかけ。すわバラバラ殺人事件かとストットルマイヤー警部指揮するS.F警察が出動。いつも捜査に協力しているモンク&ナタリーも現場へやってきます。それが最初の出会い。
トミーは孤児ながら、一週間後には養子先にもらわれていく身。モンクは、ならばその間は自分が面倒を見ると言い出します。事件を解決するためというのが名目でしたが、実は「モンク、モンク」と慕ってくれるトミーに愛着を感じていたから。モンクだって愛妻トルーディが生きていればとっくにパパになっていていい年齢ですからね。
考えてみれば、幼児って生き物は汚すのを仕事にしているような連中ですが、生き物としてはとてもピュアな連中。ピュアであることに執着するモンクにしてみれば愛着を感じて当然なのかもしれません。しかも、トミーはモンク同様きれい好きだということが判明。人は自分に似た相手に愛着を感じますから、モンクさん、余計にトミーが気に入っちゃった。
だから、精神科医のクローガー先生にたしなめられてもモンクはムキになってこう言います。
「トミーは誰にも渡さない。私が一生面倒をみる!」
でも沈着冷静なもう一人のモンクにはわかってるんです。それは無理な相談であることを・・・。そして、いつか別れがくることも・・・。

もちろん、モンクさん、トミーにかまけてばかりいるわけではありません。
切断された小指にあったタコの位置から、小指の持ち主はバイオリニストであると推理。見事、その推理が当たり、被害者の身元が判明します。
その結果、事件は「バラバラ殺人」ではなく「誘拐」であったことがわかり(小指は誘拐犯が被害者家族を脅すために切断したものだったのです)、モンクは家族の代わりに身代金を届ける役を引き受けます。

こんな風に、最終回はモンクと幼児のふれあいと事件が同時進行していく作りになっていて、推理モノとして見るとややご都合主義的になってはいるものの、モンクファンにとっては益々モンクの人柄にホレこんじゃう一編に仕上がっています。
でもこれで新シリーズが始まるまで、モンクさんとはしばしのお別れ。
淋しいなぁ(ちゃんと新シリーズもやってくれますよね、NHKさん)。
[PR]
by kiyotayoki | 2005-09-08 13:06 | TV

TVドラマ『名探偵ポアロ』(2003、2004 英)

a0037414_1327429.jpg

今、毎週楽しみにして見ている海外ドラマは『名探偵モンク』ですが、それ以前に夢中になっていたシリーズといえば、この『名探偵ポアロ』でした。
先週、4晩に渡って新作のスペシャル版が公開されたのでたっぷり堪能させてもらいました。
a0037414_19252222.jpg
1988年から始まったシリーズですが、デヴィッド・スーシェ扮するエルキュール・ポアロがとにかく最高。声を担当している熊倉一雄さんがまた熟練の味でポアロを身近に感じさせてくれています(ヒッチコックの声や「ひょっこりひょうたん島」のトラヒゲでもお馴染みの熊倉さん、もう78歳になられるんですね)。
今回、ON AIRされたのは、
『ナイルに死す DEATH ON THE NILE』(2004)
『杉の柩 SADCYPRESS 』(2003)
『五匹の子豚 FIVE LITTLE PIGS』(2003)
『ホロー荘の殺人』(2004)
の4本。
a0037414_21165910.jpg
a0037414_21172676.jpg
残念ながら、シリーズのレギュラーだったヘイスティング大尉もジャップ警部も、そして秘書のミス・レモンも登場しませんが、重厚なつくりは昔のまま(演出面では今風に、かなり凝ったつくりになっています)。
a0037414_21215840.jpg
1930年代の雰囲気を醸し出すアールデコ調の建築デザインや什器・装飾品はもちろん、小道具に至るまで相変わらず配慮が行き届いており、ポアロの世界にとっぷりと浸り込むことができるのが嬉しいですね、このシリーズは。
[PR]
by kiyotayoki | 2005-08-28 20:25 | TV

『モンク2』その2

録画しておいた『モンク2』(NHK・BS火曜日10:00PMより)を見てみたら、
どこかで見たような俳優さんがゲストで出ていてピックリ!
この顔は、ひょっとしてマセザー?
a0037414_18472990.jpg
ドラマの主人公モンクを演じるトニー・シャルーブは、映画『ギャラクシー・クエスト』(1999)で技術主任チェンを演じた人として、ごく一部では知られています(^^;。

a0037414_18564175.jpg
この映画にはサーミアンという宇宙人が登場するんですが、そのリーダーを務めるのがマセザー(写真右端)。演じているのはエンリコ・コラントーニという役者さん。マセザー役以外では見たことがありませんけど。
その役者さんが『モンク2』にゲスト出演していたんです。
「それがどうした」って?
嬉しいじゃありませんか、気心の知れた2人の再共演ですよッ。
「ふ~ん、それで?」
うっく・・・、調べてみたら、シャルーブとコントラーニは2人ともイエール大学演劇科出身だといいますから、下積み時代からの友人だったのかも。
「ああ、売れっ子になったシャルーブが自分の権限で売れない友人にお情けで仕事を回してやったってことか」
いやいや、そういうことじゃなくってぇ(と、涙目)。
「わかったわかった、で、何が言いたいの。早く結論を言って」
いえ・・・、ただそれだけ言えたら後はもう何も・・・。
「ちっ、これだからオタクなファンにはつき合いきれねぇっての!」
a0037414_1937341.jpg

ちなみに、映画で共演したシガニー・ウィーバーもイエール大学演劇科出身だそうです。
[PR]
by kiyotayoki | 2005-06-30 18:41 | TV

『名探偵モンク2』(2003 米)

a0037414_1128917.jpg
原題:『MONK2』
監督:ディーン・パリソット他
脚本:アンディ・ブレックマン他
出演:トニー・シャルーブ
    ビティ・シュラム
    テッド・レビン
    ジェイソン・グレイ・スタンフォード
    スタンリー・カメル

最近の連続TVドラマでは最もよく見ているのがこの『名探偵モンク2』です。
今、BSでやってるのは2シーズン目(あちらでは今秋4シーズン目に入るらしい。ってことは人気シリーズなんでしょうね)。
お話の主人公エイドリアン・モンクは、サンフランシスコ市警の元刑事。数年前に妻を殺害され、その事件が迷宮入りになって以来、心を病んでしまい(元々、かなり神経質な男だったみたいだけど)強迫観念にとらわれるようになってしまった男。
きれいになったとわかっているのに手が痛くなるくらい何度も石けんで洗ったり、何度も何度も戸締まりを確認してしまう。とにかく細かいことが気になって正常な生活が営めない・・・。以前は強迫神経症と呼ばれていましたが、今は「強迫性障害」と診断されるみたいですね。
映画でこの「強迫性障害」男を見事に演じた人といえば、『恋愛小説家』(1997)のジャック・ニコルソンがいますね。
そんなわけで現在、モンクは休職中。
でも犯罪事件の解決能力は超一流なため、犯罪コンサルタントとして元上司のリーランド警部から依頼を受けては助手兼看護師のシャローナと共に犯行現場に駆けつけるという日々を送っています。
a0037414_1803757.jpg
a0037414_17371567.jpg
変人ではあるけれど愛すべき男でもあるエイドリアン・モンクをコミカルに演じているのがトニー・シャルーブ。レバノン系のアメリカ人で、『メン・イン・ブラック』ではトミー・リー・ジョーンズに頭を吹き飛ばされる雑貨屋のエイリアンを演じていましたね。その他、『普通じゃない』や『ギャラクシー・クエスト』、『ポーリー』など脇役で重宝されてきた人。その苦労の甲斐あって、この作品で一気にブレイクした感じです(なんて思ってるのは、この番組のファンだけ?)。
a0037414_1811330.jpg
a0037414_1814295.jpg
2シーズン目ということもあり、共演陣との息もピッタリ。
モンクは強迫観念に苛まれつつも、誰も気づかない些細な事実に目をつけ、緻密に論理を組み立てて犯人像を探し当てていきます。探偵モノですから、その名推理ぶりも見どころの一つじゃあるんですが、このドラマの魅力はなんといってもモンクの愛すべき変人ぶりですね、やっぱり。
[PR]
by kiyotayoki | 2005-06-23 18:13 | TV

『同調行為(シンクロニー)』

滅多に見られない見事な『同調行為(シンクロニー)』のシーンがあるので
ご紹介しましょう。
a0037414_1311454.jpg

画質が悪いのが難点ですが、
これは2001年6月、雨の中で行われたワールドカップの前哨戦、コンフェデ
レーションズ・カップの日本代表vsオーストラリア代表の試合でのひとコマ。
試合は後半26分が過ぎて、1対0で日本がリードしていたものの、
FWの鈴木がレッドカードで退場したためオーストラリアの攻勢にあって
危機の連続。観衆もTVの前のファンも固唾を呑んで見守っていたところで、
たまたまベンチが画面にインサートされたのです。それが上の写真。
ね、トルシエ監督と通訳のダバティさんの仕草が同調している(同時に右手
で右耳を触れている)でしょう。
その直後、2人はまるで打ち合わせでもしていたかのように、今度は同時に
アゴに手を持ってきたのです(下の写真)。
a0037414_13153496.jpg

これ、たまたま録画していたので採集できたんですが、見つけた時はビックリ
するやら小躍りするやら。
『同調行為』は本人たちも知らずにやってしまうことですから、それがサッカー
の試合中に映されることはもちろん、録画するのも至難の業。

「偶然じゃないの?」って思う人もいるでしょうね。
ひょっとしたら、そうかもしれません。でも、2人の関係を知ると、『同調行為』
の可能性がグンと高まるのです。
通訳のダバティさんは、監督の考えや思いを忠実に選手達に伝える重要な
役割を果たしていました。そのためには監督と恋人以上に一心同体になる
必要があったでしょうし、実際、そうなっていたと思われます(本人も後に
インタビューでそのようなことを述懐していました)。
いつも監督と同じことを考え、同じ思いを心に抱く日々がどれだけ続いたで
しょう。
だからこそ、まるでシンクロナイズド・スイミングの演技でもするかのように
仕草が同調してしまったと思われるのです。

画面が乱れているのは、嬉しくなって、いろんな人に見せまくったせい。
もし、サッカーファンでこの試合の録画テープを持ってる方がいらっしゃったら
是非、後半26分過ぎの映像を見てその目で確かめてみてください。
(録画状態のいいテープがあったら、譲ってもらいたいなあ)
[PR]
by kiyotayoki | 2005-01-14 16:15 | TV